« Smith, Frankie (フランキー・スミス) | トップページ | Seven Mary Three (セブン・マリー・スリー) »

2013年6月 9日 (日)

Johnny And The Hurricanes (ジョニーとハリケーンズ)

 57年にオハイオで、サックスのJohnny “Paris” Pociskをリーダーに結成されたロックンロール・インストルメンタル・バンド。メンバーは5人で、残りはオルガン、ギター、ベース、ドラムス。曲目の説明でもわかるように、昔の曲をロックンロールのインストにするというパターンの人達。

04880 Crossfire (クロスファイア) 59年23位
 デビューシングル。前半はサックス、途中からエレキギターが絡んできてなかなかカッコいいロックンロールのインスト・ナンバー。後のサーフ・インストにつながっていくものも感じるなあ。

04881 Red River Rock (レッド・リヴァー・ロック) 59年5位
 トラディショナルなフォーク・ソング「Red River Valley」のロック・ヴァージョン。オルガンがメインで、ここにサックス、エレキギターが絡む。曲が有名なせいか、オルガンの音色のせいか、何かBGM的にも聴こえる。英国では3位。

04882 Reveille Rock (レヴェリー・ロック) 59年25位
 Reveilleというのはフランス語でwake upという意味で、陸軍の起床ラッパのことらしい。それのロック・ヴァージョン。4881と同じパターン。

04883 Beatnik Fly (ビートニク・フライ) 60年15位
 19世紀のミンストレルショー(顔を黒く塗った白人によるショー)が発祥で、子供の歌である「Blue Tail Fly」のロック・ヴァージョン。他には「聖者の行進」とかも演ってるらしいが、基本どれも同じパターンだ。結構ガレージっぽさ、パンクっぽさも感じる。

« Smith, Frankie (フランキー・スミス) | トップページ | Seven Mary Three (セブン・マリー・スリー) »

音楽 50年代 J」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519177/57506835

この記事へのトラックバック一覧です: Johnny And The Hurricanes (ジョニーとハリケーンズ) :

« Smith, Frankie (フランキー・スミス) | トップページ | Seven Mary Three (セブン・マリー・スリー) »

無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック