« Sixpence None The Richer (シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー) | トップページ | Edmonds, Kevon (ケヴォン・エドモンズ) »

2013年6月16日 (日)

After 7 (アフター7)

 Babyfaceの兄弟であるKevon & MelvinのEdmonds兄弟とL.A. Reidの従兄弟にあたる(と言われてきたが、作り話だったらしい)Keith MitchellによるR&Bボーカル・トリオ。インディアナポリスで87年に結成。90年代の男性R&Bボーカルはよく聴いたけれど(女性はもっと)、何故かこのグループはあまり聴いた覚えがないなあ。プロデュースはそのL.A. Reid とBabyface。
 全曲「The Best Of After 7」に収録。

04891 Ready Or Not (レディ・オア・ノット) 90年7位
 当時の売れ線のR&Bバラード。安心して聴ける王道路線かな。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

04892 Can’t Stop (キャント・ストップ) 90年6位
 リズムをちょっと強調したミッドテンポだけど、これもフツーにいいなあ。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

04893 Heat Of The Moment (ヒート・オブ・ザ・モーメント) 91年19位
 4891から4893はデビュー・アルバム「After 7」から。次はニュージャックスウィング。クセはないけれど、何を演らせてもウェルメイドだ。89年に74位まで行った曲の再発。

04894 Nights Like This (ナイツ・ライク・ディス) 91年24位
 映画「The Five Heartbeats」より。ちょっと懐かしい感じもする陽気なミディアム。

04895 ‘Til You Do Me Right (ドゥ・ミー・ライト) 95年31位
 相変わらず安心して聴けるコーラスだけど、メロディはデビュー盤の3曲の方が好きだな。Kevonは99年にソロ・デビュー。

« Sixpence None The Richer (シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー) | トップページ | Edmonds, Kevon (ケヴォン・エドモンズ) »

音楽 90年代 After 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519177/57546091

この記事へのトラックバック一覧です: After 7 (アフター7) :

« Sixpence None The Richer (シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー) | トップページ | Edmonds, Kevon (ケヴォン・エドモンズ) »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック