« Smith, Somethin’, & The Redheads (サムシン・スミス&ザ・レッドヘッズ) | トップページ | Soul, Jimmy (ジミー・ソウル) »

2013年6月26日 (水)

Smith, Whistling Jack (口笛ジャック)

 文化放送で夜の3時からやっている番組が「走れ!歌謡曲」。68年に放送開始して今年で何と45周年だそうだけれど、そのテーマ曲が今日紹介する「口笛天国」。10代の頃は深夜放送大好き少年だったけれど、さすがにこの番組はあまり聴いたことはないな。
 Whistling Jack Smith(口笛吹きのジャック・スミス)は実在せず、レコーディングはスタジオ・ミュージシャンであるMike Sammes Singersによって行われ、その後ツアーのために46年リバプール生まれのBilly Moellerが雇われたというパターン。彼はUnit Four Plus TwoのキーボーディストTommy Moellerの兄弟のようだ。戦前にWhispering Jack Smithというシンガーがいたが、全く別人。

 

04926 I Was Kaiser Bill’s Batman (口笛天国) 67年20位  全編口笛のインストルメンタル・ナンバー(最後の方でオイ!という掛け声が入るけど)。上にも書いたように長年ラジオで使われているし、聴いたことのある人が多いだろう。作ったのはDavid & Jonathanとしても知られるRoger GreenawayとRoger Cookのコンビ。Fortunesの「雨のフィーリング」とかNew Seekersの「愛するハーモニー」とかHolliesの「喪服の女」とか、名曲を沢山作った人達。タイトルは、「私はドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の身の回りの世話をする兵士」という意味。英国では5位。

 

« Smith, Somethin’, & The Redheads (サムシン・スミス&ザ・レッドヘッズ) | トップページ | Soul, Jimmy (ジミー・ソウル) »

音楽 60年代 S」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのオールディーズですね。これを聴いてウイッシュフル・シンキングの「ピーナッツ」を思い出しました。何の関連性もないんですけど。

コメント、ありがとうございます。
ウィッシュフルシンキングの「ピーナッツ」って、聴いたことなかったのですが、YouTubeで聴いてみたら、確かに「口笛天国」に似たところがありますね。
で、これはFour Seasonsが歌ってた曲ですね。
オリジナルはLittle Joe & The Thrillersのドゥーワップで、このブログで以前紹介しています。
ところで、お名前は?

失礼しました。ペンネームが抜けてましたね。

COUNTRY BOYさん、お久しぶりです。
実は今年に入ってから皆さんに頂いたコメントを誤って消してしまいました。
COUNRY BOYさんからのコメントも含まれていたと思います。
申し訳ありませんでした。
これからもよろしくお願いします。

ラジオではビデオの34秒からスタートして、
オイの掛け声で切っていますね。

裏番組の歌うヘッドライトの交通情報のBGMで
タイトルからして、この曲のバッタものみたいな、
希望の口笛(サージェント・クラッカー・バンド)を
使いだして、呆れたのを思い出した。

さすがラジオの話は詳しいですね。
日野の「走れ歌謡曲」が成功したので、いすずが「歌うヘッドライト」で真似るのはいいけれど、テーマ曲の口笛まで真似る必要はないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Smith, Whistling Jack (口笛ジャック):

« Smith, Somethin’, & The Redheads (サムシン・スミス&ザ・レッドヘッズ) | トップページ | Soul, Jimmy (ジミー・ソウル) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック