« Chingy (チンギー) | トップページ | Flood, Dick (ディック・フラッド) »

2020年11月22日 (日)

Dells, The (デルズ)

 多分一番好きなソウル・コーラス・グループ。何枚かアルバムを持ってるだけだが、いつまでも聴いていたくなる不思議な魔力がある。Top40ヒットは60年代後半から70年代前半に集中しているが、1952年結成で2012年まで60年間活動し、しかもメンバーはほぼ変わらずという驚異のグループ。バリトンのMarvin JuniorとテナーのJohnny Carter2トップがリードする5人組。

 5745以外は「On Their Corner/The Best Of The Dells」に収録。

 

05742 There Is (ゼア・イズ) 68年20位

 初のTop40ヒットは、彼らのヒット曲としては珍しいジャンプナンバー。力強いMarvin Juniorのリードは素晴らしい。

 

05743 Stay In My Corner (ステイ・イン・マイ・コーナー) 68年10位

 5742とこの曲はアルバム「There Is」より。一転スロー。Johnny Carterのハイトーンテナーが加わった、超名曲。65年の曲の再録。シングル盤もいいけど、倍の6分を超えるヴァージョンもいい。R&BチャートNo.1

https://www.youtube.com/watch?v=iX3cOtmyyOc

 

05744 Always Together (オールウェイズ・トゥゲザー) 68年18位

 この人たちに駄作なし。ポップスファンの私は何よりもメロディのキャッチーさを重視するのだが、Dellsはそれとは全く別の楽しみ方になる。次々と現れる歌声を楽しむというか。

 

05745 Does Anybody Know I’m Here (ダズ・エニバディ・ノウ・アイム・ヒア) 69年38位

 5744とこの曲はアルバム「The Dells Musical Menu/Always Together」より。ベトナムにいる兵士の歌なんだね。なぜか、この曲だけ上に書いたBestに入ってない。

 

05746 I Can Sing A Rainbow / Love Is Blue (アイ・キャン・シング・ア・レインボウ/ラブ・イズ・ブルー) 69年22位

 Peggy Lee55年に歌った映画主題歌と、誰もが知っている「恋はみずいろ」(アメリカではPaul Mauriatで前年にNo.1)のカヴァー・メドレーなんだが、Dellsがカヴァーするとこうなるわけ?という驚きがある。耳に残ります。

 

05747 Oh, What A Night (オー・ホワット・ア・ナイト) 69年10位

 5746とこの曲はアルバム「Love Is Blue」より。元々Dellsはドゥーワップグループだったわけだが、この曲のオリジナルは56年。5743に勝るとも劣らない、甦った超名曲。アレンジもいいねえ。R&BチャートNo.1

 

05748 The Love We Had (Stays On My Mind) (ザ・ラヴ・ウィ・ハド) 71年30位

 Jerry Butlerも演った名曲。どうしても2トップに耳を奪われるが、コーラスもいいのだよ。

 

05749 Give Your Baby A Standing Ovation (ギヴ・ユア・ベイビー・ア・スタンディング・オヴェイション) 73年34位

 MCがあおり、セリフで始まる、強力2トップが絡み合う、これも名曲。プロデュースはJohnnie Taylorを手がけたことでも有名なDon Davis。この後もいい曲あるのに、なぜか最後のTop40ヒットに。ゴールドディスク。

« Chingy (チンギー) | トップページ | Flood, Dick (ディック・フラッド) »

音楽 60年代 Dells, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Chingy (チンギー) | トップページ | Flood, Dick (ディック・フラッド) »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック