音楽 60年代 Warwick, Dionne

2020年7月26日 (日)

Warwick, Dionne (ディオンヌ・ワーウィック) 2/2(1969-1987)

Img_0291 Img_0292  「Burt Bacharach Song Book」なる4曲入りEP(昨日の5379538153835387を収録)が家にあったので、ジャケットを載せとく。裏にバカラックとの出会いのことが書いてあった。60Driftersのレコーディングの時にバックコーラスの都合が悪くなり、急遽呼ばれたのがDionne、妹のDee DeeJudy Clayだった(Cissy HoustonDoris Troyの名前が出ている文献もあり)。そこに偶然居合わせたのがバカラックとデイヴィッドで、レッスンを重ね、セプターレコードのオーディションを受け、2年後にデビューにこぎつけたんだそうだ。

5390までは昨日も紹介したRhinoの「The Essential」に、5391以降は「The Definitive Collection」(グレイテスト・ヒッツ1962-1987)に収録。ただし、5394だけはどちらにも入っておらず、「Misty The Best Of Johnny Mathis」より。

 

05384 This Girl’s In Love With You (ディス・ガール/ジス・ガール) 69年7位

 Herb AlpertNo.1になった「This Guys In Love With You」の女性版。何で、こんなに名曲ばかり書けるのだろう。

 

05385 The April Fools (幸せはパリで/エイプリル・フールズ) 69年37位

 ジャック・レモン、カトリーヌ・ドヌーブ主演の同名映画(未見)の主題歌。もう少しヒットしても良かったのでは?

 

05386 You’ve Lost That Lovin’Feeling (ふられた気持ち) 69年16位

 Righteous BrothersNo.1ヒットのカヴァー。これはバカラックではなくて、フィル・スペクターマン&ワイル。オリジナルのソウルフルさがなくなって、面白くないなあ。Dionneは黒人でも全くR&Bの人ではないから、何故カヴァーしたのか?

 

05387 I’ll Never Fall In Love Again (恋よ、さようなら/恋よ、さよなら) 70年6位

 昨日紹介したブロードウェイ・ミュージカル「Promises,Promises」より超名曲。ディオンヌ×バカラックでは一番好きかな。♪もう2度と恋になんか落ちないわ、明日までは♪ 歌詞もいいねえ。Dionneはこんな風に軽快に歌っているのが一番。

英国ではTom Jones盤が2位、Bobby Gentry盤がNo.1になっている。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1

https://www.youtube.com/watch?v=FzQBOBoPg04

 

05388 Let Me Go To Him (恋に生きて/レット・ミー・ゴー・トゥー・ヒム) 70年32位

 Dionneにしてはソウルフルに熱唱の三拍子。

 

05389 Make It Easy On Yourself (涙でさようなら) 70年37位

 Jerry Butlerがオリジナルで、Walker Brothersで有名な曲だが、Dionne1stにも入っていた曲。なぜかライヴ録音をシングルカット。

ここまでは、5386を除いてバカラック&デイヴィッドの曲。セプターレコードを離れ、ワーナーに移った経緯は知らないが、低迷期に入ってしまう(5390もアトランティックだから、ワーナーでのヒット曲はゼロ)。

 

05390 Then Came You (愛のめぐり逢い) 74年1位

 久々のヒット、しかも初のNo.1ヒットはSpinnersとの共演。歌としてはDionneが主役だけど、曲としては当時絶好調のSpinnersの曲。後半のDionneの歌い方がかなりクセになる。ところで、ソロでのNo.1がないのに、人と組んでのNo.1が複数あるのはDionneJennifer Warnesだけらしい。

クレジットはDionne Warwicke And Spinners(最後にeがつく)。ゴールドディスク。

https://www.youtube.com/watch?v=L_PzcgyqMwE

 

05391 I’ll Never Love This Way Again (涙の別れ道) 79年5位

 アリスタに移って再び全盛期を迎えた彼女の最初のヒット。復活させたのは、プロデューサーBarry Manilow。どう聴いても彼の曲だよね(とは言っても、作曲をしているわけではないのも、いつも通り)。エンターテイナーDionne Warwickって感じ。

グラミー賞で最優秀ポップ女性ボーカル賞を受賞。ゴールドディスク。

 

05392 Deja Vu (恋にめぐり逢い) 79年15位

 これもBarry Manilowがプロデュース、バックボーカルにも参加している。こちらは、グラミー賞で最優秀R&B女性ボーカル賞を受賞。新しい彼女の路線が確立された感じ。曲はIsaac Hayes(共作)じゃないか。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1

 

05393 No Night So Long (愛の面影) 80年23位

 バカラックの大傑作The Look Of Loveが「恋の面影」だから、まぎらわしい邦題だなあ。地味だけど、安定路線。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1

 

05394 Friends In Love (フレンズ・イン・ラヴ) 82年38位

 黒人でソウルでない人というと最初に思いつく人が、女性ではDionne、男性ではJohnny Mathisだが、その2人のデュエット。それでも、まだDionneの方がソウルを感じるが。この曲は大物同士なのに何故か不発。クレジットはDionne Warwick And Johnny Mathis

 Johnny Mathisの項で紹介済みでした。

 

05394 Heartbreaker (ハートブレイカー) 82年10位

 一聴してBee Gees。ホント一時は食傷気味だったが、今改めて聴くとよくできてるし、Dionneもうまい。Barry Gibbがプロデューサーで、バックボーカル。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1

 

05395 How Many Times Can We Say Goodbye (さよならは一度だけ) 83年27位

 この頃はいろんな人と演っているんだな。これはあまりピンとこないが。クレジットはDionne Warwick And Luther Vandross

 

05396 That’s What Friends Are For (愛のハーモニー) 85年1位

 2曲めのNo.1は、AIDS研究のためのチャリティソング。バカラックと当時の妻キャロル・ベイヤー・セイガー82年に映画『ラブINニューヨーク』のために書いた曲だから、Dionneにとって久方ぶりのバカラックということになる。最初吹き込んだのはRod Stewart

こちらはDionneStevie Wonderのデュエットとして企画されたが、DionneGladys Knightを、アリスタの社長クライヴ・デイヴィスがElton Johnを推薦して、この4人になったとのこと(「ビルボード・ナンバー1・ヒットⅢ」より)。誰に軍配が上がったのかは知らないが、いきなりのハーモニカと存在感でStevieでしょうか? クレジットはDionne & Friends: Elton John, Gladys Knight and Stevie Wonder

グラミー賞でソング・オブ・ジ・イヤー、最優秀ポップボーカルグループ賞を受賞。R&Bチャート、アダルトコンテンポラリーチャートNo.1、ゴールドディスク。

 

05397 Love Power (ラヴ・パワー) 87年12位

 最後のTop40ヒット。これもバカラック&セイガーなんだ。Dionneが結構ハスキーに歌ってて、Jeffrey Osborneの声も特徴があるから面白い。なかなか淡々としてていいですね。クレジットはDionne Warwick & Jeffrey Osborne。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1

2020年7月25日 (土)

Warwick, Dionne (ディオンヌ・ワーウィック) 1/2(1963-1968)

 Dionne Warwickは昔から好き。というか、バカラックが好きなんだが。ディオンヌがボサノバは誰が作ったかと聞かれて、バカラックに決まってるじゃないのと答えたという話を中村とうようが書いていて、それにはちょっとがっかりしたけれど。

 1940年ニュージャージー州生まれ。Cissy Houstonの姪でWhitney Houstonの従姉妹。

 Dionneのベストは色々出ているが、今日紹介する68年までの曲は全てRhinoの「The Essential」に収録。しかも、5380以外は全てバート・バカラック&ハル・デイヴィッドの曲だ。明日69年以降。

 

05368 Don’t Make Me Over (ドント・メイク・ミー・オーヴァー) 63年21位

 記念すべきデビュー曲。最初はB面だったらしいが、この曲がヒットして、バカラック×ディオンヌの一連の名曲が聴けることになったかと思うと、素晴らしい。Sybilのところで大した曲じゃないなんて書いたけれど、もちろんいい曲ではある。思った以上に熱唱してるね。

 

05369 Anyone Who Had A heart (恋するハート) 64年8位

 5368の次の2枚のシングルはHot100止まりで、4枚目のこの曲がベスト10に。バカラックらしい変拍子の連発。英国ではCilla Black盤がNo.1になり、Dionne盤は不発。というか、UKでは何故かDionneはあまりヒットしていないんだよね。

 

05370 Walk On By (ウォーク・オン・バイ) 64年6位

 何と言っても初期の代表作はこれだね。やたらカヴァーされている名曲。Isaac Hayes盤がTop40入り。後はAWBとかStranglersとか。ピアノもトランペットもストリングスのアレンジもいいなあ。ローリングストーン誌のベスト500で何と70位の高位。R&BチャートNo.1

https://www.youtube.com/watch?v=AO073fekFfA

 

05371 You’ll Never Get To Heaven (If You Break My Heart) (ユール・ネヴァー・ゲット・トゥ・ヘヴン) 64年34位

 Stylisticsがカヴァーしてて、それでThom Bellってバカラックから来てるんだと気づいたのは、そっちに書いた通り。

 

05372 Reach Out For Me (リーチ・アウト・フォー・ミー) 64年20位

 前年のLou Johnsonがオリジナル。バカラックにハズレなしだなあ。サビが好き。5370に続いてこの曲もR&BチャートNo.1となっているのだが、64年はR&Bチャートはなかったはず。

 

05373 Are You There (With Another Girl) (アー・ユー・ゼア) 66年39位

 しかし、Dionneはこれだけ難しい歌を次々にうまく歌いこなすよなあ。

 

05374 Message To Michael (マイケルへのメッセージ) 66年8位

 最初にレコーディングしたJerry Butlerのバージョンは「Message To Martha」。名前を女性から男性に変えたわけね。バカラックとハル・デイヴィッドはDionneが歌うのに反対したが、どうしても歌いたかったらしい。

 

05375 Trains And Boats And Planes (汽車と船と飛行機/電車とボートと飛行機) 66年22位

 Bacharach本人盤(最高位4位)とBilly J. Kramer盤が先に英国でヒットしている。変なタイトルだなと思って、歌詞を見たら、汽車と船と飛行機が君を連れて行ってしまったという歌なのね。微妙に違う2つの邦題がおかしい。

 

05376 I Just Don’t Know What To Do With Myself (恋のとまどい/心は乱れて) 66年26位

 私の大好きなDusty Springfield盤が英国で3位まで行っている。割と熱唱。

 

05377 Alfie (アルフィー) 67年15位

 オリジナルはCilla Blackの同名映画の主題歌で、英国で9位のヒット。米国ではCherが起用されたが(32位)、Dionne盤の方がヒットした(しかもB面)。更に熱唱している。

 

05378 The Windows Of The World (世界の窓に光を/世界の窓と窓) 67年32位

 バカラック&デイヴィッドにしては珍しいプロテストソングで、ベトナム戦争がテーマ。アジアっぽいというので、琴を使っているのか。

 

05379 I Say A Little Prayer (小さな願い/あなたに祈りをこめて) 67年4位

 名曲。イントロから最高。シャウトするArethaのカヴァーが有名だけれど、軽快なDionne盤もいいね。この曲もカヴァーが多く、Diana King盤がTop40入りしている。

https://www.youtube.com/watch?v=DVnjF5cfm4U

 

05380 (Theme From) Valley Of The Dolls (哀愁の花びら/哀愁の花びらたちのテーマ) 68年2位

 今日紹介する曲では唯一バカラックではなく、アンドレ・プレヴィンの曲。というのは、同名映画のテーマ曲で、元々5379B面だったのが、映画が当たって(?)24週の大ヒットに(Cashboxでは1位)。映画は未見だが、ベストセラーが原作で、あのシャロン・テートやパティ・デュークが出演している。ゴールドディスク。

 

05381 Do You Know The Way To San Jose (サン・ホセへの道/サン・ホゼへの道/サン・ジョゼへの道) 68年10位

 女声コーラスが印象的、軽快なタッチの名曲。色々な邦題を見つけたけれど、正しいのはサン・ホゼだよね。グラミー賞で最優秀ポップ女性ボーカルを受賞。

 

05382 Who Is Gonna Love Me? (誰が私を/フー・イズ・ゴナ・ラヴ・ミー) 68年33位

 バカラックらしい凝った曲だねえ。凝っても、わかりやすいメロディがバカラックの売りだが、これは凝りすぎかな。

 

05383 Promises, Promises (プロミセス・プロミセス/プロミス・プロミス/プロミッシィーズ・プロミッシィーズ) 68年19位

 オリジナルは、バカラックが手がけたブロードウェイミュージカルの主題歌。また、バカラックの変拍子連発。

その他のカテゴリー

音楽 音楽 00年代 A 音楽 00年代 B 音楽 00年代 Black Eyed Peas, The 音楽 00年代 C 音楽 00年代 D 音楽 00年代 E 音楽 00年代 F 音楽 00年代 G 音楽 00年代 H 音楽 00年代 I 音楽 00年代 J 音楽 00年代 K 音楽 00年代 L 音楽 00年代 M 音楽 00年代 N 音楽 00年代 Nickelback 音楽 00年代 O 音楽 00年代 P 音楽 00年代 Q 音楽 00年代 S 音楽 00年代 T 音楽 00年代 W 音楽 00年代 Y 音楽 50年代 A 音楽 50年代 B 音楽 50年代 Baker, LaVern 音楽 50年代 Belafonte, Harry 音楽 50年代 Benton, Brook 音楽 50年代 Berry, Chuck 音楽 50年代 C 音楽 50年代 Chordettes, The 音楽 50年代 Coasters, The 音楽 50年代 D 音楽 50年代 Darin, Bobby 音楽 50年代 Drifters, The 音楽 50年代 E 音楽 50年代 Everly Brothers, The 音楽 50年代 F 音楽 50年代 Fleetwoods, The 音楽 50年代 Francis, Connie 音楽 50年代 G 音楽 50年代 Goodman, Dickie 音楽 50年代 H 音楽 50年代 Holly, Buddy / The Crickets 音楽 50年代 I 音楽 50年代 Impressions, The 音楽 50年代 J 音楽 50年代 K 音楽 50年代 L 音楽 50年代 Lewis, Jerry Lee 音楽 50年代 Little Anthony And The Imperials 音楽 50年代 Little Richard 音楽 50年代 M 音楽 50年代 Mathis, Johnny 音楽 50年代 McGuire Sisters, The 音楽 50年代 N 音楽 50年代 O 音楽 50年代 P 音楽 50年代 Platters 音楽 50年代 Q 音楽 50年代 R 音楽 50年代 Rodgers, Jimmie 音楽 50年代 S 音楽 50年代 T 音楽 50年代 V 音楽 50年代 Vaughn, Billy 音楽 50年代 W 音楽 50年代 Washington, Dinah 音楽 50年代 Y 音楽 50年代 Z 音楽 60年代 1910 Fruitgum Co. 音楽 60年代 5th Dimension, The 音楽 60年代 A 音楽 60年代 Animals, The 音楽 60年代 Association, The 音楽 60年代 B 音楽 60年代 Beach Boys, The 音楽 60年代 Beatles, The 音楽 60年代 Blood, Sweat And Tears 音楽 60年代 Booker T. And The MG's 音楽 60年代 Box Tops, The 音楽 60年代 Buckinghams, The 音楽 60年代 Burke, Solomon 音楽 60年代 Butler, Jerry 音楽 60年代 Byrds, The 音楽 60年代 C 音楽 60年代 Clark, Petula 音楽 60年代 Classics IV 音楽 60年代 Creedence Clearwater Revival 音楽 60年代 Crosby, Stills, Nash And Young 音楽 60年代 Crystals, The 音楽 60年代 D 音楽 60年代 Delfonics, The 音楽 60年代 Donovan 音楽 60年代 Doors, The 音楽 60年代 E 音楽 60年代 F 音楽 60年代 Ferrante And Teicher 音楽 60年代 Four Tops 音楽 60年代 G 音楽 60年代 Gerry And The Pacemakers 音楽 60年代 Goldsboro, Bobby 音楽 60年代 Gore, Lesley 音楽 60年代 Grass Roots, The 音楽 60年代 Guess Who, The 音楽 60年代 H 音楽 60年代 Hayes, Isaac 音楽 60年代 Herman’s Hermits 音楽 60年代 Hollies, The 音楽 60年代 Humperdinck, Engelbert 音楽 60年代 Hyland, Brian 音楽 60年代 I 音楽 60年代 Isley Brothers, The 音楽 60年代 J 音楽 60年代 Jackson 5, The 音楽 60年代 James, Etta 音楽 60年代 James, Tommy, And The Shondells 音楽 60年代 Jan And Dean 音楽 60年代 Jay And The Americans 音楽 60年代 Jefferson Airplane / Jefferson Starship / Starship  音楽 60年代 Jones, Jack 音楽 60年代 K 音楽 60年代 King, Ben E. 音楽 60年代 King, Carole 音楽 60年代 Kinks, The 音楽 60年代 Knight, Gladys, & The Pips 音楽 60年代 L 音楽 60年代 Lance, Major 音楽 60年代 Led Zeppelin 音楽 60年代 Lennon, John 音楽 60年代 Lettermen, The 音楽 60年代 Lewis, Gary, And The Playboys 音楽 60年代 Lovin' Spoonful, The 音楽 60年代 M 音楽 60年代 Mamas & The Papas, The 音楽 60年代 Mancini, Henry 音楽 60年代 Martha & The Vandellas 音楽 60年代 Martino, Al 音楽 60年代 Marvelettes, The 音楽 60年代 Miracles, The 音楽 60年代 Monkees, The 音楽 60年代 Moody Blues, The 音楽 60年代 N 音楽 60年代 Nilsson 音楽 60年代 O 音楽 60年代 P 音楽 60年代 Peter And Gordon 音楽 60年代 Peter, Paul & Mary 音楽 60年代 Pickett, Wilson 音楽 60年代 Pitney, Gene 音楽 60年代 Puckett, Gary, And The Union Gap 音楽 60年代 Q 音楽 60年代 R 音楽 60年代 Rascals, The 音楽 60年代 Rawls, Lou 音楽 60年代 Redding, Otis 音楽 60年代 Revere, Paul, And The Raiders 音楽 60年代 Rich, Charlie 音楽 60年代 Ronettes, The 音楽 60年代 Ronstadt, Linda 音楽 60年代 S 音楽 60年代 Sam The Sham And The Pharaohs 音楽 60年代 Shangri-Las, The 音楽 60年代 Shannon, Del 音楽 60年代 Simon & Garfunkel 音楽 60年代 Sinatra, Nancy 音楽 60年代 Sledge, Percy 音楽 60年代 Sly & The Family Stone 音楽 60年代 Spanky And Our Gang 音楽 60年代 Spinners 音楽 60年代 Springfield, Dusty 音楽 60年代 Supremes, The 音楽 60年代 T 音楽 60年代 Taylor, Johnnie 音楽 60年代 Tex, Joe 音楽 60年代 Thomas, B. J. 音楽 60年代 Three Dog Night 音楽 60年代 Turner, Ike And Tina 音楽 60年代 Turtles, The 音楽 60年代 U 音楽 60年代 V 音楽 60年代 Valli, Frankie 音楽 60年代 Ventures, The 音楽 60年代 Vogues, The 音楽 60年代 W 音楽 60年代 Walker, Jr., & The All Stars 音楽 60年代 Warwick, Dionne 音楽 60年代 Y 音楽 60年代 Z 音楽 70年代 A 音楽 70年代 Abba 音楽 70年代 Aerosmith 音楽 70年代 America 音楽 70年代 Atlanta Rhythm Section 音楽 70年代 Average White Band, The 音楽 70年代 B 音楽 70年代 Bachman-Turner Overdrive 音楽 70年代 Bay City Rollers 音楽 70年代 Benson, George 音楽 70年代 Blondie 音楽 70年代 Boston 音楽 70年代 Bowie, David 音楽 70年代 Bread 音楽 70年代 C 音楽 70年代 Captain And Tennille 音楽 70年代 Carpenters 音楽 70年代 Cheap Trick 音楽 70年代 Chi-Lites, The 音楽 70年代 Chic 音楽 70年代 Chicago 音楽 70年代 Cole, Natalie 音楽 70年代 Commodores 音楽 70年代 Coolidge, Rita 音楽 70年代 Cooper, Alice 音楽 70年代 Croce, Jim 音楽 70年代 D 音楽 70年代 Daniels, Charlie, Band 音楽 70年代 Denver, John 音楽 70年代 Dr. Hook 音楽 70年代 E 音楽 70年代 Eagles 音楽 70年代 Earth, Wind & Fire 音楽 70年代 Electric Light Orchestra 音楽 70年代 England Dan And John Ford Coley 音楽 70年代 F 音楽 70年代 Flack, Roberta 音楽 70年代 Fleetwood Mac 音楽 70年代 Fogelberg, Dan 音楽 70年代 Foreigner 音楽 70年代 Frampton, Peter 音楽 70年代 G 音楽 70年代 Garfunkel, Art 音楽 70年代 Geils, J., Band 音楽 70年代 Grand Funk Railroad 音楽 70年代 Green, Al 音楽 70年代 H 音楽 70年代 Hall, Daryl, And John Oates 音楽 70年代 Heart 音楽 70年代 Hot Chocolate 音楽 70年代 I 音楽 70年代 J 音楽 70年代 Jackson, Michael 音楽 70年代 James, Rick 音楽 70年代 K 音楽 70年代 KC And The Sunshine Band 音楽 70年代 Khan, Chaka / Rufus 音楽 70年代 Kiss 音楽 70年代 Kool & The Gang 音楽 70年代 L 音楽 70年代 Lightfoot, Gordon 音楽 70年代 Little River Band 音楽 70年代 Loggins, Kenny 音楽 70年代 M 音楽 70年代 Manchester, Melissa 音楽 70年代 McLean, Don 音楽 70年代 Midler, Bette 音楽 70年代 Miller, Steve, Band 音楽 70年代 Money, Eddie 音楽 70年代 Murray, Anne 音楽 70年代 N 音楽 70年代 Newton-John, Olivia 音楽 70年代 O 音楽 70年代 Ocean, Billy 音楽 70年代 Ohio Players 音楽 70年代 Orlando, Tony, & Dawn 音楽 70年代 Osmonds, The 音楽 70年代 P 音楽 70年代 Parker, Ray, Jr./Raydio 音楽 70年代 Parsons, Alan, Project 音楽 70年代 Partridge Family, The 音楽 70年代 Pointer Sisters 音楽 70年代 Police, The 音楽 70年代 Preston, Billy 音楽 70年代 Prince 音楽 70年代 Q 音楽 70年代 Queen 音楽 70年代 R 音楽 70年代 Rare Earth 音楽 70年代 Reddy, Helen 音楽 70年代 S 音楽 70年代 Sayer, Leo 音楽 70年代 Scaggs, Boz 音楽 70年代 Seals & Crofts 音楽 70年代 Simon, Carly 音楽 70年代 Simon, Paul 音楽 70年代 Springfield, Rick 音楽 70年代 Staple Singers, The 音楽 70年代 Starr, Ringo 音楽 70年代 Steely Dan 音楽 70年代 Stevens, Cat 音楽 70年代 Stylistics, The 音楽 70年代 Sweet 音楽 70年代 T 音楽 70年代 Taylor, James 音楽 70年代 Toto 音楽 70年代 U 音楽 70年代 V 音楽 70年代 Van Halen 音楽 70年代 W 音楽 70年代 War 音楽 70年代 White, Barry 音楽 70年代 Y 音楽 70年代 Z 音楽 70年代 ZZ Top 音楽 80年代 A 音楽 80年代 ABC 音楽 80年代 Abdul, Paula 音楽 80年代 Adams, Bryan 音楽 80年代 Air Supply 音楽 80年代 B 音楽 80年代 B-52’s, The 音楽 80年代 Bangles 音楽 80年代 Benatar, Pat 音楽 80年代 Bon Jovi 音楽 80年代 Branigan, Laura 音楽 80年代 C 音楽 80年代 Cross, Christopher 音楽 80年代 D 音楽 80年代 D.J. Jazzy Jeff & The Fresh Prince 音楽 80年代 Dayne, Taylor 音楽 80年代 DeBarge 音楽 80年代 Duran Duran 音楽 80年代 E 音楽 80年代 Eurythmics 音楽 80年代 F 音楽 80年代 Fixx, The 音楽 80年代 G 音楽 80年代 Gibson, Debbie 音楽 80年代 Guns N' Roses 音楽 80年代 H 音楽 80年代 Hart, Corey 音楽 80年代 Henley, Don 音楽 80年代 Hornsby, Bruce, And The Range 音楽 80年代 Human League, The 音楽 80年代 Idol, Billy 音楽 80年代 Inxs 音楽 80年代 J 音楽 80年代 Jackson, Janet 音楽 80年代 Jett, Joan, & The Blackhearts 音楽 80年代 Jones, Howard 音楽 80年代 K 音楽 80年代 L 音楽 80年代 Lauper, Cyndi 音楽 80年代 Lewis, Huey, And The News 音楽 80年代 Lisa Lisa And Cult Jam 音楽 80年代 Loverboy 音楽 80年代 M 音楽 80年代 Madonna 音楽 80年代 Marx, Richard 音楽 80年代 N 音楽 80年代 New Edition 音楽 80年代 Newton, Juice 音楽 80年代 Night Ranger 音楽 80年代 O 音楽 80年代 Osborne, Jeffrey 音楽 80年代 Outfield, The 音楽 80年代 P 音楽 80年代 Pet Shop Boys 音楽 80年代 Poison 音楽 80年代 Pretenders, The 音楽 80年代 Q 音楽 80年代 R 音楽 80年代 Richie, Lionel 音楽 80年代 Roxette 音楽 80年代 S 音楽 80年代 Sade 音楽 80年代 Simply Red 音楽 80年代 Sting 音楽 80年代 Survivor 音楽 80年代 T 音楽 80年代 Tears For Fears 音楽 80年代 Turner, Tina 音楽 80年代 U 音楽 80年代 U2 音楽 80年代 V 音楽 80年代 W 音楽 80年代 Warrant 音楽 80年代 Watley, Jody 音楽 80年代 Y 音楽 80年代 Z 音楽 90年代 A 音楽 90年代 Ace Of Base 音楽 90年代 After 7 音楽 90年代 B 音楽 90年代 Backstreet Boys 音楽 90年代 Bell Biv DeVoe 音楽 90年代 Blackstreet 音楽 90年代 Blige, Mary J. 音楽 90年代 Brandy 音楽 90年代 C 音楽 90年代 Carey, Mariah 音楽 90年代 Coolio 音楽 90年代 Crow, Sheryl 音楽 90年代 D 音楽 90年代 Destiny's Child 音楽 90年代 Dixie Chicks 音楽 90年代 Dr. Dre 音楽 90年代 Dru Hill 音楽 90年代 E 音楽 90年代 En Vogue 音楽 90年代 F 音楽 90年代 G 音楽 90年代 Gin Blossoms 音楽 90年代 Goo Goo Dolls 音楽 90年代 Green Day 音楽 90年代 H 音楽 90年代 Hootie And The Blowfish 音楽 90年代 I 音楽 90年代 J 音楽 90年代 Jagged Edge 音楽 90年代 Jodeci 音楽 90年代 K 音楽 90年代 Kravitz, Lenny 音楽 90年代 L 音楽 90年代 Lonestar 音楽 90年代 M 音楽 90年代 Matchbox Twenty 音楽 90年代 N 音楽 90年代 O 音楽 90年代 P 音楽 90年代 Q 音楽 90年代 R 音楽 90年代 S 音楽 90年代 Savage Garden 音楽 90年代 Smashing Pumpkins, The 音楽 90年代 Smith, Will 音楽 90年代 Spears, Britney 音楽 90年代 Spice Girls 音楽 90年代 Sugar Ray 音楽 90年代 SWV 音楽 90年代 T 音楽 90年代 TLC 音楽 90年代 Tony! Toni! Tone! 音楽 90年代 U 音楽 90年代 V 音楽 90年代 W 音楽 90年代 Wilson Phillips 音楽 90年代 Y

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック