« Stewart, Billy (ビリー・スチュワート) | トップページ | 12 Gauge (12ゲージ) »

2020年6月14日 (日)

Hollies, The (ホリーズ)

 ホリーズと言えば「バス・ストップ」というのが、世の中の定評のような気がするが、私にとっては3大名曲を持つ永遠の存在。3位「喪服の女」、2位「安らぎの世界へ」、1位「兄弟の誓い」。

 ブリティッシュ・インヴェイジョンの立役者の一つで、幼馴染のAlan ClarkeGraham Nashを中心にマンチェスターで結成の5人組。マンチェスターというと、Hermans HermitsとかFreddie & The Dreamersとかコミカルなグループの印象があるが、HolliesR&Bがベースで、コーラスワークが美しく、ちょっと傾向が異なる。Nash68年にCSNを結成するため脱退。525152565258以外は「The Hollies. 20 Golden Greats.」に収録。

 

05247 Look Through Any Window (恋は窓から) 66年32位

 本国では63年からヒットを飛ばしていたのに、これが初のTop40ヒットと他のグループと比べても出遅れた? 逆に息も長かったわけだが。彼等らしいコーラスを聴かせてくれる。邦題がカワイイ。英国では4位。

 この次に出た「I Cant Let Go」はスリル満点のコーラスが絶品なのだが、42位止まり(英国では2位)。Doris Troyがオリジナルの「Just One Look」も名曲なのに44位止まりだ(これも英国2位)。

 

05248 Bus Stop (バス・ストップ) 66年5位

 バス停で生まれた恋の歌。日本人ウケしそうなメロディだよね。10ccGraham Gouldman作(5247も共作)。英国でも5位。

 

05249 Stop Stop Stop (ストップ・ストップ・ストップ) 66年7位

 ギターのTony Hicksのバンジョーがフィーチャされた不思議なポップソング。英国では2位。

 

05250 On A Carousel (恋のカルーセル) 67年11位

 5249とかこの曲の音はサイケの影響なのだろうか? 相変わらずコーラスがいい。英国では4位。

 

05251 Pay You Back With Interest (ペイ・ユー・バック・ウィズ・インテレスト) 67年28位

 珍しくピアノがメインにフィーチャーされた変拍子。ただのポップスでは許されない?という時代を感じる。米国のみのシングルカット。

 

05252 Carrie-Anne (キャリー・アン) 67年9位

 サビは意外な展開。英国では3位。

 

05253 Jennifer Eccles (ジェニファー・エクルズ) 68年40位

 Hermans Hermitsみたいな、彼らにしては甘〜いポップス。口笛がアクセント。英国では7位。

 

05254  He Ain’t Heavy, He’s My Brother (兄弟の誓い) 70年7位

 私史上ベストチューンの1曲。ハーモニカで始まる荘厳なバラード。昔から神様のことを歌っていると思い込んでいたのだが、そういうわけではないみたい。まだ無名だったElton Johnがピアノを弾いている。‎Bob Russell‎と‎Bobby Scottの曲。Neil DiamondOlivia Newton-Johnでもヒットしている。

https://www.youtube.com/watch?v=Jl5vi9ir49g

 

05255 Long Cool Woman (In A Black Dress) (喪服の女) 72年2位

 よくFEN(当時)でかかっていて、まさかHolliesの曲だとは思わなかった。小気味いいギターのカッティングが好き。プラチナムディスク。

 

05256 Long Dark Road (ロング・ダーク・ロード) 72年26位

 ヒット曲を順番に聴いていると、いろいろなタイプの曲があって、Holliesって何だ?って思ってしまう。コーラスの良さは共通しているんだろうが。

 

05257 The Air That I Breathe (安らぎの世界へ) 74年6位

 5254と並ぶ名曲。Albert Hammondの曲なんだけれど、本人ではヒットせず。Simply Redがカヴァーしてた。ゴールドディスク。

https://www.youtube.com/watch?v=70rm31ClOiE

 

05258 Stop In The Name Of Love (ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ) 83年29位

 この曲が最後のTop40ヒットなんだが、全然記憶にない。この時期にGraham Nashが加わって再結成?したらしい。オリジナルはもちろんSupremes。これはいただけない。

« Stewart, Billy (ビリー・スチュワート) | トップページ | 12 Gauge (12ゲージ) »

音楽 60年代 Hollies, The」カテゴリの記事

コメント

Hollies で好きなのは「Yes,I Will」です。Monkees もカバーしている。♪I'll be true to you,Yes I Will~ 。高校で寮に入っていたときMonkeesファンが聴いていたので、かなり長い間、Monkeesの曲だと思ってました。こんな良い曲なのに、Monkeesのベスト盤には必ず入ってるわけじゃないのは何でだろ、と。カバーでも良い曲は入れればいいのに。作詞 Gerry Goffin 作曲 Russ Titleman 。Cerole King とでなくても名曲を作れる底力!ということで、またまたGerry Goffin の天才性を礼賛する投稿になりました。

K-HIRAJOさん、「Yes I Will」は私の持ってるベスト盤にも入っているのですが、アメリカではヒットしていないんですよね(シングルカットされていないかも)。英国では9位です。Carole KingなしのGerry Goffinの曲っていうのも結構ありますよね。私が好きなのは、Gladys Knight & The Pipsの「イマジネーション」とか(近々紹介する予定)。

お帰りなさいというか、再開おめでとうございます。又楽しみに拝見させていただきます。これとかハーマンズ・ハーミッツ懐かしいです、LPで持ってますがやはりホリーズといえば「バス・ストップ」しか思い浮かびませんね。

カントリーボーイさん、お久しぶりです。7年ぶりの再開です。ホリーズは「バス・ストップ」以外にもいい曲沢山ありますよ。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Stewart, Billy (ビリー・スチュワート) | トップページ | 12 Gauge (12ゲージ) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック