« Soul For Real (ソウル・フォー・リアル) | トップページ | Adams, Bryan (ブライアン・アダムス) 2/2(1991-1996) »

2013年6月22日 (土)

Adams, Bryan (ブライアン・アダムス) 1/2(1983-1987)

 80年代、90年代を代表するスターの1人だけれど、昔からどうも苦手なんである。あまりにもクセがないというか、爽やかすぎるからなんだろうか?
 59年カナダのオンタリオ州生まれ。曲のほとんどはJim Vallanceと一緒に書いている。久々に2日に分けての紹介。それにしては解説がほとんどなしだが。
 4913を除いては、2枚組の「Anthology」に収録。

04902 Straight From The Heart (フロム・ザ・ハート) 83年10位
 3rd アルバムから初のヒットは無色透明なバラード。後期の大仰さに比べれば、ずっといいけれどね。

04903 Cuts Like A Knife (カッツ・ライク・ア・ナイフ) 83年15位
 3rd アルバムのタイトル・チューン。John Cougar Mellencampを脱色した感じかな。

04904 This Time (ディス・タイム) 83年24位
 これも3rd アルバムから。申し訳ないが、どれも同じに聴こえるなあ。

04905 Run To You (ラン・トゥ・ユー) 84年6位
 次のアルバム「Reckless」は500万枚以上売れてチャートのNo.1に、ここからカットされた6枚のシングル(4905〜4910)は全てTop15入りというものすごい売れっ子ぶり。そんなに売れてたっけ? この曲はちょっと哀愁入ったギター・ロックという好みのジャンルのはずなんだが、暗さが足りなくてやっぱりしっくり来ない。メインストリーム・ロック・チャートNo.1。

04906 Somebody (サムバディ) 85年11位
 どれも同じだけれど、よくできてるなあとは思う。ギターのリズムが心地いい。メインストリーム・ロック・チャートNo.1。

04907 Heaven (ヘヴン) 85年1位
 This is パワー・バラード。WikiにはJourneyの「Faithfully」にとても影響されていると書いてあった。83年の映画「A Night In Heaven」(映画は失敗に終わった)のために書かれたけれど、2年後にアルバムに収録され、初のNo.1となる。

04908 Summer Of ‘69 (想い出のサマー) 85年5位
 Bryan Adamsにしてはアップテンポでハード。10歳でギターを弾き始めた頃のことを歌っているらしい。

04909 One Night Love Affair (ワン・ナイト・ラヴ・アフェアー) 85年13位
 これも4908と同路線。あまり面白いとは思えない。

04910 It’s Only Love (イッツ・オンリー・ラヴ) 85年15位
 当時随分売れてたTina Turnerとのデュエット。にしては、Tinaが今ひとつ目立ってないなあ。クレジットはBryan Adams/Tina Turner。

04911 Heat Of The Night (ヒート・オブ・ザ・ナイト) 87年6位
 4911〜4913はアルバム「Into The Fire」より。一瞬のサビに尽きる。Bryan Adamsというと何故かDon Henleyを思い出す。その時にも書いたけれど、80年代のアメリカのロックって、皆AORロック(Rとロックがダブってて変な表現だが)って印象。いわばその代表格だな。

04912 Hearts On Fire (ハーツ・オン・ファイヤー) 87年26位
 ホント無色透明って感じ。

04913 Victim Of Love (ヴィクティム・オブ・ラヴ) 87年32位
 ちょっと地味なのが、チャートの成績低迷の原因か。人気にやや陰りと思っていたら、とんでもなかった。明日は90年代のヒット曲の紹介。

« Soul For Real (ソウル・フォー・リアル) | トップページ | Adams, Bryan (ブライアン・アダムス) 2/2(1991-1996) »

音楽 80年代 Adams, Bryan」カテゴリの記事

コメント

04905 Run To You (ラン・トゥ・ユー)
ビデオでよく見た。1位になったと錯覚するくらい、よくかかっていた。
04908 Summer Of ‘69 (想い出のサマー)
これも良く見たな~と思ってYOUTUBEみたら、
この曲じゃあない。
Don HenleyのThe Boys Of Summerと間違えていた。

それから、ちょいと前のYahooの見出しに
ブライアンズタイム死亡 ってあったのを
ブライアンアダムス死亡 と見間違え吃驚した。

masa itohさん、お久しぶりです。
私も「Summer Of '69」と「The Boys Of Summer」がごっちゃになります。
でも、この曲は違いますが、Bryan AdamsとDon Henleyは結構似てるんですよね。
ブライアンズタイムは確かに似ている!

あと、皆さんに謝っているのですが、今年に入ってからのコメントを間違って消してしまいました。
申し訳ありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adams, Bryan (ブライアン・アダムス) 1/2(1983-1987):

« Soul For Real (ソウル・フォー・リアル) | トップページ | Adams, Bryan (ブライアン・アダムス) 2/2(1991-1996) »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック