音楽 70年代 Jackson, Michael

2009年12月31日 (木)

Jackson, Michael (マイケル・ジャクソン) 2/2(1987-2001)

 今までどんなにヒット曲の多いアーティストも1日で紹介して来たが、さすがにムリがあるので、今回からは20曲以上ヒット曲のある場合は2回以上に分けることにした。Michael Jacksonは38曲。ちなみにこれまでで20曲を超えたアーティスト(1日で紹介してしまったが)は、Chicago(35曲)、Supremes(33曲)、Miracles(29曲)、Platters(23曲)、Aerosmith(21曲)。
 それでは今日は87年のアルバム「Bad」以降。その前に85年の「We Are The World」があるけど、それはそっちを見て下さい。

01426 I Just Can’t Stop Loving You (キャント・ストップ・ラヴィング・ユー) 87年1位
 アルバム「Bad」からの先行シングル。Quincy Jonesの秘蔵っ子だったSiedah Garrettとデュエットした壮大なラブバラード。どこをMichaelが、どこをSiedahが歌ってるのか分からん。アダルトコンテンポラリーチャート、R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

01427 Bad (Bad) 87年1位
 「Bad」から2曲目。この曲のPVも強烈だった。監督はマーティン・スコセッシ。当初Princeとのデュエット・ソングとして構想されミーティングも行なわれたが、Princeが辞退したとか。それも観たかったなあ。R&BチャートNo.1。

01428 The Way You Make Me Feel (ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール) 87年1位
 「Bad」から3曲目。マイケルというと「スリラー」が頂点と思いがちだけど、シングルヒット的には「Bad」から5曲が連続No.1になっていて、この頃が全盛期かもしれない。PVはマイケルが女性を追いかける内容。R&BチャートNo.1。

01429 Man In The Mirror (マン・イン・ザ・ミラー) 88年1位
 「Bad」から4曲目。この後増えてくるゴスペルっぽいメッセージソングの走りかな。「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」のSiedah GarrettとGlen Ballardの作品。バックコーラスはSiedah自身に加え、ゴスペル畑のWinans、Andre Crouch Choir(アンドレ・クラウチ聖歌隊)。R&BチャートNo.1。

01430 Dirty Diana (ダーティー・ダイアナ) 88年1位
 「Bad」から5曲目。マイケルズ・ロック! ギターはBilly IdolのパートナーSteve Stevens。ダーティーなのがDiana Rossってことはないでしょう。

01431 Another Part Of Me (アナザー・パート・オブ・ミー) 88年11位
 「Bad」から6曲目。ディズニーランドで上映された3D映画「キャプテンEO」(フランシス・フォード・コッポラ監督)の曲。手堅いR&Bナンバーって感じ? R&BチャートNo.1。

01432 Smooth Criminal (スムーズ・クリミナル) 88年7位
 「Bad」から7曲目。むちゃむちゃカッコいいファンク。30年代のナイトクラブを舞台にしたPVもサイコー。無重力ダンス(身体が斜めに倒れても立ってる奴ね)は未だにタネの分からないマジックだ(特許かなんかとってたはず)。どーでもいいけど、「赤信号」とか空耳の宝庫でもある。Alien Ant Farmのハードロック・ヴァージョンもヒット。

01433 Black Or White (ブラック・オア・ホワイト) 91年1位
 「デンジャラス」からの先行シングル。マイケルズ・ロック! ギターはガンズンのスラッシュ。ラップも織り込んだ疾走感あるナンバー。PVに金がかかってる。天才子役のマコーレー・カルキンも出てるし(監督はジョン・ランディス)。「肌の色が黒かろうと白かろうと」と歌ってるけど、今までも「Black And White」とか「Ebony And Ivory」とかあったね。プラチナムディスク。

01434 Remember The Time (リメンバー・ザ・タイム) 92年3位
 「デンジャラス」から2曲目。「スリラー」や「バッド」は聴きすぎたせいか、今ではこの頃の曲が1番好きかもしれないな。クインシーの手を離れ、Teddy Rileyがプロデュースしたニュージャックスイング! チャート的には陰りが見え始めるのだけど。PVはエディ・マーフィーとか出てくるエジプト風。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

01435 In The Closet (イン・ザ・クローゼット) 92年6位
 「デンジャラス」から3曲目。1434と同様Teddy Riley。であるから、悪いわけがない。Mystery Girlこと、モナコのステファニー王女とのデュエット。PVにはナオミ・キャンベルが登場。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

01436 Jam (ジャム) 92年26位
 「デンジャラス」から4曲目。アルバムのオープニングチューン。「ライブインブカレスト」でもしょっぱなに演るんだっけな? カッコいいファンク!

01437 Heal The World (ヒール・ザ・ワールド) 93年27位
 「デンジャラス」から5曲目。アメリカではあまりヒットしなかったが、英国やヨーロッパでは大ヒットした「We Are The World」路線のメッセージソング。この手はアメリカではウケないのかなあ?

01438 Who Is It (フー・イズ・イット) 92年14位
 「デンジャラス」から6曲目。「♪Who Is It?♪」ってところがアクセントになっていると思うが、そう歌ってるようには聴こえない。

01439 Will You Be There (ウィル・ユー・ビー・ゼア) 93年7位
 「デンジャラス」から7曲目。映画「フリーウィリー」のテーマ曲。「マン・イン・ザ・ミラー」以来のゴスペル調で、同様にアンドレ・クラウチ聖歌隊がコーラスで参加している。ゴールドディスク。

01440 Scream (スクリーム) 95年5位
 1枚がベスト、1枚が新曲という2枚組「HIStory Past, Present And Future Book 1」から1曲目。当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった妹ジャネットとの共演版で、ずいぶん話題になった覚えがある。PVはSFタッチで日本趣味も満載。プロデュースはジャネットをやってたジャム&ルイス。クレジットはMichel Jackson & Janet Jackson。プラチナムディスク。

01441 Childhood (チャイルドフード) 95年5位
 1440との両A面。映画「フリーウィリー2」のテーマ曲。映画音楽って感じのバラード。ところで、私が「ヒストリー」の中で一番好きなのが、アルバムの最後に収められている、チャップリンが作曲した「モダンタイムス」の「スマイル」。マイケルのやさしさととてもマッチしていると思う。

01442 You Are Not Alone (ユー・アー・ナット・アローン) 95年1位
 「ヒストリー」から2曲目。ビルボード史上初の初登場1位を記録した曲(チャートの集計方法とかにより、その後は当たり前になってしまうけれど)としてギネスにも登録されている。R. Kellyの作品。これが最後のNo.1になった。R&BチャートNo.1、プラチナムディスク。

01443 They Don’t Care About Us (ゼイ・ドント・ケア・アバウト・アス) 96年30位
 「ヒストリー」から3曲目。シンプルなリズムトラックをバックに歌を聴かせているが、段々盛り上がっていく壮大なナンバー。PVはリオデジャネイロを舞台にしたスパイク・リー監督の作品。

01444 You Rock My World (ユー・ロック・マイ・ワールド) 01年10位
 アルバム「インヴィンシブル」から1曲目。これが最後のオリジナルアルバムとなった。プロデュースはマイケルとRodney Jerkins。以前の勢いはないけど、R&B回帰してて悪くない。

01445 Butterflies (バタフライズ) 01年14位
 アルバム「インヴィンシブル」から2曲目はミディアムナンバー。PVさえ作られなかったそうだが、これも悪くない。最後のTop40ヒットになった。

2009年12月30日 (水)

Jackson, Michael (マイケル・ジャクソン) 1/2(1971-1984)

 今年の音楽界、最大の事件はマイケルが亡くなったことだ。追悼の意味も含めて、このブログも今日明日とマイケルで締めくくりたい。
 マイケルを初めて知ったのは多分「ベンのテーマ」、80年代以降はアルバムが出れば買い、この10年はスキャンダルのニュースを聴いては毛嫌いするという、実にミーハー的な付き合い方をしてきた。この夏から秋にかけてマイケルのDVDやCDばかりかけ続けていたのだが、改めてマイケルが真のスーパースターであったことを痛感した。亡くなった後でこんなこと言ってもしょうがないんだけど。
 特にブカレストでのライヴ映像。ステージに立っているだけで、女性の観客が失神してしまうほどのオーラ。死後に公開された「This Is It」を観て、本当に世界中の人々に愛されていた人だったんだなと再認識させられた。R.I.P.

01408 Got To Be There (ゴット・トゥ・ビー・ゼア) 71年4位
 マイケルは58年インディアナ州ゲイリー生まれ、10人兄弟の8番目、5歳でJackson5のリードシンガーとなり、69年に「帰ってほしいの」がNo.1に。この曲はソロデビューシングル。Jackson5でいうと、「アイル・ビー・ゼア」タイプのバラード。

01409 Rockin’ Robin (ロッキン・ロビン) 72年2位
 ソロ2曲目はBobby Dayが58年にやはり2位とヒットさせたナンバーのカヴァー。バブルガムっぽい、軽快でポップなR&B。

01410 I Wanna Be Where You Are (ボクはキミのマスコット) 72年16位
 1stソロアルバム「Got To Be There」から3曲目。Leon WareとT-Boy Ross(Diana Rossの弟)の作品。70年代初期を感じるカッコいいバックにマイケルの高音がかぶさって、かなりいい曲に仕上がってる。10代のマイケルのソロでは1番いいかも。全然関係ないんだけど、私が好きなCKBを思い出したりもする。

01411 Ben (ベンのテーマ) 72年1位
 マイケル初のNo.1。天使のような歌声とはこの曲のことを言うのでは? ラジオ関東の「全米トップ40」の記念すべき第1回放送の時のNo.1でもある(当時聴いていたわけではないが)。ネズミが人を襲う映画「ウイラード」の続編「ベン」のテーマ曲だが、映画の方は忘れられてる? 元々はDonny Osmondの方に話があったとか。

01412 Just A Little Of You (ジャスト・ア・リトル・ビット・オブ・ユー) 75年23位
 4枚目のソロアルバムから。これを最後にJacksonファミリー(ベリー・ゴーディの娘と結婚したJermaineを除く)はモータウンを離れ、エピックに移籍。この頃はJackson5も含めて一番印象が乏しい時期。この曲もあまり記憶に残ってないなあ。O’Jaysとかの感じ? マイケルに合ってるとは思えない。

01413 Don’t Stop ‘Til You Get Enough (今夜はドント・ストップ) 79年1位
 マイケルがスーパースターへの道を歩む、いわばきっかけになったのがこの曲。モータウンが手掛けた黒人版「オズの魔法使い」である映画「The Wiz」は失敗に終わったが、ここでマイケル(案山子の役を演ってた!)はQuincy Jonesと知り合う。彼との出会いがなければ、その後のマイケルはどうなっていたのだろう?
 Quincyがプロデュースしたアルバム「Off The Wall」からの1曲目。当時はものすごく斬新でカッコよく聴こえたなあ。ビデオクリップが、その後の予算をかけたPVとは違って、何か牧歌的でした。R&BチャートNo.1、プラチナムディスク。

01414 Rock With You (ロック・ウィズ・ユー) 79年1位
 「Off The Wall」から2曲目。「ブギー・ナイツ」の大ヒットで知られるHeatwaveのRod Tempertonの曲。評論家筋ではこのアルバムをマイケルの最高傑作とする人が多い。R&BチャートNo.1、プラチナムディスク。

01415 Off The Wall (オフ・ザ・ウォール) 80年10位
 「Off The Wall」から3曲目のタイトル曲。これもRod Tempertonの曲。そう思って聴くと、バックはまるでHeatwave。アレンジとかに、次の「スリラー」に通じるものを感じる。かなりクセになる曲。そういえばこの頃マイケルはSUZUKIのスクーターのCMのキャラを務めてたんだよな。ゴールドディスク。

01416 She’s Out Of My Life (あの娘が消えた) 80年10位
 「Off The Wall」からのシングルヒットでは唯一バラード。いつ聴いても、泣いてるみたいだよね。ゴールドディスク。

01417 The Girl Is Mine (ガール・イズ・マイン) 82年2位
 史上最も売れたアルバム「スリラー」(アメリカで37週No.1、2900万枚、世界で1億1000万枚)からの先行シングル。クレジットはMichael Jackson/Paul McCartney。マイケルとポールが女の子を取り合うという微笑ましい?設定。アダルトコンテンポラリーチャート、R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

01418 Billie Jean (ビリー・ジーン) 83年1位
 「スリラー」2曲目。マイケルがスーパースターになったのがこの曲。モータウンの創立25周年式典で、初めてムーンウォークを披露したのも。今観てもこの映像は衝撃的。何百回聴いたか分からないけど、他に比べるもののない独自のサウンドだと思う。ウッとかクッとかのうめき声?が耳に残る。ローリングストーン誌の500曲では58位にランキング。グラミー賞受賞、R&BチャートNo.1、プラチナムディスク。

01419 Beat It (今夜はビート・イット) 83年1位
 「スリラー」3曲目。PVは「ウエストサイド・ストーリー」へのオマージュ。ギターはEdward Van Halen。マイケルズ・ロック! ローリングストーン誌では337位。グラミー賞受賞、R&BチャートNo.1、プラチナムディスク。

01420 Wanna Be Startin’ Somethin’ (スタート・サムシング) 83年5位
 「スリラー」4曲目。アルバムではオープニングを飾る。「スリラー」の中では一番ファンキー。

01421 Human Nature (ヒューマン・ネイチャー) 83年7位
 「スリラー」5曲目。TotoのSteve PorcaroとJohn Bettisが書いたバラード。言われてみれば、Totoみたいなところもある? 後に女性ボーカルグループSWVが「Right Here/Human Nature」でサンプリングして、原曲以上にヒットさせた。

01422 Say Say Say (セイ・セイ・セイ) 83年1位
 Paul McCartneyと再びデュエット。これはポールのアルバム「Pipes Of Peace」からのカットだから、そちらで紹介すべきかもしれないが。ポールが歌ってるところはポールが、マイケルが歌ってるところはマイケルが作ったんだろうか? 全体としてはマイケルの曲になっていると思う。全編に出てくるハープが好きだな。プロデュースはジョージ・マーティン。クレジットはPaul McCartney And Michael Jackson。プラチナムディスク。

01423 P.Y.T. (Pretty Young Thing) (P.Y.T.) 83年10位
 「スリラー」6曲目。「♪P.Y.T.♪」「♪T.L.C.♪」ってとこのシンセに尽きるかな。

01424 Thriller (スリラー) 84年4位
 「スリラー」7曲目、このアルバムから最後のシングルカット。何故か4位どまり。世界で最も有名なプロモーション・ビデオ(ジョン・ランディス監督)。ホントに一世を風靡した。曲はRod Temperton。プラチナムディスク。

01425 Farewell My Summer Love (フェアウエル・マイ・サマー・ラヴ) 84年38位
 モータウンが73年に収録された曲のリミックス盤を出してヒットさせたのがこの曲。もちろん「スリラー」人気に便乗したんだろうが、当時15歳のマイケルの爽やかな歌声が流れてどんな感じだったんだろう?(全く記憶にないんだが)

その他のカテゴリー

音楽 音楽 00年代 A 音楽 00年代 B 音楽 00年代 C 音楽 00年代 D 音楽 00年代 E 音楽 00年代 F 音楽 00年代 G 音楽 00年代 H 音楽 00年代 I 音楽 00年代 J 音楽 00年代 K 音楽 00年代 L 音楽 00年代 M 音楽 00年代 N 音楽 00年代 O 音楽 00年代 P 音楽 00年代 Q 音楽 00年代 S 音楽 00年代 T 音楽 00年代 W 音楽 00年代 Y 音楽 50年代 A 音楽 50年代 B 音楽 50年代 Baker, LaVern 音楽 50年代 Belafonte, Harry 音楽 50年代 Benton, Brook 音楽 50年代 Berry, Chuck 音楽 50年代 C 音楽 50年代 Chordettes, The 音楽 50年代 Coasters, The 音楽 50年代 D 音楽 50年代 Darin, Bobby 音楽 50年代 Drifters, The 音楽 50年代 E 音楽 50年代 Everly Brothers, The 音楽 50年代 F 音楽 50年代 Fleetwoods, The 音楽 50年代 Francis, Connie 音楽 50年代 G 音楽 50年代 Goodman, Dickie 音楽 50年代 H 音楽 50年代 Holly, Buddy / The Crickets 音楽 50年代 I 音楽 50年代 Impressions, The 音楽 50年代 J 音楽 50年代 K 音楽 50年代 L 音楽 50年代 Lewis, Jerry Lee 音楽 50年代 Little Anthony And The Imperials 音楽 50年代 Little Richard 音楽 50年代 M 音楽 50年代 Mathis, Johnny 音楽 50年代 McGuire Sisters, The 音楽 50年代 N 音楽 50年代 O 音楽 50年代 P 音楽 50年代 Platters 音楽 50年代 Q 音楽 50年代 R 音楽 50年代 Rodgers, Jimmie 音楽 50年代 S 音楽 50年代 T 音楽 50年代 V 音楽 50年代 Vaughn, Billy 音楽 50年代 W 音楽 50年代 Washington, Dinah 音楽 50年代 Y 音楽 50年代 Z 音楽 60年代 1910 Fruitgum Co. 音楽 60年代 5th Dimension, The 音楽 60年代 A 音楽 60年代 Animals, The 音楽 60年代 Association, The 音楽 60年代 B 音楽 60年代 Beach Boys, The 音楽 60年代 Beatles, The 音楽 60年代 Blood, Sweat And Tears 音楽 60年代 Booker T. And The MG's 音楽 60年代 Box Tops, The 音楽 60年代 Buckinghams, The 音楽 60年代 Burke, Solomon 音楽 60年代 Butler, Jerry 音楽 60年代 Byrds, The 音楽 60年代 C 音楽 60年代 Clark, Petula 音楽 60年代 Classics IV 音楽 60年代 Creedence Clearwater Revival 音楽 60年代 Crosby, Stills, Nash And Young 音楽 60年代 Crystals, The 音楽 60年代 D 音楽 60年代 Delfonics, The 音楽 60年代 Doors, The 音楽 60年代 E 音楽 60年代 F 音楽 60年代 Ferrante And Teicher 音楽 60年代 Four Tops 音楽 60年代 G 音楽 60年代 Gerry And The Pacemakers 音楽 60年代 Goldsboro, Bobby 音楽 60年代 Gore, Lesley 音楽 60年代 Grass Roots, The 音楽 60年代 Guess Who, The 音楽 60年代 H 音楽 60年代 Hayes, Isaac 音楽 60年代 Herman’s Hermits 音楽 60年代 Humperdinck, Engelbert 音楽 60年代 Hyland, Brian 音楽 60年代 I 音楽 60年代 Isley Brothers, The 音楽 60年代 J 音楽 60年代 Jackson 5, The 音楽 60年代 James, Etta 音楽 60年代 James, Tommy, And The Shondells 音楽 60年代 Jan And Dean 音楽 60年代 Jay And The Americans 音楽 60年代 Jones, Jack 音楽 60年代 K 音楽 60年代 King, Ben E. 音楽 60年代 Kinks, The 音楽 60年代 L 音楽 60年代 Lance, Major 音楽 60年代 Led Zeppelin 音楽 60年代 Lennon, John 音楽 60年代 Lettermen, The 音楽 60年代 Lewis, Gary, And The Playboys 音楽 60年代 Lovin' Spoonful, The 音楽 60年代 M 音楽 60年代 Mancini, Henry 音楽 60年代 Martha & The Vandellas 音楽 60年代 Martino, Al 音楽 60年代 Marvelettes, The 音楽 60年代 Miracles, The 音楽 60年代 Monkees, The 音楽 60年代 Moody Blues, The 音楽 60年代 N 音楽 60年代 Nilsson 音楽 60年代 O 音楽 60年代 P 音楽 60年代 Peter And Gordon 音楽 60年代 Peter, Paul & Mary 音楽 60年代 Pickett, Wilson 音楽 60年代 Puckett, Gary, And The Union Gap 音楽 60年代 Q 音楽 60年代 R 音楽 60年代 Rascals, The 音楽 60年代 Rawls, Lou 音楽 60年代 Revere, Paul, And The Raiders 音楽 60年代 Rich, Charlie 音楽 60年代 Ronettes, The 音楽 60年代 Ronstadt, Linda 音楽 60年代 S 音楽 60年代 Sam The Sham And The Pharaohs 音楽 60年代 Shangri-Las, The 音楽 60年代 Shannon, Del 音楽 60年代 Simon & Garfunkel 音楽 60年代 Sinatra, Nancy 音楽 60年代 Sledge, Percy 音楽 60年代 Sly & The Family Stone 音楽 60年代 Spanky And Our Gang 音楽 60年代 Spinners 音楽 60年代 Springfield, Dusty 音楽 60年代 Supremes, The 音楽 60年代 T 音楽 60年代 Tex, Joe 音楽 60年代 Thomas, B. J. 音楽 60年代 Turner, Ike And Tina 音楽 60年代 Turtles, The 音楽 60年代 U 音楽 60年代 V 音楽 60年代 Valli, Frankie 音楽 60年代 Ventures, The 音楽 60年代 Vogues, The 音楽 60年代 W 音楽 60年代 Walker, Jr., & The All Stars 音楽 60年代 Y 音楽 60年代 Z 音楽 70年代 A 音楽 70年代 Abba 音楽 70年代 Aerosmith 音楽 70年代 America 音楽 70年代 Average White Band, The 音楽 70年代 B 音楽 70年代 Bachman-Turner Overdrive 音楽 70年代 Bay City Rollers 音楽 70年代 Benson, George 音楽 70年代 Blondie 音楽 70年代 Boston 音楽 70年代 Bowie, David 音楽 70年代 Bread 音楽 70年代 C 音楽 70年代 Captain And Tennille 音楽 70年代 Carpenters 音楽 70年代 Cheap Trick 音楽 70年代 Chi-Lites, The 音楽 70年代 Chic 音楽 70年代 Chicago 音楽 70年代 Cole, Natalie 音楽 70年代 Commodores 音楽 70年代 Coolidge, Rita 音楽 70年代 Cooper, Alice 音楽 70年代 Croce, Jim 音楽 70年代 D 音楽 70年代 Daniels, Charlie, Band 音楽 70年代 Denver, John 音楽 70年代 Dr. Hook 音楽 70年代 E 音楽 70年代 Eagles 音楽 70年代 Earth, Wind & Fire 音楽 70年代 Electric Light Orchestra 音楽 70年代 England Dan And John Ford Coley 音楽 70年代 F 音楽 70年代 Fleetwood Mac 音楽 70年代 Fogelberg, Dan 音楽 70年代 Foreigner 音楽 70年代 Frampton, Peter 音楽 70年代 G 音楽 70年代 Garfunkel, Art 音楽 70年代 Geils, J., Band 音楽 70年代 Grand Funk Railroad 音楽 70年代 Green, Al 音楽 70年代 H 音楽 70年代 Hall, Daryl, And John Oates 音楽 70年代 Heart 音楽 70年代 Hot Chocolate 音楽 70年代 I 音楽 70年代 J 音楽 70年代 Jackson, Michael 音楽 70年代 James, Rick 音楽 70年代 K 音楽 70年代 KC And The Sunshine Band 音楽 70年代 Khan, Chaka / Rufus 音楽 70年代 Kiss 音楽 70年代 Kool & The Gang 音楽 70年代 L 音楽 70年代 Lightfoot, Gordon 音楽 70年代 Little River Band 音楽 70年代 M 音楽 70年代 Manchester, Melissa 音楽 70年代 McLean, Don 音楽 70年代 Midler, Bette 音楽 70年代 Money, Eddie 音楽 70年代 Murray, Anne 音楽 70年代 N 音楽 70年代 Newton-John, Olivia 音楽 70年代 O 音楽 70年代 Ocean, Billy 音楽 70年代 Ohio Players 音楽 70年代 Osmonds, The 音楽 70年代 P 音楽 70年代 Parker, Ray, Jr./Raydio 音楽 70年代 Parsons, Alan, Project 音楽 70年代 Partridge Family, The 音楽 70年代 Pointer Sisters 音楽 70年代 Police, The 音楽 70年代 Preston, Billy 音楽 70年代 Prince 音楽 70年代 Q 音楽 70年代 Queen 音楽 70年代 R 音楽 70年代 Rare Earth 音楽 70年代 Reddy, Helen 音楽 70年代 S 音楽 70年代 Sayer, Leo 音楽 70年代 Scaggs, Boz 音楽 70年代 Seals & Crofts 音楽 70年代 Simon, Carly 音楽 70年代 Simon, Paul 音楽 70年代 Springfield, Rick 音楽 70年代 Staple Singers, The 音楽 70年代 Starr, Ringo 音楽 70年代 Steely Dan 音楽 70年代 Stevens, Cat 音楽 70年代 Stylistics, The 音楽 70年代 Sweet 音楽 70年代 T 音楽 70年代 Taylor, James 音楽 70年代 Toto 音楽 70年代 U 音楽 70年代 V 音楽 70年代 Van Halen 音楽 70年代 W 音楽 70年代 War 音楽 70年代 White, Barry 音楽 70年代 Y 音楽 70年代 Z 音楽 70年代 ZZ Top 音楽 80年代 A 音楽 80年代 ABC 音楽 80年代 Abdul, Paula 音楽 80年代 Adams, Bryan 音楽 80年代 Air Supply 音楽 80年代 B 音楽 80年代 B-52’s, The 音楽 80年代 Bangles 音楽 80年代 Benatar, Pat 音楽 80年代 Bon Jovi 音楽 80年代 Branigan, Laura 音楽 80年代 C 音楽 80年代 Cross, Christopher 音楽 80年代 D 音楽 80年代 D.J. Jazzy Jeff & The Fresh Prince 音楽 80年代 Dayne, Taylor 音楽 80年代 DeBarge 音楽 80年代 E 音楽 80年代 Eurythmics 音楽 80年代 F 音楽 80年代 Fixx, The 音楽 80年代 G 音楽 80年代 Gibson, Debbie 音楽 80年代 Guns N' Roses 音楽 80年代 H 音楽 80年代 Hart, Corey 音楽 80年代 Henley, Don 音楽 80年代 Hornsby, Bruce, And The Range 音楽 80年代 Human League, The 音楽 80年代 Idol, Billy 音楽 80年代 J 音楽 80年代 Jackson, Janet 音楽 80年代 Jones, Howard 音楽 80年代 K 音楽 80年代 L 音楽 80年代 Lauper, Cyndi 音楽 80年代 Lewis, Huey, And The News 音楽 80年代 Lisa Lisa And Cult Jam 音楽 80年代 Loverboy 音楽 80年代 M 音楽 80年代 Madonna 音楽 80年代 Marx, Richard 音楽 80年代 N 音楽 80年代 New Edition 音楽 80年代 Newton, Juice 音楽 80年代 Night Ranger 音楽 80年代 O 音楽 80年代 Osborne, Jeffrey 音楽 80年代 Outfield, The 音楽 80年代 P 音楽 80年代 Pet Shop Boys 音楽 80年代 Poison 音楽 80年代 Pretenders, The 音楽 80年代 Q 音楽 80年代 R 音楽 80年代 Roxette 音楽 80年代 S 音楽 80年代 Sade 音楽 80年代 Simply Red 音楽 80年代 Survivor 音楽 80年代 T 音楽 80年代 Tears For Fears 音楽 80年代 U 音楽 80年代 U2 音楽 80年代 V 音楽 80年代 W 音楽 80年代 Warrant 音楽 80年代 Watley, Jody 音楽 90年代 A 音楽 90年代 Ace Of Base 音楽 90年代 After 7 音楽 90年代 B 音楽 90年代 Backstreet Boys 音楽 90年代 Bell Biv DeVoe 音楽 90年代 Blackstreet 音楽 90年代 Blige, Mary J. 音楽 90年代 C 音楽 90年代 Carey, Mariah 音楽 90年代 Coolio 音楽 90年代 D 音楽 90年代 Destiny's Child 音楽 90年代 Dr. Dre 音楽 90年代 Dru Hill 音楽 90年代 E 音楽 90年代 En Vogue 音楽 90年代 F 音楽 90年代 G 音楽 90年代 Gin Blossoms 音楽 90年代 Goo Goo Dolls 音楽 90年代 Green Day 音楽 90年代 H 音楽 90年代 Hootie And The Blowfish 音楽 90年代 I 音楽 90年代 J 音楽 90年代 Jagged Edge 音楽 90年代 Jodeci 音楽 90年代 K 音楽 90年代 Kravitz, Lenny 音楽 90年代 L 音楽 90年代 M 音楽 90年代 Matchbox Twenty 音楽 90年代 N 音楽 90年代 O 音楽 90年代 P 音楽 90年代 Q 音楽 90年代 R 音楽 90年代 S 音楽 90年代 Savage Garden 音楽 90年代 Smashing Pumpkins, The 音楽 90年代 Smith, Will 音楽 90年代 Spice Girls 音楽 90年代 Sugar Ray 音楽 90年代 SWV 音楽 90年代 T 音楽 90年代 Tony! Toni! Tone! 音楽 90年代 U 音楽 90年代 V 音楽 90年代 W 音楽 90年代 Wilson Phillips

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック