音楽 60年代 Beatles, The

2013年1月 3日 (木)

Beatles, The (ビートルズ) 3/3(1968-1996)

 本日Beatles、最終回。1日は64年、2日は65〜67年でした。今日は70年の解散までと解散以降にチャートインした曲の紹介だよ。

04512 Lady Madonna (レディ・マドンナ) 68年4位
 オールディーズっぽさがすてきなPaulのナンバー。イントロのピアノはジャズの名曲「Bad Penny Blues」から採ってるんだそう。プラチナディスク。

04513 Hey Jude (ヘイ・ジュード) 68年1位
 Appleからの初シングルは、9週No.1のBeatles最大のヒット。後半のコーラスは感動的だが、それにしても長過ぎないか? というのが昔からの疑問。ローリングストーン誌のベスト500では8位。400万枚以上のプラチナディスク。

04514 Revolution (レヴォリューション) 68年12位
 4513のB面。Johnのハードなロックンロール。オリジナルは「ホワイト・アルバム」に収録されているスローな「Revolution 1」。革命を揶揄した歌詞で、一部の若者の憤激を買ったらしいが、正しかったのはJohnの方であった。

04515 Get Back (ゲット・バック) 69年1位
 独特の風味のあるPaulのロックンロール。Billy Prestonのエレピ、Johnのリードギター、Ringoのドラムス、皆カッコイイ! プラチナディスク。

04516 Don’t Let Me Down (ドント・レット・ミー・ダウン) 69年35位
 4515のB面。その2曲のクレジットはThe Beatles With Billy Preston。相変わらずPrestonのエレピはいいねえ。そして何と言ってもJohnのボーカル。

04517 The Ballad Of John And Yoko (ジョンとヨーコのバラード) 69年8位
 適当に演っているようで、実にいいね! レコーディングに参加してるのはJohnとPaulのみ。いい加減な?2人のボーカルも好き。ゴールドディスク。

04518 Come Together (カム・トゥゲザー) 69年1位
 ♩Shoot♩で始まる不思議なナンバー。何でこんな曲になるの? Chuck Berryの「You Can’t Catch Me」の盗作と言われ、結局負けたんだっけ? Georgeの「My Sweet Lord」は負けたんだよね。ローリングストーン誌では202位。プラチナディスク。

04519 Something (サムシング) 69年3位
 4518のB面(両A面?)。ビルボードではシングルのA面B面は別々にチャートインするルールだったのが、ちょうどこの曲がヒットしてた69年11月29日にルールが変更され、シングル単位の集計に変わる。この週に「Come Together/Something」は1位になるんだけど、「Something」は前週の3位が最高位となってしまっている(「Come Together」はそれ以前に最高位2位を記録)。
 で、曲の方はGeorgeも天才だったんだと気づいた曲。日本人ウケしそうな泣きのギターが聴ける。サビの盛り上がりもステキ。ローリングストーン誌では273位。

Dsc_00641

04520 Let It Be (レット・イット・ビー) 70年1位
 70年4月11日付けのビルボードでNo.1に。Beatles解散のニュースが流れたのが、4月10日だというから、Beatlesからファンへの最後の贈り物だった、のかな? 実際は同名のアルバムが出るのはもっと後だし。ローリングストーン誌では20位。プラチナディスク。

04521 The Long And Winding Road (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード) 70年1位
 Beatles20曲目、最後のNo.1ヒット。Phil Spectorがプロデュースしたアルバムのヴァージョン(ストリングスとコーラス付き)にPaulが憤慨した話は有名。でも、これで何十年と聴いてるからなあ。何十年後かに「Naked」が出るわけだが。プラチナディスク。

04522 For You Blue (フォー・ユー・ブルー) 70年1位
 4521のB面。「Something」のところで書いたように、チャートインがシングル単位になったため、この曲も最高位1位と表記したが、実際はNo.1ヒットのB面曲ということでいいと思う。George作の軽いブルース。スライドギターはJohnだね。

04523 Got To Get You Into My Life (ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ) 76年7位
 解散後初のTop40ヒットは「Revolver」に収録されていたPaul作のブラスロック? ブラスもボーカルもカッコいい! 当時10年前の曲ということになるが、何でシングルカットされたんだっけ? 後にEarth, Wind & Fireがカヴァー。ゴールドディスク。

Dsc_00621

04524 The Beatles’ Movie Medley (ビートルズ・ムービー・メドレー) 82年12位
 「Star On」に始まるメドレー・ブームの余勢を駆って、こんなものまで出た。ところで、今までBeatlesを紹介できなかった理由は、この曲のせいである。何故なら、デジタル音源がないから。長年中古シングルを探していたのだが、ようやく見つけてCDに録音し、iPodに入れられたために、晴れてBeatlesのTop40ヒット全曲を紹介できたわけである。ちなみに、メドレーで使われている曲は、「Magical Mystery Tour」「All You Need Is Love」「You’ve Got To Hide Your Love Away」「I Should Have Known Better」「A Hard Day’s Night」「Ticket To Ride」「Get Back」。

04525 Free As A Bird (フリー・アズ・ア・バード) 95年6位
 この曲と4526は、77年と79年にJohnによって録音されたデモに他のメンバーがボーカルと演奏を加えたもの。プロデュースはBeatlesプラスJeffrey Lynne! 今更だと思うが、グラミー賞最優秀ポップボーカルグループ賞受賞。ゴールドディスク。

04526 Real Love (リアル・ラヴ) 96年11位
 再作ものではこっちの方が好みかな。細部にELOを感じるのは私だけ? 買ったけど、ほとんど聴いてない「アンソロジー」3部作でも正月は聴くかなあ。ゴールドディスク。

【今日のおまけ】Top40ヒット以外で、ローリングストーン誌のベスト500に選ばれた曲
23位「In My Life」
26位「A Day In The Life」
42位「Michelle」グラミー賞ソング・オブ・ジ・イヤー
83位「Norwegian Wood」
135位「While My Guitar Gently Weeps」
結構、昨日紹介した日本のファンのベスト10とも通じるものがあるね!

2013年1月 2日 (水)

Beatles, The (ビートルズ) 2/3(1965-1967)

 昨日の64年に続き、今日は65年から67年。赤盤は66年までだから4506まで、4507からは青盤ということになる。いまだに赤と青の時代区分が頭の中に残ってる気がする。

04495 Eight Days A Week (エイト・デイズ・ア・ウィーク) 65年1位
 素敵なコーラスを聴かせてくれる。フェードインで始まるのが珍しいかも。ゴールドディスク。

04496 I Don’t Want To Spoil The Party (パーティーはそのままに) 65年39位
 4495のB面。カントリータッチのJohnの曲。ハーモニーがステキ。

04497 Ticket To Ride (涙の乗車券) 65年1位
 改めて聴くと、時代の先端を行っているヒット曲だったことがわかるなあ。リズムといい、ギターといい、コーラスといい。ローリングストーン誌のベスト500では384位。ところで、B面の「Yes It Is」はとんでもない名曲。もしかしてBeatles(John)の最高傑作?

04498 Help! (ヘルプ) 65年1位
 もちろん、映画「Help!」(4人はアイドル)の主題歌(4497も映画の曲)。それにしても、コーラスワークの素晴らしいこと。しかし、曲の疾走感と「助けて!」という切実感が一向にマッチしないなあ。ローリングストーン誌では29位。ゴールドディスク。

04499 Yesterday (イエスタデイ) 65年1位
 泣く子も黙る名曲。Paulと弦楽四重奏だけで出来ているBeatlesの曲。ローリングストーン誌では13位。ゴールドディスク。

04500 We Can Work It Out (恋を抱きしめよう) 65年1位
 PaulとJohnがそれぞれ自分が書いたパートを歌っているというパターンは「A Day In The Life」と同じ。ワルツのアイデアはGeorgeが出したらしいが、スゴい完成度だ。ゴールドディスク。

04501 Day Tripper (デイ・トリッパー) 65年5位
 4500のB面、英国ではA面だが。ギターのリフで決まりだな。

04502 Nowhere Man (ひとりぼっちのあいつ) 66年3位
 この曲のコーラスワークはメチャメチャ好きです。「ラバーソウル」より、Johnの大傑作。ゴールドディスク。

04503 Paperback Writer (ペイパーバック・ライター) 66年1位
 Paul式サイケロック? Beach Boysの影響を受けて書かれ、この曲がBrian Wilsonに「Good Vibrations」を書かせたと言われる。とんでもない才能が溢れ競い合っていた時代だったんだな。ゴールドディスク。

04504 Rain (レイン) 66年23位
 4503のB面。「リヴォルヴァー」と並んで、後年評価の高まったJohnのドラッグ・ソング。Ringoのドラムの最高傑作とも言われる。ローリングストーン誌では463位。

04505 Yellow Submarine (イエロー・サブマリン) 66年2位
 金沢明子の「イエロー・サブマリン音頭」なんてのもあったな。その後の「When I’m 64」や「Uncle Albert」とかを聴くと、Paulがこういうミュージック・ホール・スタイルが好きだったのがわかる。ゴールドディスク。

04506 Eleanor Rigby (エリナー・リグビー) 66年11位
 ♩はざまけんじ♩で空耳アワーでもおなじみ。「Yesterday」の再現、Paulのソロか? 4505のB面。ローリングストーン誌では137位。

04507 Penny Lane (ペニー・レイン) 67年1位
 Paulらしい心温まる名曲。ピッコロ・トランペットや鐘の音の素晴らしいこと。ローリングストーン誌では449位。ゴールドディスク。

04508 Strawberry Fields Forever (ストローベリー・フィールズ・フォーエヴァー) 67年8位
 4507のB面というか、両A面かな? Beatles史上最強のカップリングとも言われる、確かに。めくるめく音の世界に言葉なし。ローリングストーン誌では76位。

04509 All You Need Is Love (愛こそはすべて) 67年1位
 67年6月25日の史上初の衛星中継「Our World」で中継された曲。変拍子というのはこの曲で覚えた。フランス国家とか、「In The Mood」とか、「Yesterday」「She Loves You」とかが出てきたり、かなり洒落の聴いた曲だ。ローリングストーン誌では362位。ゴールドディスク。

04510 Baby You’re A Rich Man (ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン) 67年34位
 4509のB面。JohnとPaulの共作という意味では、「A Day In The Life」方式だ。変なトランペットはシンセサイザーだそうだ。

04511 Hello Goodbye (ハロー・グッドバイ) 67年1位
 私にもわかる英語の歌詞。傑作としか言いようがないPaulの作品。子どもの頃から、最後の♩ンチャ、ンチャ♩が気になっている。ゴールドディスク。
 3日目の明日は、解散に向かう68年以降と、解散後のシングルを紹介する。
【今日のおまけ】10月の東京新聞に載っていた「我が国で好まれているビートルズの楽曲BEST10」(EMIジャパン09年調べ)
①Let It Be (Paul)
②In My Life (John)
③Strawberry Fields Forever (John)
④A Day In The Life (John & Paul)
⑤Hey Jude (Paul)
⑥While My Guitar Gently Sweep (George)
⑦Something (George)
⑧Across The Universe (John)
⑨Yesterday (Paul)
⑨I Am The Walrus (John)
随分マニアックな選曲だけど、対象は誰なんだろう? JohnとGeorgeの健闘が光ります。

2013年1月 1日 (火)

Beatles, The (ビートルズ) 1/3(1964-1964)

 あけましておめでとうございます。このブログも足掛け6年。2013年はBeatlesでスタート! 彼らのTop40ヒットは51曲、ということで、Madonnaに続く3日にわたっての紹介。今更Beatlesの紹介してもしょうがないので、ウィキへのリンクだけ貼って、私とBeatlesの出会いについて少々。
 初めて買ったレコードは、友達から買った「Let It Be」のシングル。B面の「You Know My Name」を聴いて、何だこりゃと思った覚えが。
 初めて買ったアルバムは赤盤と青盤。これでBeatlesを知ったと言っても過言ではない。同世代の人はそういう人多いと思う。シングルカットされてなくても、この4枚に入ってた曲はシングルヒットしたように勘違いしてしまう。「In My Life」とか「Across The Universe」とか。
 初めて買ったオリジナル・アルバムは「アビー・ロード」か、やっぱり友達から買った「サージェント・ペパーズ」か、どっちか。いまだにこの2枚は思い入れがあるなあ。それこそ子どもの頃買ったLPは1枚の重みが違うから、聴いた量がハンパないからね。
 その頃から自分はジョンのファン。周りもたいていジョンの支持者で、ポールファンはあまりいなかったような気がする。一時評判悪かったし。一人だけジョージのファンがいて、「オール・シングス・マスト・パス」(3枚組買うのは大変だったろうなあ)を絶賛してた。リンゴは映画のキャラの印象。でも、当時Beatlesが皆揃ったアルバム「リンゴ」は愛聴盤だった。

04476 I Want To Hold Your Hand (抱きしめたい) 64年1位
 記念すべきアメリカ初のNo.1ヒット。想像するに、この曲のイントロが流れた時に新しい世界が生まれたんではないか、それほど鮮烈な印象。中間のマイナーになる叙情的なとこもステキ。ところで、hold your handが何故抱きしめるになるんだろうと不思議に思った覚えがある。ローリングストーン誌のベスト500では16位。7週No.1のゴールドディスク。

04477 I Saw Her Standing There (アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア) 64年14位
 4476のB面。Paulがリードをとるロックンロール。ローリングストーン誌では139位。

04478 She Loves You (シー・ラヴズ・ユー) 64年1位
 ♩Yeh, Yeh, Yeh♩ってコーラスで決まりだな。エンディングもステキ。ローリングストーン誌では64位。

04479 Please Please Me (プリーズ・プリーズ・ミー) 64年3位
 英国での2枚目のシングル。この曲のハーモニーは昔から好き。ローリングストーン誌では184位。

04480 My Bonnie (My Boniie Lies Over the Ocean) (マイ・ボニー) 64年26位
 米国上陸時はCapitol以外にもいろいろなレコード会社からシングルが出た。Swan、Vee-Jay、Tollie、Atco。この曲はMGMから。ハンブルグでのプロとしての初レコーディング(61年)だが、ロンドンのロック・シンガーTony Sheridanのバックバンドとして演奏しただけという代物である。クレジットはThe Beatles With Tony Sheridan。

04481 Twist And Shout (ツイスト・アンド・シャウト) 64年2位 & 86年23位
 私が言うまでもないことだが、Johnの振り絞るボーカルがスゴい。Isley Brothersのヴァージョン(もカヴァーだけど)も有名。86年に再ヒットしたが、映画「Ferris Bueller’s Day Off」「Back To School」に使われたためらしい。って、映画のことは覚えていない。

04482 Can’t Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ) 64年1位
 Paulのロックンロール。このタイトルも文法的にどうなのか?と思った覚えがある。最初にMoneyが略されていると思えばいいんだね。5週1位のゴールドディスク。ローリングストーン誌では289位。ところで、PaulでJohnの「ツイスト・アンド・シャウト」に対抗できるのは、やっぱり「のっぽのサリー」!

04483 Do You Want To Know A Secret (ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット) 64年2位
 Georgeがボーカルをとる、Johnの曲。Gerry & The Pacemakersとかに通じる叙情的ナンバー。

04484 Thank You Girl (サンキュー・ガール) 64年35位
 4483のB面。英国では初のNo.1(3枚目のシングル)となった「From Me To You」のB面。ちなみに「From Me To You」はVee-Jayから「I Want To Hold Your Hand」より早くシングルが出たが、Hot100には入らなかったみたい(その時のB面はこの曲)。その後「From Me To You」は「Please Please Me」のB面で出て、最高位41位。と、チャートマニアっぽいこと書いてしまった。「Thank You Girl」の方はシンプルな初期ナンバーって感じ。

04485 Love Me Do (ラヴ・ミー・ドゥ) 64年1位
 もちろん英国でのデビュー曲。1位になるほどかという気もする。Johnのハーモニカに尽きるかな?(Bruce Channelの「Hey! Baby」にインスパイアされたらしい。)アルバム・ヴァージョンのドラムスはセッション・ドラマーのAndy Whiteで、Ringoはタンバリンを叩いている。

04486 P.S. I Love You (P.S.アイ・ラヴ・ユー) 64年10位
 私が好きな叙情系ナンバーの1つ。この手が一番マージー・ビートって感じがする(Beatlesの曲というより。私の勝手な解釈だが)。Paulが途中でつけるバックボーカルがいい。4485のB面。このアルバム・ヴァージョンもAndy Whiteのドラムスで、Ringoはマラカス。

04487 A Hard Day’s Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!) 64年1位
 映画のタイトルはRingoの思いつき。「Beatlemania」にならなくてよかった! イントロの♩ジャーン♩から始まる、すばらしいJohnの作品。♩Working like a dog. Sleeping like a log.♩の歌詞で韻を踏むということを知った。ローリングストーン誌では153位。ゴールドディスク。

04488 Ain’t She Sweet (いい娘じゃないか) 64年19位
 4480と同じく、61年に録音されたもので、ボーカルはJohn、ドラムスはPete Best。1927年Ben BernieのNo.1ヒットがオリジナル。そんな感じは全然しないけど。

04489 And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー) 64年12位
 ちょっとラテン風味、Paulらしい愛すべきバラードの傑作。

04490 I’ll Cry Instead (ぼくが泣く) 64年25位
 カントリーっぽさを感じるJohnの軽快なロックンロール。当時カントリーにはまっていたのはRingo。4487、4489とこの曲は映画「A Hard Day’s Night」より。

04491 Matchbox (マッチボックス) 64年17位
 オリジナルはCarl Perkins、ボーカルはRingo。こんなのもシングルになってるんだ。レコーディングには作者のPerkins自身が立ち会ったそうだ。

04492 Slow Down (スロウ・ダウン) 64年25位
 こちらのオリジナルはLarry Williams。それにしてもJohnのボーカルのカッコいいこと! George Martinのピアノもがんばってる。4491のB面。

04493 I Feel Fine (アイ・フィール・ファイン) 64年1位
 イントロのフィードバックは子どもの頃はミスをそのまま録音したと聞いていたのだけれど、わざわざ入れた音なんだそうだ。まあ、そんなことはともかく、実にリフのカッコイイJohnのロックンロールです。ゴールドディスク。

04494 She’s A Woman (シーズ・ア・ウーマン) 64年4位
 4493のB面。Paulにしてはラフな感じの曲だな。元旦は以上19曲を紹介して終わりとするが、驚くべきことにこれらはすべて64年のヒット曲ということだ。明日は65年以降を紹介!
【今日のおまけ】Beatlesがベスト5を独占した日:64年4月4日
1位「Can’t Buy Me Love」2位「Twist And Shout」3位「She Loves You」4位「I Want To Hold Your Hand」5位「Please Please Me」
【もう1つおまけ】BeatlesがHot100に14曲をチャートインさせた日:64年4月11日
1位「Can’t Buy Me Love」2位「Twist And Shout」4位「She Loves You」7位「I Want To Hold Your Hand」9位「Please Please Me」14位「Do You Want To Know A Secret」38位「I Saw Her Standing There」48位「You Can’t Do That」50位「All My Loving」52位「From Me To You」61位「Thank You Girl」74位「There’s A Place」78位「Roll Over Beethoven」81位「Love Me Do」

その他のカテゴリー

音楽 | 音楽 00年代 A | 音楽 00年代 B | 音楽 00年代 C | 音楽 00年代 D | 音楽 00年代 E | 音楽 00年代 F | 音楽 00年代 G | 音楽 00年代 H | 音楽 00年代 I | 音楽 00年代 J | 音楽 00年代 K | 音楽 00年代 L | 音楽 00年代 M | 音楽 00年代 N | 音楽 00年代 O | 音楽 00年代 P | 音楽 00年代 Q | 音楽 00年代 S | 音楽 00年代 T | 音楽 00年代 W | 音楽 00年代 Y | 音楽 50年代 A | 音楽 50年代 B | 音楽 50年代 Baker, LaVern | 音楽 50年代 Belafonte, Harry | 音楽 50年代 Benton, Brook | 音楽 50年代 Berry, Chuck | 音楽 50年代 C | 音楽 50年代 Chordettes, The | 音楽 50年代 Coasters, The | 音楽 50年代 D | 音楽 50年代 Darin, Bobby | 音楽 50年代 Drifters, The | 音楽 50年代 E | 音楽 50年代 Everly Brothers, The | 音楽 50年代 F | 音楽 50年代 Fleetwoods, The | 音楽 50年代 Francis, Connie | 音楽 50年代 G | 音楽 50年代 Goodman, Dickie | 音楽 50年代 H | 音楽 50年代 Holly, Buddy / The Crickets | 音楽 50年代 I | 音楽 50年代 Impressions, The | 音楽 50年代 J | 音楽 50年代 K | 音楽 50年代 L | 音楽 50年代 Lewis, Jerry Lee | 音楽 50年代 Little Anthony And The Imperials | 音楽 50年代 Little Richard | 音楽 50年代 M | 音楽 50年代 Mathis, Johnny | 音楽 50年代 McGuire Sisters, The | 音楽 50年代 N | 音楽 50年代 O | 音楽 50年代 P | 音楽 50年代 Platters | 音楽 50年代 Q | 音楽 50年代 R | 音楽 50年代 Rodgers, Jimmie | 音楽 50年代 S | 音楽 50年代 T | 音楽 50年代 V | 音楽 50年代 Vaughn, Billy | 音楽 50年代 W | 音楽 50年代 Washington, Dinah | 音楽 50年代 Y | 音楽 50年代 Z | 音楽 60年代 1910 Fruitgum Co. | 音楽 60年代 5th Dimension, The | 音楽 60年代 A | 音楽 60年代 Animals, The | 音楽 60年代 Association, The | 音楽 60年代 B | 音楽 60年代 Beach Boys, The | 音楽 60年代 Beatles, The | 音楽 60年代 Blood, Sweat And Tears | 音楽 60年代 Booker T. And The MG's | 音楽 60年代 Box Tops, The | 音楽 60年代 Buckinghams, The | 音楽 60年代 Burke, Solomon | 音楽 60年代 Butler, Jerry | 音楽 60年代 Byrds, The | 音楽 60年代 C | 音楽 60年代 Clark, Petula | 音楽 60年代 Classics IV | 音楽 60年代 Creedence Clearwater Revival | 音楽 60年代 Crosby, Stills, Nash And Young | 音楽 60年代 Crystals, The | 音楽 60年代 D | 音楽 60年代 Delfonics, The | 音楽 60年代 Doors, The | 音楽 60年代 E | 音楽 60年代 F | 音楽 60年代 Ferrante And Teicher | 音楽 60年代 Four Tops | 音楽 60年代 G | 音楽 60年代 Gerry And The Pacemakers | 音楽 60年代 Goldsboro, Bobby | 音楽 60年代 Gore, Lesley | 音楽 60年代 Grass Roots, The | 音楽 60年代 Guess Who, The | 音楽 60年代 H | 音楽 60年代 Hayes, Isaac | 音楽 60年代 Herman’s Hermits | 音楽 60年代 Humperdinck, Engelbert | 音楽 60年代 Hyland, Brian | 音楽 60年代 I | 音楽 60年代 Isley Brothers, The | 音楽 60年代 J | 音楽 60年代 Jackson 5, The | 音楽 60年代 James, Etta | 音楽 60年代 James, Tommy, And The Shondells | 音楽 60年代 Jan And Dean | 音楽 60年代 Jay And The Americans | 音楽 60年代 Jones, Jack | 音楽 60年代 K | 音楽 60年代 King, Ben E. | 音楽 60年代 Kinks, The | 音楽 60年代 L | 音楽 60年代 Lance, Major | 音楽 60年代 Led Zeppelin | 音楽 60年代 Lennon, John | 音楽 60年代 Lettermen, The | 音楽 60年代 Lewis, Gary, And The Playboys | 音楽 60年代 Lovin' Spoonful, The | 音楽 60年代 M | 音楽 60年代 Mancini, Henry | 音楽 60年代 Martha & The Vandellas | 音楽 60年代 Martino, Al | 音楽 60年代 Marvelettes, The | 音楽 60年代 Miracles, The | 音楽 60年代 Monkees, The | 音楽 60年代 Moody Blues, The | 音楽 60年代 N | 音楽 60年代 Nilsson | 音楽 60年代 O | 音楽 60年代 P | 音楽 60年代 Peter And Gordon | 音楽 60年代 Peter, Paul & Mary | 音楽 60年代 Pickett, Wilson | 音楽 60年代 Puckett, Gary, And The Union Gap | 音楽 60年代 Q | 音楽 60年代 R | 音楽 60年代 Rascals, The | 音楽 60年代 Rawls, Lou | 音楽 60年代 Revere, Paul, And The Raiders | 音楽 60年代 Rich, Charlie | 音楽 60年代 Ronettes, The | 音楽 60年代 Ronstadt, Linda | 音楽 60年代 S | 音楽 60年代 Sam The Sham And The Pharaohs | 音楽 60年代 Shangri-Las, The | 音楽 60年代 Shannon, Del | 音楽 60年代 Simon & Garfunkel | 音楽 60年代 Sinatra, Nancy | 音楽 60年代 Sledge, Percy | 音楽 60年代 Sly & The Family Stone | 音楽 60年代 Spanky And Our Gang | 音楽 60年代 Spinners | 音楽 60年代 Springfield, Dusty | 音楽 60年代 Supremes, The | 音楽 60年代 T | 音楽 60年代 Tex, Joe | 音楽 60年代 Thomas, B. J. | 音楽 60年代 Turner, Ike And Tina | 音楽 60年代 Turtles, The | 音楽 60年代 U | 音楽 60年代 V | 音楽 60年代 Valli, Frankie | 音楽 60年代 Ventures, The | 音楽 60年代 Vogues, The | 音楽 60年代 W | 音楽 60年代 Walker, Jr., & The All Stars | 音楽 60年代 Y | 音楽 60年代 Z | 音楽 70年代 A | 音楽 70年代 Abba | 音楽 70年代 Aerosmith | 音楽 70年代 America | 音楽 70年代 Average White Band, The | 音楽 70年代 B | 音楽 70年代 Bachman-Turner Overdrive | 音楽 70年代 Bay City Rollers | 音楽 70年代 Benson, George | 音楽 70年代 Blondie | 音楽 70年代 Boston | 音楽 70年代 Bowie, David | 音楽 70年代 Bread | 音楽 70年代 C | 音楽 70年代 Captain And Tennille | 音楽 70年代 Carpenters | 音楽 70年代 Cheap Trick | 音楽 70年代 Chi-Lites, The | 音楽 70年代 Chic | 音楽 70年代 Chicago | 音楽 70年代 Cole, Natalie | 音楽 70年代 Commodores | 音楽 70年代 Coolidge, Rita | 音楽 70年代 Cooper, Alice | 音楽 70年代 Croce, Jim | 音楽 70年代 D | 音楽 70年代 Daniels, Charlie, Band | 音楽 70年代 Denver, John | 音楽 70年代 Dr. Hook | 音楽 70年代 E | 音楽 70年代 Eagles | 音楽 70年代 Earth, Wind & Fire | 音楽 70年代 Electric Light Orchestra | 音楽 70年代 England Dan And John Ford Coley | 音楽 70年代 F | 音楽 70年代 Fleetwood Mac | 音楽 70年代 Fogelberg, Dan | 音楽 70年代 Foreigner | 音楽 70年代 Frampton, Peter | 音楽 70年代 G | 音楽 70年代 Garfunkel, Art | 音楽 70年代 Geils, J., Band | 音楽 70年代 Grand Funk Railroad | 音楽 70年代 Green, Al | 音楽 70年代 H | 音楽 70年代 Hall, Daryl, And John Oates | 音楽 70年代 Heart | 音楽 70年代 Hot Chocolate | 音楽 70年代 I | 音楽 70年代 J | 音楽 70年代 Jackson, Michael | 音楽 70年代 James, Rick | 音楽 70年代 K | 音楽 70年代 KC And The Sunshine Band | 音楽 70年代 Khan, Chaka / Rufus | 音楽 70年代 Kiss | 音楽 70年代 Kool & The Gang | 音楽 70年代 L | 音楽 70年代 Lightfoot, Gordon | 音楽 70年代 Little River Band | 音楽 70年代 M | 音楽 70年代 Manchester, Melissa | 音楽 70年代 McLean, Don | 音楽 70年代 Midler, Bette | 音楽 70年代 Money, Eddie | 音楽 70年代 Murray, Anne | 音楽 70年代 N | 音楽 70年代 Newton-John, Olivia | 音楽 70年代 O | 音楽 70年代 Ocean, Billy | 音楽 70年代 Ohio Players | 音楽 70年代 Osmonds, The | 音楽 70年代 P | 音楽 70年代 Parker, Ray, Jr./Raydio | 音楽 70年代 Parsons, Alan, Project | 音楽 70年代 Partridge Family, The | 音楽 70年代 Pointer Sisters | 音楽 70年代 Police, The | 音楽 70年代 Preston, Billy | 音楽 70年代 Prince | 音楽 70年代 Q | 音楽 70年代 Queen | 音楽 70年代 R | 音楽 70年代 Rare Earth | 音楽 70年代 Reddy, Helen | 音楽 70年代 S | 音楽 70年代 Sayer, Leo | 音楽 70年代 Scaggs, Boz | 音楽 70年代 Seals & Crofts | 音楽 70年代 Simon, Carly | 音楽 70年代 Simon, Paul | 音楽 70年代 Springfield, Rick | 音楽 70年代 Staple Singers, The | 音楽 70年代 Starr, Ringo | 音楽 70年代 Steely Dan | 音楽 70年代 Stevens, Cat | 音楽 70年代 Stylistics, The | 音楽 70年代 Sweet | 音楽 70年代 T | 音楽 70年代 Taylor, James | 音楽 70年代 Toto | 音楽 70年代 U | 音楽 70年代 V | 音楽 70年代 Van Halen | 音楽 70年代 W | 音楽 70年代 War | 音楽 70年代 White, Barry | 音楽 70年代 Y | 音楽 70年代 Z | 音楽 70年代 ZZ Top | 音楽 80年代 A | 音楽 80年代 ABC | 音楽 80年代 Abdul, Paula | 音楽 80年代 Adams, Bryan | 音楽 80年代 Air Supply | 音楽 80年代 B | 音楽 80年代 B-52’s, The | 音楽 80年代 Bangles | 音楽 80年代 Benatar, Pat | 音楽 80年代 Bon Jovi | 音楽 80年代 Branigan, Laura | 音楽 80年代 C | 音楽 80年代 Cross, Christopher | 音楽 80年代 D | 音楽 80年代 D.J. Jazzy Jeff & The Fresh Prince | 音楽 80年代 Dayne, Taylor | 音楽 80年代 DeBarge | 音楽 80年代 E | 音楽 80年代 Eurythmics | 音楽 80年代 F | 音楽 80年代 Fixx, The | 音楽 80年代 G | 音楽 80年代 Gibson, Debbie | 音楽 80年代 Guns N' Roses | 音楽 80年代 H | 音楽 80年代 Hart, Corey | 音楽 80年代 Henley, Don | 音楽 80年代 Hornsby, Bruce, And The Range | 音楽 80年代 Human League, The | 音楽 80年代 Idol, Billy | 音楽 80年代 J | 音楽 80年代 Jackson, Janet | 音楽 80年代 Jones, Howard | 音楽 80年代 K | 音楽 80年代 L | 音楽 80年代 Lauper, Cyndi | 音楽 80年代 Lewis, Huey, And The News | 音楽 80年代 Lisa Lisa And Cult Jam | 音楽 80年代 Loverboy | 音楽 80年代 M | 音楽 80年代 Madonna | 音楽 80年代 Marx, Richard | 音楽 80年代 N | 音楽 80年代 New Edition | 音楽 80年代 Newton, Juice | 音楽 80年代 Night Ranger | 音楽 80年代 O | 音楽 80年代 Osborne, Jeffrey | 音楽 80年代 Outfield, The | 音楽 80年代 P | 音楽 80年代 Pet Shop Boys | 音楽 80年代 Poison | 音楽 80年代 Pretenders, The | 音楽 80年代 Q | 音楽 80年代 R | 音楽 80年代 Roxette | 音楽 80年代 S | 音楽 80年代 Sade | 音楽 80年代 Simply Red | 音楽 80年代 Survivor | 音楽 80年代 T | 音楽 80年代 Tears For Fears | 音楽 80年代 U | 音楽 80年代 U2 | 音楽 80年代 V | 音楽 80年代 W | 音楽 80年代 Warrant | 音楽 80年代 Watley, Jody | 音楽 90年代 A | 音楽 90年代 Ace Of Base | 音楽 90年代 After 7 | 音楽 90年代 B | 音楽 90年代 Backstreet Boys | 音楽 90年代 Bell Biv DeVoe | 音楽 90年代 Blackstreet | 音楽 90年代 Blige, Mary J. | 音楽 90年代 C | 音楽 90年代 Carey, Mariah | 音楽 90年代 Coolio | 音楽 90年代 D | 音楽 90年代 Destiny's Child | 音楽 90年代 Dr. Dre | 音楽 90年代 Dru Hill | 音楽 90年代 E | 音楽 90年代 En Vogue | 音楽 90年代 F | 音楽 90年代 G | 音楽 90年代 Gin Blossoms | 音楽 90年代 Goo Goo Dolls | 音楽 90年代 Green Day | 音楽 90年代 H | 音楽 90年代 Hootie And The Blowfish | 音楽 90年代 I | 音楽 90年代 J | 音楽 90年代 Jagged Edge | 音楽 90年代 Jodeci | 音楽 90年代 K | 音楽 90年代 Kravitz, Lenny | 音楽 90年代 L | 音楽 90年代 M | 音楽 90年代 Matchbox Twenty | 音楽 90年代 N | 音楽 90年代 O | 音楽 90年代 P | 音楽 90年代 Q | 音楽 90年代 R | 音楽 90年代 S | 音楽 90年代 Savage Garden | 音楽 90年代 Smashing Pumpkins, The | 音楽 90年代 Smith, Will | 音楽 90年代 Spice Girls | 音楽 90年代 Sugar Ray | 音楽 90年代 SWV | 音楽 90年代 T | 音楽 90年代 Tony! Toni! Tone! | 音楽 90年代 U | 音楽 90年代 V | 音楽 90年代 W | 音楽 90年代 Wilson Phillips

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック