« Ross, Jackie (ジャッキー・ロス) | トップページ | Reed, Lou (ルー・リード) »

2013年3月24日 (日)

ZZ Top (ZZトップ)

 長いあごひげとサングラスがトレードマーク。69年にテキサス州で結成以来、メンバーチェンジのないスリーピース・ロック・バンド。真正ブギー・バンド、ブルース・バンドという印象だったので、こんなにポップ・チャートで売れるようになるとは意外だった。メンバーはBilly Gibbons(ギター)、Dusty Hill(ベース)、Frank Beard(ドラムス)。Gibbonsが結成前はサイケデリック・ロック・グループにいたというのは驚き。90年には「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」に出演した(エンディングテーマも歌っている)。04年ロックの殿堂入り。
 2枚組の「The Very Best Of ZZ Top」に全曲収録。

04696 Tush (タッシュ) 75年20位
 This is ブギーって感じだね。実はこれが一番好き。片面がライヴだったアルバム「Fandango!」より。

04697 I Thank You (アイ・サンキュー) 80年34位
 5年ぶりのヒットはSam & Daveのカヴァー。相変わらずの泥臭い音を聴かせてくれる。

04698 Gimme All Your Lovin (ギミ・オール・ユア・ラヴィン) 83年37位
 大ヒットアルバム「Eliminator」より。随分売れ線っぽい音になった。

04699 Legs (レッグス) 84年8位
 4698と同じ「Eliminator」から。シンセをフィーチャーしてTop10入り。私は初期の方が好きかも。ギターのリフに尽きるかな。

04700 Sleeping Bag (スリーピング・バッグ) 85年8位
 4700〜4703は最大のヒットアルバム「Afterbuner」より。シンセ全開。メロディにEaglesというかDon Henleyとかを感じる。メインストリーム・ロック・チャートNo.1。

04701 Stages (ステージス) 86年21位
 長距離トラッカーに支持されたバンドだが、アメリカの広大なハイウェイとかにホント合いそうな音だよね。全然泥臭くなくなってるけど。これもメインストリーム・ロック・チャートNo.1。

04702 Rough Boy (ラフ・ボーイ) 86年22位
 珍しいバラードのヒット。ZZ Topでバラードを聴くことになるとは。

04703 Velcro Fly (ヴェルクロ・フライ) 86年35位
 最後のTop40ヒット。正直ただのシンセ・ポップだよね。80年代はこういうの多かった。ZZ Topである必然性なし。その後、90年に出た「Back To The Future Ⅲ」の「Doubleback」は50位どまり。

« Ross, Jackie (ジャッキー・ロス) | トップページ | Reed, Lou (ルー・リード) »

音楽 70年代 ZZ Top」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZZ Top (ZZトップ):

« Ross, Jackie (ジャッキー・ロス) | トップページ | Reed, Lou (ルー・リード) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック