« Proby, P.J. (P.J.プロビー) | トップページ | Branigan, Laura (ローラ・ブラニガン) »

2013年2月23日 (土)

?(Question Mark) & The Mysterians (クェスチョン・マークとミステリアンズ)

 60年代には知られざるNo.1ヒットがいくつかあるけれど、「96 Tears」もその1つかな? 62年にミシガン州で結成の5人組ガレージ・ロック・バンド。全員がテキサス州出身のヒスパニック。昔からKingsmenとかと並んで結構好きなのだよ。「?」って言うくらいだから、リードボーカルはサングラスをかけた謎の人物で売ってたらしい。全然知らなかったのだが、グループ名は57年の日本映画「The Mysterians」(原題「地球防衛軍」、モゲラだよって言っても誰も知らないか!)から採ったそうだ。すげえ。

04639 96 Tears (96つぶの涙) 66年1位
 全編オルガンをフィーチャーしたガレージ・ロック。史上初のガレージ・ロックの、そしてラティーノ・ロックのNo.1ヒットとも言われる。上にも書いたKingsmenの「Louie Louie」と並んで、パンクの元祖みたいなもんだ。ローリングストーン誌のベスト500では210位という予想外の高位。ゴールドディスク。

04640 I Need Somebody (アイ・ニード・サムバディ) 66年22位
 一発屋だとばかり思ってたら、もう1曲ありました。もちろんオルガンをバックに語るようなボーカル・スタイルは不変。ひたすらオルガンのリフだけで聴かせる。途中でメリーさんの羊のメロディが出てくるところはいかにもだな。この曲のB面が「8 Teen」でAlice Cooperの「Eighteen」のオリジナル。クレジットは? & The Mysterians。

« Proby, P.J. (P.J.プロビー) | トップページ | Branigan, Laura (ローラ・ブラニガン) »

音楽 60年代 Q」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Proby, P.J. (P.J.プロビー) | トップページ | Branigan, Laura (ローラ・ブラニガン) »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック