« B2K (B2K) | トップページ | Brown, Foxy (フォクシー・ブラウン) »

2020年10月 4日 (日)

Braxton, Toni (トニ・ブラクストン)

 メチャメチャ売れてたのに、いつの間にかいなくなってしまった印象がある。自己破産とか難病とか離婚とか、色々あったみたいだが。でも、新譜はコンスタントに出していたようだ。

 68年メリーランド州生まれの女性R&Bシンガー。5人姉妹(Toniは長女)でThe Braxtonsを結成して歌っていたが、93年にL.A.ReidBabyfaceDaryl Simmonsの強力トリオの下、ラフェイスからデビューし、グラミー賞で最優秀新人賞という成功を収める。もちろんBestは出てるけど、5597までは1st2ndに全部収録されている(559855993rdで揃うが)。

 

05587 Love Shoulda Brought You Home (ラヴ・シュッダ・ブロウト・ユー・ホーム) 93年33位

 デビューシングル。ただし、この曲の前にBabyfaceの「Give U My Heart」でデュエットしていて、そっちが実質デビューかな。その2曲はEddie Murphy主演の映画『Boomerang』より。558755921stアルバム「Toni Braxton」からだが、ジャケットのベリーショートが印象的。

 

05588 Another Sad Love Song (アナザー・サッド・ラヴ・ソング) 93年7位

 彼女といえば、まずはこの曲の印象かなあ。サビがキャッチーなのが強い。グラミー賞R&B女性ボーカル受賞。ゴールドディスク。

https://www.youtube.com/watch?v=ivRAaqECo_A

 

05589 Breathe Again (熱い吐息) 93年3位

 この曲も印象的だな。グラミー賞R&B女性ボーカル受賞。ゴールドディスク。

 

05590 You Mean The World To Me (あなたがすべて) 94年7位

 どの曲もいい曲だ。って、ひどく手抜きのコメントのようですが、どれも安心のBabyface印のバラードってことなんで。これもゴールドディスク。

 

05591 I Belong To You (アイ・ビロング・トゥ・ユー) 94年28位

 初めてのダンスチューン。こういうのも演ってくれた方がアクセントになっていいね。

 

05592 How Many Ways (ハウ・メニ・ウェイズ) 94年35位

 5591B面。って、当時はまだそういう表現あったよね? 1stからのシングルの中ではキャッチーさが今ひとつ。

 

05593 You’re Makin’Me High (ユア・メイキン・ミー・ハイ) 96年1位

 2ndアルバム「Secrets」から1曲目がNo.1に。アルバムジャケットでは完全イメチェン、MVはまた全然別の雰囲気。ヒップホップテイストのミッドテンポでなかなかセクシー。グラミー賞R&B女性ボーカル受賞。R&BチャートでもNo.1、プラチナムディスク。

https://www.youtube.com/watch?v=wIgOL21S98o

 

05594 Let It Flow (レット・イット・フロウ) 96年1位

 5593B面、というか両A面かな。元々はWhitneyの映画『Waiting To Exhale』より。MVは撮影時期のせいか、ベリーショートだ。安心のBabyface印で、むしろ1stの線かな。Babyfaceはあまりに予定調和というか、やや苦手な方なのだが、Toni Braxtonの場合はどの曲も完成度高いんで、好きです。

 

05595 Un-Break My Heart (アンブレイク・マイ・ハート) 96年1位

 111位って、そんなにヒットしたっけ? Diane WarrenDavid Fosterという私の苦手コンビ(そんなことばかり言ってるな)による曲なのだが、いい曲です。この人の声が好きなのかなあ。でも、いかにも売れるでしょ感が…。グラミー賞ポップ女性ボーカル受賞。アダルトコンテンポラリーチャートでも14No.1、プラチナムディスク。

 

05596 I Don’t Want To (アイ・ドント・ウォント・トゥ) 97年19位

 次はR. Kelly作、プロデュースだけど、安定路線。MVのたびにヘアスタイルが変わるなあ。ゴールドディスク。

 

05597 I Love Me Some Him (アイ・ラヴ・ミー・サム・ヒム) 97年19位

 5597B面。これはちょっとキャッチーさが落ちるかな。

 

05598 He Wasn’t Man Enough (ヒー・ワズント・マン・イナフ) 00年2位

 559855993rdアルバム「Heat」より。変なアニメで始まるMV。ちょっと印象的なサビのダンスチューンだなと思ったら、Rodney Jerkinsであったか。それにしても毎回イメージの変わる人だなあ。グラミー賞R&B女性ボーカル受賞。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

 

05599 Just Be A Man About It (ジャスト・ビー・ア・マン・アバウト・イット) 00年32位

 最後のTop40ヒット。これもキャッチーさはイマイチ。バッキングボーカルというか、電話している人はDr.DreR&BチャートNo.1

« B2K (B2K) | トップページ | Brown, Foxy (フォクシー・ブラウン) »

音楽 90年代 Braxton, Toni」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« B2K (B2K) | トップページ | Brown, Foxy (フォクシー・ブラウン) »

無料ブログはココログ
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック