« Robic, Ivo (イボ・ロビック) | トップページ | Robinson, Floyd (フロイド・ロビンソン) »

2013年4月 1日 (月)

Washington, Dinah (ダイナ・ワシントン)

 ジャズのことはちっとも詳しくないが、女性ジャズボーカルは結構好き。Dinah Washingtonはジャズ・ブルース・シンガーとして最も有名だった人。24年アラバマ州生まれ、27年にシカゴに移る。43年に初レコーディング、40年代後半から50年代前半にかけてR&B チャートで30曲のTop10ヒットがあり、「ブルースの女王」「ジュークボックスの女王」と呼ばれる。7回結婚。63年39歳の若さでアルコールと睡眠薬の過剰摂取のため死去。93年にロックンロールへの初期の影響を讃えられてロックの殿堂入り。
 4718以外は「The Best Of Dinah Washington」(Black Coffee Records)に収録。

04711 What A Diff’rence A Day Makes (縁は異なもの) 59年8位
 この曲を初めて聴いたのはEsther Phillipsのディスコ・ヴァージョン(「Misty」をRay Stevensで初めて聴いたのに匹敵するとんでもなさ!)。オリジナルは34年のDorsey Brothersの5位まで行ったラテンのボレロだが、Dinah Washingtonのポップス界での初の大ヒットである。マイ・フェイバリット。グラミー賞最優秀R&Bレコード受賞。

04712 Unforgettable (アンフォゲッタブル) 59年17位
 Natalie Coleが父親のNat King Coleと死後に共演して話題になった曲だが、元はNat King Coleが52年にヒットさせた曲。これもいいね。ホント歌がうまい。

04713 Baby (You’ve Got What It Takes) (ベイビー・ユーヴ・ゴット・ホワット・イット・テイクス) 60年5位
 この曲と4714は、Brook Bentonとのデュエット。クレジットはいずれもDinah Washington & Brook Benton。一転ミッドテンポの軽快な曲だが、粋だねえ。R&Bチャート10週No.1、ゴールドディスク。

04714 A Rockin’ Good Way (To Mess Around And Fall In Love) (ロッキン・グッド・ウェイ) 60年7位
 4713に続いてこれもステキ。Shakin’ StevensとBonnie Tylerのデュエットでこの曲を知ったのだけれど、最高のロックンロールだ。58年にSpanielsが最初にレコーディングした曲。R&BチャートNo.1。

04715 This Bitter Earth (ジス・ビター・アース) 60年24位
 再び、「縁は異なもの」路線へ。安心して聴ける。R&BチャートNo.1。

04716 Love Walked In (ラヴ・ウォークト・イン) 60年30位
 38年Sammy Kaye’s OrchestraのNo.1ヒット。ちょっとラテン風味。

04717 September In The Rain (セプテンバー・イン・ザ・レイン/九月の雨) 61年23位
 37年Guy LombardoのNo.1ヒットで、スタンダード・ナンバー。Beatlesがオーディションで歌ったんだよね。

04718 Where Are You (ホエア・アー・ユー) 62年36位
 37年Mildred Baileyで5位まで行った曲。この曲だけマーキュリーではなく、ルーレットに移籍してからのTop40ヒット。

« Robic, Ivo (イボ・ロビック) | トップページ | Robinson, Floyd (フロイド・ロビンソン) »

音楽 50年代 Washington, Dinah」カテゴリの記事

コメント

SAKURAM様
早速の返信ありがとう。
私もジャズボーカルは好きですが黒人の女性歌手ではEthel Ennis(エセル・エニス)が好きで、エラフィツとかダイナ・ワシントンはあまり聴きませんね。私はやはりクレオ・レーンとかトランペットボイスと謂われたジョー・スタッフォードが好みですね、男性ではビリー・エクスタインの「マイ・フーリシュ・ハート」かな、これはビッグヒットですが。先ほどのエセル・エニスですが「Little Girl Blue」というのをぜひ聴いてみてください。
 「縁は異なもの」ですが、元の題名は「Cuando vuelva a tu lado」でマリア・グレベールが1934年に発表した歌で「あなたのそばへ戻るとき」といいハビエル・クガート楽団が有名です、ペレス・プラードのところにもコメしましたがラテン音楽は大好きです。

ジャズボーカルをよく聴くわけではなく、あくまでもヒットチャートから知ったというところです。「What A Diff’rence A Day Makes」は発表された34年に英語の詞がつけられたのですね。Dorsey Brothersが最初にレコーディングしたわけではなく、最初にヒットさせたということみたいです(これも34年ですが)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Washington, Dinah (ダイナ・ワシントン):

« Robic, Ivo (イボ・ロビック) | トップページ | Robinson, Floyd (フロイド・ロビンソン) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック