音楽 60年代 Supremes, The

2008年8月 9日 (土)

Supremes, The (シュープリームス)

 ついに大物を取り上げる。いや、今までのアーティストが大物でなかったということではなくて、Top40ヒットが30曲を超えるので、大物ということです。
 60年代最高の女性ボーカル・グループ、というかオール・タイムで最もヒットした女性ボーカル・グループ。ヒット曲でビートルズに唯一対抗できたアーティストとも言える。No.1ヒットは12曲。5曲連続No.1の記録を持つ(その後ビー・ジーズが6曲連続を達成)。人種を超えて受け入れられた初めての黒人グループでもあった。
 59年にデトロイトでザ・プライメッツとして結成され、61年ザ・シュープリームス(最近はスプリームスと表記されることも多いが)に改名、モータウンと契約。メンバーはDiana Ross(ダイアナ・ロス)、Mary Wilson(メアリー・ウィルソン)、Florence Ballard(フローレンス・バラード)。

00072 When The Lovelight Starts Shining Through His Eyes (恋のキラキラ星) 63年23位
 鳴かず飛ばずだったシュープリームスの初めてのTop40ヒット。なぜヒットしたか、その理由はこの曲からHolland-Dozier-Holland(通称H-D-H、ブライアン・ホーランド、ラモン・ドジャーエディ・ホーランド)の曲になったからでしょう。
 ポップで彼ららしい曲が聴けます。以降、00088まですべて彼らの曲。

00073 Where Did Our Love Go (愛はどこへ行ったの) 64年1位
 初のNo.1ヒット。ここから5曲連続のNo.1ヒットという記録が始まる。私がシュープリームスを知ったのもこの曲。当時ハマってたJ.Geils Band(Jガイルズ・バンド)がライブで演ってて、すぐに気に入った。71年のDonnie ElbertのカバーもTop40入りしている。ソフト・セルもカバーしていたな。
 最初はマーヴェレッツのために書かれたが、彼女らが気に入らなかったため、シュープリームスに回ってきたらしい。シュープリームスも渋々レコーディングしたらしいが、このポップさ(ソウルっぽくなさ)がいやがられた理由なんだろう。それゆえ、逆に白人の聴衆にもウケたのだと思うが。
 手拍子とダイアナ・ロスの声がとにかくかわいい。今でも彼女らの曲では1,2番目に好きな曲。Rolling Stone誌の500 Greatest Songs Of All Timeの472位。

00074 Baby Love (ベビー・ラブ) 64年1位
 「愛はどこへ行ったの」の続編みたいな曲ではあるな。4週連続1位だから、シュープリームス最大のヒットだ。Rolling Stone誌の前掲ランクの324位。
 安室奈美恵が「Vidal Sasoon」とのタイアップで出した「60s 70s 80s」の内60sに当たる「New Look」はこの曲のリメイク。70sはアレサ、80sはアイリーン・キャラ。

00075 Come See About Me (カム・シー・アバウト・ミー) 64年1位
 ここまでの4曲はすべてアルバム「Where Did Our Love Go」より。これもよくできた曲。特にコーラスがシュープリームスの中でも一番好き。YouTubeの画像があまりに可愛らしいので、リンクしてしまった。

00076 Stop! In The Name Of Love (ストップ・イン・ザ・ネム・オブ・ラブ) 65年1位
 日本では一番有名な曲かもしれない。ストップといって片手をかざす振りは有名。モータウンは振り付けを見るのが楽しいんだよね。テンプスの振りも大好き。

00077 Back In My Arms Again (涙のお願い) 65年1位
 5曲連続No.1の最後。R&BチャートでもNo.1。上記の曲はいずれもR&BチャートではNo.1になっていないが、その理由は何故か64年だけR&Bチャートがなかったため。

00078 Nothing But Heartaches (悲しみがいっぱい) 65年11位
 アップテンポ。ちょっと単調なところが、No.1になれなかった理由か? これも振り付けが可愛いけど、全部リンクしててもきりがないんで、興味あったらYouTubeで探してみて。

00079 I Hear A Symphony (ひとりぼっちのシンフォニー) 65年1位
 アップテンポの「Nothing But Heartaches」でNo.1連続記録を逃したせいか、ミディアムテンポで勝負? これもまたよくできた曲だね。最後の延々と続くサビが好き。

00080 My World Is Empty Without You (二人だけの世界) 66年5位
 再び1位になれず。よく聴くとストーンズの「黒くぬれ」に似てる気がするが、どちらが先なのか?(米国でのヒットはどちらも66年だが、こちらの方が先)

00081 Love Is Like An Itching In My Heart (乱れるハート) 66年9位
 2曲連続1位を逃す。これもちょっと単調な気がするなあ。

00082 You Can’t Hurry Love (恋はあせらず) 66年1位
 この曲から再び4曲連続No.1を記録する。フィル・コリンズが83年にカバーしてヒットさせた。昨年auのCMソングにも使われてたね。
 ところで、この曲のベースのリズムは何と呼ぶのか知らないが、とにかくよく使われている気がする。プリプリの「ダイアモンド」とか、広末の何て曲だったっけな? スピッツも何て曲だっけ? これはH-D-Hの発明なんだろうか?

00083 You Keep Me Hangin’ On (キープ・ミー・ハンギン・オン/恋はおしまい) 66年1位
 これも有名な曲。私もだけど、サイケデリック・ロックのヴァニラ・ファッジのカバー・バージョンを先に聴いた人も多いと思う。キム・ワイルドの87年のカバーはNo.1になっている。
 「恋はあせらず」とこの曲はスタンダードの域でしょう。Rolling Stone誌の前掲ランクの339位。

00084 Love Is Here And Now You’re Gone (恋ははかなく) 67年1位
 前の2曲と比べると地味。ダイアナ・ロスの語りが効いたんだろうか。但し、前の2曲に引き続き、この曲もR&BチャートでもNo.1になっている。

00085 The Happening (恋にご用心) 67年1位
 実はシュープリームスで1,2番目に好きな曲。イントロから陽気でうきうきしてくる。あまり取り上げられることはない曲だが。
 アンソニー・クイン、フェイ・ダナウェイが出演している映画「真昼の衝動」(原題は曲名と同じ)の主題歌。

00086 Reflections (リフレクションズ) 67年2位
 この曲からDiana Ross And The Supremes名義。フローレンス・バラードからPatti LaBelle’s Blue BellsのメンバーだったCindy Birdsong(シンディ・バードソング)にメンバーチェンジ(事実上のクビだたt)。フローレンスの悲劇を元に脚色したのが、ミュージカルになり、最近映画にもなった「ドリームガールズ」。私はネルソン・ジョージの著書「モータウン・ミュージック」(原題はWhere Did Our Love Go)とかで、その顛末はさんざん読んだので、とても映画を見る気にはなれない。フローレンスは76年32歳の若さで心臓発作で亡くなっている。
 ところで、この曲はいきなりサイケに始まります。

00087 In And Out Of Love (イン・アンド・アウト・オブ・ラヴ) 67年9位
 ここのところ新機軸を打ち出していたシュープリームスが昔の感じに戻った曲かな。

00088 Forever Came Today (幸せよいつまでも) 68年28位
 H-D-Hがモータウンを離脱したため、これがH-D-H最後の曲。待遇面とかでいろいろ不満があったらしい。Top40ヒットとしては最低位にとどまったが、何故かはよくわからない。それほど悪い曲ではないと思う。

00089 Some Things You Never Get Used To (愛の終着駅) 68年30位
 H-D-H後の1曲目。アシュフォード&シンプソンの曲。カスタネット?がうまく使われている。

00090 Love Child (ラブ・チャイルド) 68年1位
 起死回生となったNo.1ヒット。Pam Sawyer、R.Dean Taylor、Frank Wilson、Deke Richardsの4人がベリー・ゴーディ(モータウンの親玉)にホテルに缶詰にされて作った曲だそうだ。アップテンポだが、悲しげな曲が印象的。ラブ・チャイルドは私生児の意味でモータウン社会派路線の1曲でもある。
 68年の曲だけど、明らかに70年代に近い感じ。YouTubeで見ると今までのシュープリームスとは格好が全く違うんで驚く。イントロの部分がジャネット・ジャクソンの「You Want This」でサンプリングされている。

00091 I’m Gonna Make You Love Me (君に愛されたい) 68年2位
 Diana Ross And The Supremes & The Temptations名義。やや人気にかげりが見られたところでのテコ入れ企画か? モータウンはデュエットの掛け合いが多いけど、これもいい曲。ダイアナ・ロスのソロ・パートが「Look It Here」と始まるところ、後半でエディ・ケンドリックスがシャウトで入ってくるところが好き。

00092 I’m Livin’ In Shame (スラムの小鳩) 69年10位
 ラブ・チャイルドに続く社会派。音的にもパート2って感じ。シュープリームスのメンバーも貧しいエリアの生まれだから、それを重ね合わせたのだろうか。

00093 I’ll Try Something New (アイル・トライ・サムシング・ニュー) 69年25位
 Diana Ross And The Supremes & The Temptations名義2曲目。「君に愛されたい」に比べると落ちる。Smokey Robinson(スモーキー・ロビンソン)の曲でオリジナルは彼のMiracles(ミラクルズ)。

00094 The Composer (コンポーザー) 69年27位
 これもスモーキーの曲。あまり食指動かず。

00095 No Matter What Sign You Are (星空のラブ・サイン) 69年31位
 ベリー・ゴーディ自らシュープリームスの曲作りに復帰。ミュージカル「ヘアー」の「アクエリアス」に触発された曲らしいが、これもイマイチだな。

00096 Someday We’ll Be Together (またいつの日にか) 69年1位
 シュープリームス最後のNo.1 (R&Bチャートでも1位になった)。ダイアナ・ロスはこの曲を最後にシュープリームスを脱退し、ソロに。久々にいい曲だ。イントロのストリングスから歌い出しまでがとてもいい。お別れ企画としてもよくできている。しかし、メアリーもシンディもレコーディングに参加しておらず、実質ダイアナのソロ。
 曲作りにはJohnny Bristol(ジョニー・ブリストル)が関わっている。後、元ムーングロウズのHarvey Fuquaも。Janet Jacksonが「If」でサンプリングした。

00097 Up The Ladder To The Roof (愛の階段) 70年10位
 ダイアナに変わってJean Terrell(ジーン・テレル)が参加。以下のメンバーチェンジはめんどくさいので、もう書かない。ここから後はあまりちゃんと聴いてないんだよな。この曲はサビの「Up The Ladder To The Roof」というところに尽きるな。

00098 Everybody’s Got The Right To Love (恋のライセンス) 70年21位
 この頃のシュープリームスの衣装は、いかにも70年代って感じになってる。スリー・ディグリーズみたいなというか。曲はあまりピンと来ないな。

00099 Stoned Love (ストーンド・ラブ) 70年7位
 ダイアナが抜けて唯一の、そして彼女等最後のR&BチャートNo.1ヒット。割と60年代を思い起こさせる曲ですね。

00100 River Deep–Mountain High (リバー・ディープ・マウンテン・ハイ) 70年14位
 The Supremes & Four Tops名義。大プロデューサーであるフィル・スペクターが66年にアイク&ティナ・ターナー(実質はティナのソロ)のために作った曲のカバー。さすがに名曲だね、これは。「君に愛されたい」みたいなビッグ・グループ同士の競演の醍醐味はあまり感じないけど。

00101 Nathan Jones (ネイサン・ジョーンズ) 71年16位
 イントロから急に70年代前半のブラックっぽくなった。ポスト・ダイアナのシュープリームスではこれが一番カッコいいんでは。

00102 Floy Joy (フロイ・ジョイ) 72年16位
 同名のアルバムは、スモーキー・ロビンソンがプロデュースし、全曲を作曲している。

00103 Automatically Sunshine (オートマティカリー・サンシャイン) 72年37位
 これもスモーキー。タートルズの「Happy Together」に似てるなあ。ということは、好きなんだが。

00104 I’m Gonna Let My Heart Do The Walking (レッツ・マイ・ハート・ドゥ・ザ・ウォーキング) 76年40位
 最後のTop40ヒット。私がリアルタイムで聴いたのはこの曲だけなんだよね。これはディスコもの。77年に唯一のオリジナル・メンバーであるメアリーが独立、その後もシュープリームスは続いているが、これをもってシュープリームス終了とするのが普通。
 さすがにこれだけの曲数をちゃんとコメントするのは無理だ。正直70年代のはほとんど聴いてなかったしなあ。←言い訳

その他のカテゴリー

音楽 音楽 00年代 A 音楽 00年代 B 音楽 00年代 C 音楽 00年代 D 音楽 00年代 E 音楽 00年代 F 音楽 00年代 G 音楽 00年代 H 音楽 00年代 I 音楽 00年代 J 音楽 00年代 K 音楽 00年代 L 音楽 00年代 M 音楽 00年代 N 音楽 00年代 O 音楽 00年代 P 音楽 00年代 Q 音楽 00年代 S 音楽 00年代 T 音楽 00年代 W 音楽 00年代 Y 音楽 50年代 A 音楽 50年代 B 音楽 50年代 Baker, LaVern 音楽 50年代 Belafonte, Harry 音楽 50年代 Benton, Brook 音楽 50年代 Berry, Chuck 音楽 50年代 C 音楽 50年代 Chordettes, The 音楽 50年代 Coasters, The 音楽 50年代 D 音楽 50年代 Darin, Bobby 音楽 50年代 Drifters, The 音楽 50年代 E 音楽 50年代 Everly Brothers, The 音楽 50年代 F 音楽 50年代 Fleetwoods, The 音楽 50年代 Francis, Connie 音楽 50年代 G 音楽 50年代 Goodman, Dickie 音楽 50年代 H 音楽 50年代 Holly, Buddy / The Crickets 音楽 50年代 I 音楽 50年代 Impressions, The 音楽 50年代 J 音楽 50年代 K 音楽 50年代 L 音楽 50年代 Lewis, Jerry Lee 音楽 50年代 Little Anthony And The Imperials 音楽 50年代 Little Richard 音楽 50年代 M 音楽 50年代 Mathis, Johnny 音楽 50年代 McGuire Sisters, The 音楽 50年代 N 音楽 50年代 O 音楽 50年代 P 音楽 50年代 Platters 音楽 50年代 Q 音楽 50年代 R 音楽 50年代 Rodgers, Jimmie 音楽 50年代 S 音楽 50年代 T 音楽 50年代 V 音楽 50年代 Vaughn, Billy 音楽 50年代 W 音楽 50年代 Washington, Dinah 音楽 50年代 Y 音楽 50年代 Z 音楽 60年代 1910 Fruitgum Co. 音楽 60年代 5th Dimension, The 音楽 60年代 A 音楽 60年代 Animals, The 音楽 60年代 Association, The 音楽 60年代 B 音楽 60年代 Beach Boys, The 音楽 60年代 Beatles, The 音楽 60年代 Blood, Sweat And Tears 音楽 60年代 Booker T. And The MG's 音楽 60年代 Box Tops, The 音楽 60年代 Buckinghams, The 音楽 60年代 Burke, Solomon 音楽 60年代 Butler, Jerry 音楽 60年代 Byrds, The 音楽 60年代 C 音楽 60年代 Clark, Petula 音楽 60年代 Classics IV 音楽 60年代 Creedence Clearwater Revival 音楽 60年代 Crosby, Stills, Nash And Young 音楽 60年代 Crystals, The 音楽 60年代 D 音楽 60年代 Delfonics, The 音楽 60年代 Doors, The 音楽 60年代 E 音楽 60年代 F 音楽 60年代 Ferrante And Teicher 音楽 60年代 Four Tops 音楽 60年代 G 音楽 60年代 Gerry And The Pacemakers 音楽 60年代 Goldsboro, Bobby 音楽 60年代 Gore, Lesley 音楽 60年代 Grass Roots, The 音楽 60年代 Guess Who, The 音楽 60年代 H 音楽 60年代 Hayes, Isaac 音楽 60年代 Herman’s Hermits 音楽 60年代 Humperdinck, Engelbert 音楽 60年代 Hyland, Brian 音楽 60年代 I 音楽 60年代 Isley Brothers, The 音楽 60年代 J 音楽 60年代 Jackson 5, The 音楽 60年代 James, Etta 音楽 60年代 James, Tommy, And The Shondells 音楽 60年代 Jan And Dean 音楽 60年代 Jay And The Americans 音楽 60年代 Jones, Jack 音楽 60年代 K 音楽 60年代 King, Ben E. 音楽 60年代 Kinks, The 音楽 60年代 L 音楽 60年代 Lance, Major 音楽 60年代 Led Zeppelin 音楽 60年代 Lennon, John 音楽 60年代 Lettermen, The 音楽 60年代 Lewis, Gary, And The Playboys 音楽 60年代 Lovin' Spoonful, The 音楽 60年代 M 音楽 60年代 Mancini, Henry 音楽 60年代 Martha & The Vandellas 音楽 60年代 Martino, Al 音楽 60年代 Marvelettes, The 音楽 60年代 Miracles, The 音楽 60年代 Monkees, The 音楽 60年代 Moody Blues, The 音楽 60年代 N 音楽 60年代 Nilsson 音楽 60年代 O 音楽 60年代 P 音楽 60年代 Peter And Gordon 音楽 60年代 Peter, Paul & Mary 音楽 60年代 Pickett, Wilson 音楽 60年代 Puckett, Gary, And The Union Gap 音楽 60年代 Q 音楽 60年代 R 音楽 60年代 Rascals, The 音楽 60年代 Rawls, Lou 音楽 60年代 Revere, Paul, And The Raiders 音楽 60年代 Rich, Charlie 音楽 60年代 Ronettes, The 音楽 60年代 Ronstadt, Linda 音楽 60年代 S 音楽 60年代 Sam The Sham And The Pharaohs 音楽 60年代 Shangri-Las, The 音楽 60年代 Shannon, Del 音楽 60年代 Simon & Garfunkel 音楽 60年代 Sinatra, Nancy 音楽 60年代 Sledge, Percy 音楽 60年代 Sly & The Family Stone 音楽 60年代 Spanky And Our Gang 音楽 60年代 Spinners 音楽 60年代 Springfield, Dusty 音楽 60年代 Supremes, The 音楽 60年代 T 音楽 60年代 Tex, Joe 音楽 60年代 Thomas, B. J. 音楽 60年代 Turner, Ike And Tina 音楽 60年代 Turtles, The 音楽 60年代 U 音楽 60年代 V 音楽 60年代 Valli, Frankie 音楽 60年代 Ventures, The 音楽 60年代 Vogues, The 音楽 60年代 W 音楽 60年代 Walker, Jr., & The All Stars 音楽 60年代 Y 音楽 60年代 Z 音楽 70年代 A 音楽 70年代 Abba 音楽 70年代 Aerosmith 音楽 70年代 America 音楽 70年代 Average White Band, The 音楽 70年代 B 音楽 70年代 Bachman-Turner Overdrive 音楽 70年代 Bay City Rollers 音楽 70年代 Benson, George 音楽 70年代 Blondie 音楽 70年代 Boston 音楽 70年代 Bowie, David 音楽 70年代 Bread 音楽 70年代 C 音楽 70年代 Captain And Tennille 音楽 70年代 Carpenters 音楽 70年代 Cheap Trick 音楽 70年代 Chi-Lites, The 音楽 70年代 Chic 音楽 70年代 Chicago 音楽 70年代 Cole, Natalie 音楽 70年代 Commodores 音楽 70年代 Coolidge, Rita 音楽 70年代 Cooper, Alice 音楽 70年代 Croce, Jim 音楽 70年代 D 音楽 70年代 Daniels, Charlie, Band 音楽 70年代 Denver, John 音楽 70年代 Dr. Hook 音楽 70年代 E 音楽 70年代 Eagles 音楽 70年代 Earth, Wind & Fire 音楽 70年代 Electric Light Orchestra 音楽 70年代 England Dan And John Ford Coley 音楽 70年代 F 音楽 70年代 Fleetwood Mac 音楽 70年代 Fogelberg, Dan 音楽 70年代 Foreigner 音楽 70年代 Frampton, Peter 音楽 70年代 G 音楽 70年代 Garfunkel, Art 音楽 70年代 Geils, J., Band 音楽 70年代 Grand Funk Railroad 音楽 70年代 Green, Al 音楽 70年代 H 音楽 70年代 Hall, Daryl, And John Oates 音楽 70年代 Heart 音楽 70年代 Hot Chocolate 音楽 70年代 I 音楽 70年代 J 音楽 70年代 Jackson, Michael 音楽 70年代 James, Rick 音楽 70年代 K 音楽 70年代 KC And The Sunshine Band 音楽 70年代 Khan, Chaka / Rufus 音楽 70年代 Kiss 音楽 70年代 Kool & The Gang 音楽 70年代 L 音楽 70年代 Lightfoot, Gordon 音楽 70年代 Little River Band 音楽 70年代 M 音楽 70年代 Manchester, Melissa 音楽 70年代 McLean, Don 音楽 70年代 Midler, Bette 音楽 70年代 Money, Eddie 音楽 70年代 Murray, Anne 音楽 70年代 N 音楽 70年代 Newton-John, Olivia 音楽 70年代 O 音楽 70年代 Ocean, Billy 音楽 70年代 Ohio Players 音楽 70年代 Osmonds, The 音楽 70年代 P 音楽 70年代 Parker, Ray, Jr./Raydio 音楽 70年代 Parsons, Alan, Project 音楽 70年代 Partridge Family, The 音楽 70年代 Pointer Sisters 音楽 70年代 Police, The 音楽 70年代 Preston, Billy 音楽 70年代 Prince 音楽 70年代 Q 音楽 70年代 Queen 音楽 70年代 R 音楽 70年代 Rare Earth 音楽 70年代 Reddy, Helen 音楽 70年代 S 音楽 70年代 Sayer, Leo 音楽 70年代 Scaggs, Boz 音楽 70年代 Seals & Crofts 音楽 70年代 Simon, Carly 音楽 70年代 Simon, Paul 音楽 70年代 Springfield, Rick 音楽 70年代 Staple Singers, The 音楽 70年代 Starr, Ringo 音楽 70年代 Steely Dan 音楽 70年代 Stevens, Cat 音楽 70年代 Stylistics, The 音楽 70年代 Sweet 音楽 70年代 T 音楽 70年代 Taylor, James 音楽 70年代 Toto 音楽 70年代 U 音楽 70年代 V 音楽 70年代 Van Halen 音楽 70年代 W 音楽 70年代 War 音楽 70年代 White, Barry 音楽 70年代 Y 音楽 70年代 Z 音楽 70年代 ZZ Top 音楽 80年代 A 音楽 80年代 ABC 音楽 80年代 Abdul, Paula 音楽 80年代 Adams, Bryan 音楽 80年代 Air Supply 音楽 80年代 B 音楽 80年代 B-52’s, The 音楽 80年代 Bangles 音楽 80年代 Benatar, Pat 音楽 80年代 Bon Jovi 音楽 80年代 Branigan, Laura 音楽 80年代 C 音楽 80年代 Cross, Christopher 音楽 80年代 D 音楽 80年代 D.J. Jazzy Jeff & The Fresh Prince 音楽 80年代 Dayne, Taylor 音楽 80年代 DeBarge 音楽 80年代 E 音楽 80年代 Eurythmics 音楽 80年代 F 音楽 80年代 Fixx, The 音楽 80年代 G 音楽 80年代 Gibson, Debbie 音楽 80年代 Guns N' Roses 音楽 80年代 H 音楽 80年代 Hart, Corey 音楽 80年代 Henley, Don 音楽 80年代 Hornsby, Bruce, And The Range 音楽 80年代 Human League, The 音楽 80年代 Idol, Billy 音楽 80年代 J 音楽 80年代 Jackson, Janet 音楽 80年代 Jones, Howard 音楽 80年代 K 音楽 80年代 L 音楽 80年代 Lauper, Cyndi 音楽 80年代 Lewis, Huey, And The News 音楽 80年代 Lisa Lisa And Cult Jam 音楽 80年代 Loverboy 音楽 80年代 M 音楽 80年代 Madonna 音楽 80年代 Marx, Richard 音楽 80年代 N 音楽 80年代 New Edition 音楽 80年代 Newton, Juice 音楽 80年代 Night Ranger 音楽 80年代 O 音楽 80年代 Osborne, Jeffrey 音楽 80年代 Outfield, The 音楽 80年代 P 音楽 80年代 Pet Shop Boys 音楽 80年代 Poison 音楽 80年代 Pretenders, The 音楽 80年代 Q 音楽 80年代 R 音楽 80年代 Roxette 音楽 80年代 S 音楽 80年代 Sade 音楽 80年代 Simply Red 音楽 80年代 Survivor 音楽 80年代 T 音楽 80年代 Tears For Fears 音楽 80年代 U 音楽 80年代 U2 音楽 80年代 V 音楽 80年代 W 音楽 80年代 Warrant 音楽 80年代 Watley, Jody 音楽 90年代 A 音楽 90年代 Ace Of Base 音楽 90年代 After 7 音楽 90年代 B 音楽 90年代 Backstreet Boys 音楽 90年代 Bell Biv DeVoe 音楽 90年代 Blackstreet 音楽 90年代 Blige, Mary J. 音楽 90年代 C 音楽 90年代 Carey, Mariah 音楽 90年代 Coolio 音楽 90年代 D 音楽 90年代 Destiny's Child 音楽 90年代 Dr. Dre 音楽 90年代 Dru Hill 音楽 90年代 E 音楽 90年代 En Vogue 音楽 90年代 F 音楽 90年代 G 音楽 90年代 Gin Blossoms 音楽 90年代 Goo Goo Dolls 音楽 90年代 Green Day 音楽 90年代 H 音楽 90年代 Hootie And The Blowfish 音楽 90年代 I 音楽 90年代 J 音楽 90年代 Jagged Edge 音楽 90年代 Jodeci 音楽 90年代 K 音楽 90年代 Kravitz, Lenny 音楽 90年代 L 音楽 90年代 M 音楽 90年代 Matchbox Twenty 音楽 90年代 N 音楽 90年代 O 音楽 90年代 P 音楽 90年代 Q 音楽 90年代 R 音楽 90年代 S 音楽 90年代 Savage Garden 音楽 90年代 Smashing Pumpkins, The 音楽 90年代 Smith, Will 音楽 90年代 Spice Girls 音楽 90年代 Sugar Ray 音楽 90年代 SWV 音楽 90年代 T 音楽 90年代 Tony! Toni! Tone! 音楽 90年代 U 音楽 90年代 V 音楽 90年代 W 音楽 90年代 Wilson Phillips

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック