« Ollie & Jerry (オリー・アンド・ジェリー) | トップページ | Opus (オパス) »

2013年1月13日 (日)

Wilson Phillips (ウィルソン・フィリップス)

 親の七光りと言われたもんだが、No.1ヒット3曲は大したもんだ。Beach BoysのBrian Wilsonの娘CarnieとWendy、Mamas & The PapasのJohn & Michelle Phillipsの娘Chynnaによる、グループ名はまんまのポップ・アダルト・コンテンポラリー・ボーカル・トリオ。89年ロサンゼルスで結成。
 「The Best Of Wilson Phillips」に全曲収録。

04542 Hold On (ホールド・オン) 90年1位
 グループ名を冠したデビュー・アルバムに4542〜4546が収録されている。3曲のNo.1も全部入っているわけで、ほとんどそれだけで終わってしまった印象がある。曲はキャッチーでよくできているけれど、あまり食指が動かない。Michael Jacksonの「Thriller」やAlanis Morissetteの「Jagged Little Pill」等に関わったGlen Ballardが共作。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

04543 Release Me (リリース・ミー) 90年1位
 2曲続けてのNo.1。4542と全く同じ感想。相変わらずサビはキャッチーだけど。Beach BoysもMamas & The Papasも大好きなのに、何故だろう? この曲がグループ結成のきっかけになったらしい。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

04544 Impulsive (インパルシヴ) 90年4位
 3曲連続のNo.1はならず。曲の出来の良さはわかるが、何度聴いても性に合わない。Chicagoの「Hard Habit To Break」を作ったSteve Kipnerが共作しているのに気づいた。後期Chicagoがからきしダメなのと関係あるのかな? リズム・ギター、スライド・ギターはJoe Walsh。

04545 You’re In Love (ユーアー・イン・ラヴ) 91年1位
 再びNo.1。同じことしか書けない。サビは相変わらずキャッチーだが。後半のギターはちょっと好きかな。シングルCDには日本でのライヴ(「Hold On」「Release Me」)が収録されている。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

04546 The Dream Is Still Alive (ザ・ドリーム・イズ・スティル・アライヴ) 91年12位
 デビュー・アルバムから5曲目のヒット。感想は同じだね。ファンの人、ごめんなさい。

04547 You Won’t See Me Cry (涙にさよなら) 92年20位
 2ndアルバム「Shadows And Light」もそこそこ売れたのだが、シングルの成績は急落。キャッチーさが落ちたためかな。

04548 Give It Up (ギヴ・イット・アップ) 92年30位
 2ndアルバムから最後のTop40ヒット。初めてのアップテンポも功を奏さず。
 その後間もなく解散、2004年に再結成。昨年久しぶりにBeach BoysとMamas & The Papasのカヴァー集「Dedicated」を出した。

« Ollie & Jerry (オリー・アンド・ジェリー) | トップページ | Opus (オパス) »

音楽 90年代 Wilson Phillips」カテゴリの記事

コメント

漫画の「ジョジョの奇妙な冒険」に、全く同じ名前の上院議員が出てきます。脇役で、死んでしまいますが(笑)。

このグループから、名前を採ったみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wilson Phillips (ウィルソン・フィリップス):

« Ollie & Jerry (オリー・アンド・ジェリー) | トップページ | Opus (オパス) »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック