« Vengaboys (ベンガボーイズ) | トップページ | Crow, Sheryl (シェリル・クロウ) »

2020年6月20日 (土)

Warnes, Jennifer (ジェニファー・ウォーンズ)

 47年にシアトルで生まれ、カリフォルニアで育った女性シンガー。「愛と青春の旅だち」「タイム・オブ・マイ・ライフ(ダーティ・ダンシング)」という映画の主題歌を、男性歌手とデュエットしていずれもNo.1にしている(それぞれの男性歌手の項で紹介)。

 ロックミュージカルの『ヘアー』に出てたり(Jenniferの名前でEasy To Be Hardのシングルを出している)、Leonard Cohenとツアーをしたり、John Caleのプロデュースでアルバムを出したり、結構色々なキャリアがあった人みたいだ。私が知っているのは、もちろん77年以降。79年の映画『ノーマ・レイ』の主題歌「流れのままに(It Goes Like It Goes)」はアカデミー歌曲賞を受賞している。

 

05264 Right Time Of The Night (星影の散歩道) 77年6位

 「Do You Wanna Make Love」のピーター・マッキャンが書いた曲。こっちも彼らしい(?)セクシャルな歌詞。歌声はLinda Ronstadtだね。AOR前夜の音って感じがした。シングルのジャケットの彼女の写真が印象に残っている。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1

https://www.youtube.com/watch?v=28dnOMphz30

 

05265 I Know A Heartache When I See One (アイ・ノウ・ア・ハートエイク) 79年19位

 この曲もちゃんと覚えてた。地味だけど、サビが割と立ってるからだろう。

« Vengaboys (ベンガボーイズ) | トップページ | Crow, Sheryl (シェリル・クロウ) »

音楽 70年代 W」カテゴリの記事

コメント

カントリーテイストの漂ういかにもアメリカンな歌声で、全く守備範囲外だったけど、確かにLinda Ronstadtですね。
今になってレーベルがAristaだったことを知って意外に感じた。
当時のAristaはBarry Manilow、Melissa Manchester、
Eric Carmen、……ってイメージだったんだが、なるほど、その後はAORどっぷりになるのか。

◼︎I Know A Heartache When I See One
タイトルは覚えてなかったけど、そう言えばこの曲はまあまあ聴けたのだった。
ポップ寄りで盛り上がるタイプじゃなくてカントリーっぽくあっさりまとまっているところが許せる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Vengaboys (ベンガボーイズ) | トップページ | Crow, Sheryl (シェリル・クロウ) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック