« Bradley, Jan (ジャン・ブラッドリー) | トップページ | Bram Tchaikovsky (ブラム・チャイコフスキー) »

2020年9月 3日 (木)

Brooklyn Bridge (ブルックリン・ブリッジ)

 Johnny Maestroがリードボーカルを務めるニューヨーク出身の11人組!ポップグループ。人数が多いのは、4人組コーラスグループ+7人のブラスを含むバンドってことね(実際、2つが一緒になった)。Maestroは元Crestsのリードシンガー。イタリア系が好きな山下達郎が推しているらしい。

 

05501 Worst That Could Happen (恋のハプニング) 69年3位

 Jimmy Webb作、オリジナルは5th DimensionJohnny Maestroの熱唱が聴けるが、メロディのキャッチーさが今ひとつ不満。ところで、直訳すると最悪の出来事だろうに、この邦題は何だろう? ゴールドディスク。

https://www.youtube.com/watch?v=kRDRX4Gyq6I

« Bradley, Jan (ジャン・ブラッドリー) | トップページ | Bram Tchaikovsky (ブラム・チャイコフスキー) »

音楽 60年代 B」カテゴリの記事

コメント

久々に、知っているこの曲のタイトルで思い出しました。日本のフォーク・グループ「ガロ」にとって、「Worst that could happen]」は「学生街の喫茶店」の大ヒットであり、「Best that could happen」も「学生街の喫茶店」の大ヒット、ですね。

ガロが「学生街の喫茶店」をヒットさせていなかったら、どうなっていたのでしょうね? ガロも残っているのはボーカルだけですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bradley, Jan (ジャン・ブラッドリー) | トップページ | Bram Tchaikovsky (ブラム・チャイコフスキー) »

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のトラックバック