« Soul Survivors (ソウル・サヴァイヴァーズ) | トップページ | Roxette (ロクセット) »

2013年6月29日 (土)

Faithfull, Marianne (マリアンヌ・フェイスフル)

 貴族の血を引くお嬢様でありながら、Mick Jaggerの恋人で、アラン・ドロンと共演した「あの胸にもう一度」では全裸に革のライダースーツでバイクに乗り、麻薬漬けでホームレス寸前に転落し、酒とタバコでハスキーに声変わりし、それでもちゃんと現役の愛すべき女性シンガー。もはや60年代の可憐なイメージはどこにもないけれど、Marianne Faithfullは永遠だ。Top40ヒットを紹介するこのブログとは関係ないが、Nico(チェルシー・ガール!)と並んで好きなシンガーです。46年ロンドン生まれ。
 「The Very Best Of Marianne Faithfull」に全曲収録。

04931 As Tears Go By (涙あふれて) 64年22位
 ♩It is the evening of the day. I sit and watch the children play.♩ 子供にもわかりやすい詞だった愛すべき小品。彼女はRolling StonesのマネジャーAndrew Oldhamに見出された訳だが、デビュー曲はMickとKeith作。後にStones自身もヒットさせている。英国では9位。

04932 Come And Stay With Me (カム・アンド・ステイ・ウィズ・ミー) 65年26位
 Jackie DeShannon作。英国では4位ということで、彼女最大のヒット。世界は大好きなんだが、メロディがイマイチキャッチーじゃないのが…。

04933 This Little Bird (かわいい小鳥) 65年32位
 ちょっと暗めのフォーク調で、彼女にぴったし。John D. Loudermilkの作品。英国では6位。

04934 Summer Nights (サマー・ナイツ) 65年24位
 ちょっと東欧っぽい?マイナー調は私の好み。英国では10位。

« Soul Survivors (ソウル・サヴァイヴァーズ) | トップページ | Roxette (ロクセット) »

音楽 60年代 F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519177/57637713

この記事へのトラックバック一覧です: Faithfull, Marianne (マリアンヌ・フェイスフル) :

« Soul Survivors (ソウル・サヴァイヴァーズ) | トップページ | Roxette (ロクセット) »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック