« Sapphires, The (サファイアーズ) | トップページ | Sea, Johnny (ジョニー・シー) »

2013年5月 6日 (月)

KC And The Sunshine Band (K.C.&サンシャイン・バンド)

 「Get Down Tonight」のイントロを初めて聴いたとき、何か昇り竜のような印象を受けた覚えがある。チャートもものすごい勢いで駆け上っていったし。まさか5曲のNo.1を出すとは思わなかったけれど。
 キーボーディストでボーカルのHarry Wayne “KC” CaseyとベースのRichard Finch率いる9人組ディスコ・バンド。73年フロリダ州で結成。マイアミのTKレーベルからヒットを連発、70年代後半は無敵の勢いだった。曲はCasey/Finchが書いている。みんな同じと言えば同じだけれど、今聴いてみると、独自のスタイルを持っていたという意味ではスゴいと思う。
 4803以外はRhinoの「The Best Of KC & The Sunshine Band」に収録。

04796 Get Down Tonight (ゲット・ダウン・トゥナイト) 75年1位
 上にも書いた通り、この曲には鮮烈な印象がある。今でも一番好きかな。アメリカでは初ヒットだけれど、Casey/Finchは74年のGeorge McCraeのNo.1ヒット「Rock Your Baby」の作者であり、英国では既に「Queen Of Clubs」(ボーカルはクレジットされていないが、George McCrae)、「Sound Your Funky Horn」(日本でも売れた)がヒットしていた。R&BチャートNo.1。

04797 That’s The Way (I Like It) (ザッツ・ザ・ウェイ) 75年1位
 ♩ザッツ・ザ・ウェイ、アハ、アハ♩は子供も知っていた。イントロの女声コーラスとアハ、アハに尽きる。5週でNo.1に、4週間後に返り咲く。その間3週間No.1だったのが、「Fly Robin Fly」。そんなディスコ全盛の時代だった。R&BチャートNo.1。

04798 (Shake, Shake, Shake) Shake Your Booty (シェイク・ユア・ブーティー) 76年1位
 何を出してもNo.1。4回同じ言葉を繰り返したNo.1ヒットは他にないらしい(どうでもいい話だが。ちなみに3回は「Turn !Turn! Turn!」とか「Say Say Say」とかがある)。この曲の前のNo.1は「You Should Be Dancing」で、次が「Play That Funky Music」。R&BチャートNo.1。

04799 I Like To Do It (アイ・ライク・トゥ・ドゥ・イット) 77年37位
 珍しく不発。他の曲と同じっちゃ、同じなのにね。

04800 I’m Your Boogie Man (ブギー・マン) 77年1位
 4曲目のNo.1。最初の♩1,2,3,4♩の掛け声に尽きる、と私は思っている。

04801 Keep It Comin’ Love (愛はノン・ストップ) 77年2位
 惜しくもNo.1になれず、3週連続No.2。相変わらずの軽快な能天気ディスコでいい曲だけどね。1位を阻んだのは、「Star Wars Theme」と「You Light Up My Life」。R&BチャートではNo.1。

04802 Boogie Shoes (ブギー・シューズ) 78年35位
 元々は4798のB面として発売、「Saturday Night Fever」のサントラに使われて再リリースされた。軽快さに欠けるんで、あまり好きではない。こちらのB面はGeorge McCraeでヒットした私が好きな「I Get Lifted」。

04803 It’s The Same Old Song (セイム・オールド・ソング) 78年35位
 初めてのカヴァー。もちろんオリジナルはFour Tops。割とオリジナルに忠実なカヴァー。

04804 Please Don’t Go (プリーズ・ドント・ゴー) 79年1位
 5曲目のNo.1はバラード。ついにバラードに手を出してしまったかという思いはあったが、一時の勢いがなくなっていたし、ひたすら同じようなダンス物を出し続けていたことへの飽きもあったろうし、仕方ないのかな。92年にK.W.S.がカヴァーしてヒットさせている。
 この次にTeri DeSarioとK.C.のデュエット「Yes, I’m Ready」があるが、それは彼女の項で。

04805 Give It Up (ギヴ・イット・アップ) 84年18位
 TKレーベルが倒産したり、KCが交通事故で重傷を負ったり、いろいろあったわけだが、4年ぶりのTop40ヒット。クレジットは単にKCとなっているが、多分Sunshine Bandの曲だと思う。フツーのディスコ・ソングって感じで、KCならではが感じられない。それでも、何故か英国では唯一のNo.1ヒットになった。

« Sapphires, The (サファイアーズ) | トップページ | Sea, Johnny (ジョニー・シー) »

音楽 70年代 KC And The Sunshine Band」カテゴリの記事

コメント

ご多分に漏れず?That’s The Way とFly Robin Flyは渡しの中ではセットです アハアハ&おっぽっとぅじーすか~い♪ (今 検索したら Up, up to the sky なんですね(^^;  Keep It Comin’ Love おっしゃる通り能天気で一番好きです 

渡し じゃなくて 私 です もちろん ハイ(^^;

私が一番好きなのは、上にも書きましたが、Get Down Tonightです!

あれ?
私のコメントは消えちゃっていたか!?

>「Get Down Tonight」のイントロを初めて聴いたとき、何か昇り竜のような印象を受けた覚えがある。
↑に「うんうん、わかるわかる」と思った話とか。

『(Shake, Shake, Shake) Shake Your Booty』と『I'm Your Boogie Man』のイントロは相互に入れ替え可能だとか。

私は今触れた『Get Down Tonight』と
『(Shake, Shake, Shake) Shake Your Booty』と『I'm Your Boogie Man』が特に好きだけど、思わずシングルレコードを買ってしまった『Get Down Tonight』が一番思い入れがあるかなぁ。

かてぶしさん、すみません。13年の前半のコメントは100件くらい誤って消してしまったのです。「Shake Your Booty」と「I'm Your Boogie Man」のイントロは話は覚えてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KC And The Sunshine Band (K.C.&サンシャイン・バンド):

« Sapphires, The (サファイアーズ) | トップページ | Sea, Johnny (ジョニー・シー) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック