« ZZ Top (ZZトップ) | トップページ | Rainbow (レインボー) »

2013年3月25日 (月)

Reed, Lou (ルー・リード)

 42年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。ヒットチャートとは何の関係もないけれど、Velvet Undergroundのボーカルでギタリスト。吉祥寺の酔舎のシャッターにも描かれているウォーホールのバナナのジャケット。それからソロとしては2枚目の「Transformer」。そこからカットされたのが「Walk On The Wild Side」。この辺はよく聴きました。後は「Berlin」とか「New York」とか。

04704 Walk On The Wild Side (ワイルド・サイドを歩け) 73年16位
 カッコよすぎ! しゃべるようなボーカルといい、ベースラインといい、女声コーラスといい、最後に突如現れるサックスといい。David BowieとMick Ronsonがプロデュースした屈指の名曲。ローリングストーン誌のベスト500では221位。

« ZZ Top (ZZトップ) | トップページ | Rainbow (レインボー) »

音楽 70年代 R」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Reed, Lou (ルー・リード):

« ZZ Top (ZZトップ) | トップページ | Rainbow (レインボー) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック