« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の31件の記事

2013年1月31日 (木)

Parker, Graham (グレアム・パーカー)

 50年ロンドン生まれのロック・シンガー、ギタリストで、75年にGraham Parker & Rumourを結成、パブロックの中心的存在。Elvis CostelloやJoe Jacksonとかに近い世界である。英国以外ではなかなかウケないタイプかなと思ったが、70年代後半から80年代にかけては、米国でも結構アルバムが売れているのは意外だった。昨年何と30年ぶりにRumourと組んだアルバムを発表している。日本のウィキが異常に詳しいので、リンクしとく。

04581 Wake Up (Next To You) (ウェイク・アップ) 85年39位
 唯一のTop40ヒットはRumour解散後で、Graham Parker And The Shot名義となっている。メロディがかなりCostelloっぽいな(どっちが先なのか、よくわからないが。)。ということで、嫌いなわけなし。間奏のサックスやずっとバックで鳴っているキーボードもgood。

2013年1月30日 (水)

Phillips, Esther (エスター・フィリップス)

 Esther Phillips(1935-1984)は、40年代後半から50年代前半にかけてJohnny Otisの下でLittle Estherの名で人気を得た、テキサス州生まれの女性R&Bシンガー。その後、ドラッグで浮き沈みはあったが、実力派として知られた。私が知ったのは、「What A Deff’rence A Day Makes」だけれど、その独特の声は結構好みだった。

04579 Release Me (リリース・ミー) 62年8位
 Engelbert Humperdinckのヒットで知られるが、オリジナルは54年のJimmy Heapの5位まで行ったカントリー・ヒット。カントリーだけど、実にソウルフルな歌声。この手は大好きなのだ。R&BチャートNo.1。

04580 What A Deff’rence A Day Makes (恋は異なもの) 75年20位
 Dinah Washingtonの59年のTop10ヒットをカヴァーしたディスコ・チューン。しかし、何と34年Dorsey Brothers Orchestraのヒット曲(最高位5位)がオリジナルだった。この頃は「Baby Face」とか「Brazil」とか昔の曲のディスコ版てのが色々あったっけなあ。で、上にも書いたように、鼻にかかった独特の声が妙に印象的で好きだった。

2013年1月29日 (火)

Persuaders, The (パースウェイダーズ)

 ニューヨーク・ハーレム出身、リードボーカルDouglas Scott率いる4人組R&Bボーカル・グループ。69年結成、不朽の名曲「Thin Line Between Love & Hate」で知られる。

04577 Thin Line Between Love & Hate (シン・ライン・ビットウィーン・ラヴ&ヘイト) 71年15位
 多分Prentedersのカヴァーで知ったんだと思う。昔から大好きな曲。Douglas Scottのボーカルは素晴らしい。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

04578 Some Guys Have All The Luck (サム・ガイズ・ハヴ・オール・ザ・ラック) 73年39位
 こちらはRod Stewartのカヴァーで有名。Robert PalmerやMaxi Priestもカヴァーしてる。Douglas Scottのボーカルは暖かみがあっていいねえ。

2013年1月28日 (月)

People’s Choice (ピープルズ・チョイス)

 71年結成、フィラデルフィア出身6人組?R&Bバンド。ヒット曲は2曲ともインスト・ナンバー。「Do It Any Way You Wanna」は懐かしいねえ。

04575 I Likes To Do It (アイ・ライクス・トゥ・ドゥ・イット) 71年38位
 Gamble & Huffのフィラデルフィア・インターナショナルと契約してのデビュー・シングル。キーボードをフィーチャーしたファンキーなインスト・ナンバー。インストと言いながら、ずっとHey, Heyとか歌ってるが。

04576 Do It Any Way You Wanna (ディスコ天国) 75年11位
 この頃はなかなかカッコいいインスト・ナンバーがあったけど(「Movin’」とか、と書き出して他が思いつかないが)、これもその一つ。Leon Huffの作曲、プロデュース。それにしても、邦題は何とかならないか。Tavaresにも同じ邦題の曲があったな。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

2013年1月27日 (日)

SWV (Sisters With Voices) (SWV)

 90年代の女性R&Bグループはよく聴いた。いちおしは何と言ってもTLCだったけど、En VogueとかXscapeとか。このSWVのデビュー盤「It’s About Time」も買った。売れ線の中では結構オーソドックスで個性がないような気もするが。ニューヨーク・ブルックリンで90年に結成、Coko、Taj、Leleeの3人組。Sisters With Voicesの頭文字だったのね。98年に解散も、05年に再結成。何と昨年15年ぶりにアルバムを出してたのには驚いた。
 「Best Of SWV」に全曲収録。

04566 I’m So Into You (アイム・ソー・イントゥ・ユー) 93年6位
 4570まではデビューアルバム「It’s About Time」に収録。プロデュースは確かテディ・ライリー。ニュージャックスイング、懐かしいなあ。ゴールドディスク。

04567 Weak (ウィーク・ポイント) 93年1位
 次はバラード。を歌わせてもいいね! 邦題にはポイントが付くんだ。R&BチャートNo.1、プラチナディスク。

04568 Right Here/Human Nature (ライト・ヒア(ヒューマン・ネイチャー・リミックス)) 93年2位
 デビュー・シングル「Right Here」(最高位92位)をMichaelの「Human Nature」をサンプリングしてリミックスしたヴァージョン。これをリミックスしたのが、Teddy Rileyだな。プロデュースは基本的にBrian Alexander Morganだった。R&Bチャート7週No.1、ゴールドディスク。

04569 Downtown (ダウンタウン) 93年2位
 4568のB面。悪くはないけど、これはあまり印象に残ってなかった。

04570 Anything (エニシング) 94年18位
 2 Pacが主演した映画「Above The Rim」のサントラより(そっちも買ったが)となっているが、「It’s About Time」にも入ってた。「Get Up And Dance」をサンプリングとJoel Whitburnに書いてるが、誰の?

04571 You’re The One (ユー・アー・ザ・ワン) 96年5位
 この曲と4572は2ndから。彼女等にしてはちょっとヘヴィーな感じ。何歌わせても、うまいけどね。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

04572 Use Your Heart (ユーズ・ユア・ハート) 96年22位
 フツーのバラードと思って聴いていると、途中からパーッと開ける感じが好き。初期ネプチューンズの手がけた作品 (4568もそう。彼らの最初期の作品は私の大好きな「Rump Shaker」)。

04573 Someone(サムワン) 97年19位
 この曲と4574は3rdより。クレジットはSWV(Featuring Puff Daddy)。The Notorious B.I.G.の「Ten Crack Commandments」「The World Is Filled」をサンプリング。半分Puff Daddyの曲だね。ゴールドディスク。

04574 Rain (レイン) 98年25位
 解散のため、これが最後のTop40ヒットになってしまったけど、バラードの中ではこれが一番好きかな。

2013年1月26日 (土)

Pickett, Bobby “Boris,” And The Crypt-Kickers (ボビー・ボリス・ピケット&ザ・クリプト・キッカーズ)

 Bobby Pickett(1938-2007)はマサチューセッツ州生まれのノヴェルティ・シンガー。俳優志望だったが、芽が出る前に「Monster Mash」がNo.1ヒットになってしまった。父親が映画館の支配人で、子供の頃から映画ばかり観て育ち、ミドルネームのBorisはフランケンシュタインで有名だった俳優ボリス・カーロフのことで、彼の声色でドゥーワップ・ナンバー「Little Darlin’」のベースパートを歌っていたのがレコード・デビューのきっかけ。ちなみにCrypt-Kickersのメンバーは、プロデュースを務めたGary Paxton(Hollywood Argyles)、Johnny McCrae(Ronny & The Daytonas)、Rickie Page(The Bermudas)、そしてLeon Russell。

04564 Monster Mash (モンスター・マッシュ) 62年1位 & 73年10位
 当時流行っていたダンスであるマッシュポテトをモンスター・ヴァージョンで演るという企画が当たって、ハロウィーンの時にNo.1になる。他愛もない曲ではあるが、Twistの馬鹿当たりをみても、売れたのはわかるな。73年にリバイバル・ヒットした理由はわからない。62年当時BBCでは放送禁止になり、73年に初めて3位まで行くヒットになっている。ゴールドディスク。

04565 Monsters’ Holiday (モンスターズ・ホリデイ) 62年30位
 モンスター・マッシュのクリスマス版。基本おんなじ。

2013年1月25日 (金)

Parks, Michael (マイケル・パークス)

 「イージーライダー」のヒットにあやかった、若者ジム・ブロンソンがバイクで旅をするNBCのテレビ・シリーズ「Then Came Bronson」(さすらいのライダー)の主演俳優。ジョン・ヒューストン監督の「天地創造」(66年)でアダム役を演じた他、タランティーノ絡みの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」(96年)や「キル・ビル」(03年)にも出てたらしい。40年カリフォルニア州生まれ。

04563 Long Lonesome Highway (ロング・ロンサム・ハイウェイ) 70年20位
 「さすらいのライダー」のテーマ曲。日本でも深夜に放映されていたらしいが、アメリカのTVシリーズにはめっぽう弱いんで、全くわからない。曲の方はカントリーっぽいというか、ブルースっぽいフォーク? フワーッとした感じがいいな。何故か、私がiTunes Storeからダウンロードしたヴァージョンは、たった2分8秒しかなかった。

2013年1月24日 (木)

Patty & The Emblems (パティ&ザ・エンブレムズ)

 ニュージャージー州出身、女性リードボーカルPatty Russellをフィーチャーした4人組R&Bボーカル・グループ。唯一のヒット「Mixed-Up, Shook-Up, Girl」がことのほかいいなあと思ったら、Gamble & HuffのLeon Huffの作品だった。

04562 Mixed-Up, Shook-Up, Girl (ミックスド・アップ、シュック・アップ・ガール) 64年37位
 これは名曲。私の大好きな、フィリーソウルにつながる60年代後半っぽい音だなと思ったら、上にも書いたようにLeon Huff初期の作品だった。Pattyのボーカルもいいし、モータウンっぽくもあり、とても素敵なノーザン・ソウル。おすすめ!

2013年1月23日 (水)

Pastel Six, The (パステル・シックス)

 Cinnamon Cinderというのはロサンゼルスのナイトクラブの名前で、63〜65年には「The Cinnamon Cinder Show」というTV番組もあったようだ。Pastel SixはCinnamon Cinderに出演していた7人組(何故?)のポップス・バンド。メンバーは62年当時18〜21歳の若さだった。

04561 The Cinnamon Cinder (It’s A Very Nice Dance) (シナモン・シンダー) 63年25位
 ノベルティっぽいR&Bダンス・ポップスって感じかな。サックスの感じとか当時っぽい。Cinnamon Cinderのテーマ曲だったのかしらん?

2013年1月22日 (火)

Phil, Phillips, With The Twilights (フィル・フィリップスとザ・トワイライツ)

 「Sea Of Love」はHoneydrippersのカヴァーで知った三連バラードの名曲。その一発屋として知られるのがPhil Phillipsで、26年(31年となっているのが多いが、Wikiはこうなっていた)ルイジアナ州生まれの黒人シンガー。大ヒットしたのに、印税が受け取れず、その後のレコードも売れなかったので、ディスクジョッキーになったらしい。

04560 Sea Of Love (シー・オブ・ラヴ) 59年2位
 ロマンチックでいい曲だね。歌詞もわかりやすい。当時好きな女の子の気を惹くために書いた曲らしい(恋は実らなかったとか)。コーラスは何かとってつけたみたいだけど。典型的スワンプ・ロックと紹介されているが、それもよくわからない。Del ShannonのカヴァーもTop40入り、89年にアル・パチーノ主演の同名映画も作られた。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

2013年1月21日 (月)

Perkins, Tony (トニー・パーキンス)

 トニ・パキことアンソニー・パーキンスですね。子どもの頃から洋画ばかり観ていたんで、昔の俳優には結構強い方ですが、Top40ヒットを出しているなんて、知りませんでした。ヒッチコック監督の「サイコ」のノーマン・ベイツ役の印象が強すぎて、「性格俳優」のイメージですが、元々は青春スターだったんですよね。ということで、レコードも出していたんでしょう。32年ニューヨーク・マンハッタン生まれ。そういえば、アガサ・クリスティ原作のオールスター映画「オリエント急行殺人事件」(ジャクリーン・ビセットが出演してたんで、観に行きました)にも出てました。92年エイズのため死去。

04559 Moon-Light Swim (月影のなぎさ) 57年24位
 曲をよく知っていたのは、Elvisの映画「ブルー・ハワイ」で有名だからですね。オリジナルはNick Nobleというカントリー・シンガーでした。ハワイっぽくて、実にいい感じで歌ってます。演奏はTony DeVolオーケストラ。

2013年1月20日 (日)

Parliament/Funkadelic (パーラメント/ファンカデリック)

 好きな人はとにかく好きなPファンクの雄、というかPファンクそのもの。George Clinton(41年生まれ)率いる、何十人いるか全然わからないファンク集団。Parliamentは正当派ファンク、Funkadelic(ファンク+サイケデリック)はロック寄りと言われるが(実質同じグループの別名)、私が持っているのはParliamentの「マザーシップ・コネクション」と「アース・ツアー」ぐらいなんで(この辺が頂点だろうが)、よくわからない。日本のウィキが詳しいんでリンクしとく。まあ、背景や理屈はともかく、わけわからん、猥雑パワー全開のドファンク。聴けば聴くほど深みにはまっていくのは確か。97年ロックの殿堂入り。

04555 (I Wanna) Testify ((アイ・ウォナ)テスティファイ) 67年20位
 Pファンクの前史としてこんな曲がTop40入りしている。ジョージ・クリントンがドゥーワップ・グループ「The Parliaments」を結成したのは55年のことだから、苦節10年以上ということになる。もちろんPファンクと思って聴くと拍子抜けすると思う。契約の関係でグループ名が使えず、バックバンドの名前だったFunkadelicをWestboundで(その後Warner)、後にParliamentをInvictus(その後Casablanca)で使い分けるようになった。

04556 Tear The Roof Off The Sucker (Give Up The Funk) (ギヴ・アップ・ザ・ファンク) 76年15位
 初めて聴いたParliament。最初は何が何だかわからなかったけど(未知のモノに触れた感じですね)、すぐにはまった。今聴くとわかりやすいファンクだったが。名盤「Mothership Connection」より。ゴールドディスク。

04557 Flash Light (フラッシュ・ライト) 78年16位
 4556以上にサビはわかりやすいが、何か曲の構成はぬかるみのようだな。4556、4557のクレジットはParliament。ローリングストーン誌のベスト500では199位。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

04558 One Nation Under A Groove – Part Ⅰ (ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ) 78年28位
 この曲だけはFunkadelicとしてのヒット。タイトルを歌う部分以外は、どういう構成になっているのか、未だに良くわからない。そんなことは気にせず、とにかく音に身を任せていればいいんだろうが。ローリングストーン誌では474位。R&Bチャート6週No.1、ゴールドディスク。

2013年1月19日 (土)

Perkins, Carl (カール・パーキンス)

 メンフィスのサン・レーベルはElvisを筆頭にRoy Orbison、Jerry Lee Lewis、Johnny Cash等、ロック・エラ初期のスターたちを大勢輩出したが、このCarl Perkinsもその一人。ロックンロール・クラシック「Blue Suede Shoes」で知られるロカビリー・シンガーでギタリスト。32年テネシー州生まれ。65年から75年にはJohnny Cashのツアー・メンバーとして活躍した。87年ロックの殿堂入り。98年死去。

04554 Blue Suede Shoes (ブルー・スエード・シューズ) 56年2位
 Carlがテネシーのクラブでお揃いの青いスエードの靴を履いて踊るカップルにインスパイアされて作った曲。典型的なロックンロールというと、真っ先に思い浮かぶ曲の一つだな。もう一本のギターとベースは兄弟が弾いている。カヴァー多数。ローリングストーン誌のベスト500では95位。カントリー・チャートNo.1、R&BチャートNo.2。

2013年1月18日 (金)

Olivia (オリヴィア)

 50 Centの「Candy Shop」でフィーチャーされていたお姉ちゃんだな。81年ニューヨーク・ブルックリン生まれで、クイーンズ育ちのシンガーでラッパー。アリスタの社長Clive Davisの興したレーベルJ Recordsからデビュー。スタイルいいなあ。

04553 Bizounce (ビザウンス) 01年15位
 「Candy Shop」の4年前。当時っぽいR&Bだな。それにしても、女性シンガーの曲でこんなにFxxkを連発するのはどうなの?

2013年1月17日 (木)

Paperboy (ペーパーボーイ)

 多分69年、ロサンゼルス生まれの男性ラッパー、本名Mitchell Johnson。このぐらいのことしか、わからず。

04552 Ditty (ディティ) 93年10位
 大好きだったZappの2ndに入っていた「Doo Wa Ditty (Blow That Thing)」をサンプリングしてることに尽きる。今は亡きRogerのトークボックスが懐かしいなあ。グラミー賞(ラップ・ソロ)にノミネートされたが、Dr.Dreの「Let Me Ride」に敗れた。プラチナディスク。

2013年1月16日 (水)

Onyx (オニックス)

 ニューヨーク・クイーンズ出身の4人組ラップ・グループ。全員スキンヘッドのジャケが怖かった覚えが。Run-D.M.C.のJam Master Jayに見出される。

04551 Slam (スラム) 93年4位
 ヒット曲は全て聴いているとはいえ、ヒップホップはまともに語れる自信なし。これはロック系かな。大ヒットは、♩Slam!♩のサビがわかりやすかったんだろう。プラチナディスク。

2013年1月15日 (火)

Orrall, Robert Ellis (ロバート・エリス・オーラル)

 55年マサチューセッツ州出身のカントリー・ポップ・シンガー/ソングライター/ピアニスト。Taylor Swiftにも曲を書いているようだ。

04550 I Couldn’t Say No (アイ・クドゥント・セイ・ノー) 83年32位
 Carlene Carter(シンガーのCarl SmithとJune Carterの娘で、Nick Loweと結婚してた)とのデュエット。軽快で透明感あるカントリー・ポップなんだが、全く記憶になかった。何かに似てるなあと思っていたら、Fleetwood Mac(Stevie Nicks)だった。クレジットはRobert Ellis Orrall With Carlene Carter。

2013年1月14日 (月)

Opus (オパス)

 オーストリア出身(オーストラリアじゃないよ!)の5人組ポップ・ロック・バンド。73年結成以来、今での現役とのこと。唯一のTop40ヒットがライヴというのは珍しいな。

04549 Live Is Life (ライヴ・イズ・ライフ) 86年32位
 ♩ラ、ラー、ラーララ♩のコーラスと力強いボーカルが耳に残るポップ・ロック。レゲエ調のところからAce Of Baseを連想した。ヨーロッパではスポーツ・イベントで皆が声を合わせて歌う曲らしい。実際、ライヴなんで、観衆がコーラスのところを歌ってる。カナダでNo.1になった他、世界中でヒットした。

2013年1月13日 (日)

Wilson Phillips (ウィルソン・フィリップス)

 親の七光りと言われたもんだが、No.1ヒット3曲は大したもんだ。Beach BoysのBrian Wilsonの娘CarnieとWendy、Mamas & The PapasのJohn & Michelle Phillipsの娘Chynnaによる、グループ名はまんまのポップ・アダルト・コンテンポラリー・ボーカル・トリオ。89年ロサンゼルスで結成。
 「The Best Of Wilson Phillips」に全曲収録。

04542 Hold On (ホールド・オン) 90年1位
 グループ名を冠したデビュー・アルバムに4542〜4546が収録されている。3曲のNo.1も全部入っているわけで、ほとんどそれだけで終わってしまった印象がある。曲はキャッチーでよくできているけれど、あまり食指が動かない。Michael Jacksonの「Thriller」やAlanis Morissetteの「Jagged Little Pill」等に関わったGlen Ballardが共作。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

04543 Release Me (リリース・ミー) 90年1位
 2曲続けてのNo.1。4542と全く同じ感想。相変わらずサビはキャッチーだけど。Beach BoysもMamas & The Papasも大好きなのに、何故だろう? この曲がグループ結成のきっかけになったらしい。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

04544 Impulsive (インパルシヴ) 90年4位
 3曲連続のNo.1はならず。曲の出来の良さはわかるが、何度聴いても性に合わない。Chicagoの「Hard Habit To Break」を作ったSteve Kipnerが共作しているのに気づいた。後期Chicagoがからきしダメなのと関係あるのかな? リズム・ギター、スライド・ギターはJoe Walsh。

04545 You’re In Love (ユーアー・イン・ラヴ) 91年1位
 再びNo.1。同じことしか書けない。サビは相変わらずキャッチーだが。後半のギターはちょっと好きかな。シングルCDには日本でのライヴ(「Hold On」「Release Me」)が収録されている。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

04546 The Dream Is Still Alive (ザ・ドリーム・イズ・スティル・アライヴ) 91年12位
 デビュー・アルバムから5曲目のヒット。感想は同じだね。ファンの人、ごめんなさい。

04547 You Won’t See Me Cry (涙にさよなら) 92年20位
 2ndアルバム「Shadows And Light」もそこそこ売れたのだが、シングルの成績は急落。キャッチーさが落ちたためかな。

04548 Give It Up (ギヴ・イット・アップ) 92年30位
 2ndアルバムから最後のTop40ヒット。初めてのアップテンポも功を奏さず。
 その後間もなく解散、2004年に再結成。昨年久しぶりにBeach BoysとMamas & The Papasのカヴァー集「Dedicated」を出した。

2013年1月12日 (土)

Ollie & Jerry (オリー・アンド・ジェリー)

 Ollie Brownと元RaydioのJerry Knightがロサンゼルスで結成したR&Bボーカル・デュオ。2人ともセッション・ミュージシャンで、Ollieはドラマー、Jerryはベーシスト。84年から85年にかけて活動していた。

04541 Breakin’…There’s No Stopping Us (ブレイクダンス) 84年9位
 「Ain’t Stoppin’ Us Now」と混同してたが、全然別の曲だった。ブレイクダンサーたちが主演した映画「Breakin’」(邦題「ブレイクダンス」)より。ヒップホップ・カルチャーとして、ラップ、DJ、ブレイクダンス、グラフィティが日本に紹介された頃のことを思い出す。音だけ聴いてると、あんましヒップホップっぽいノリではないような気が。英国では5位。

2013年1月11日 (金)

Olsson, Nigel (ナイジェル・オルソン)

 71年から76年までElton John’s Bandでドラマーを務めていたのが、Nigel Olsson。「ピアニストを撃つな!」とか「黄昏のレンガ路」の頃だね。49年イングランド生まれ、Spencer Davis GroupやUriah Heepにいたこともある。

04539 Dancin’ Shoes (涙のダンシング・シューズ) 79年18位
 70年代後半っぽいソフトなナンバー。AORっぽいのは苦手なんだが、これはそうでもないかな。何かに似てるような気もする。オリジナルはFaith Band。

04540 A Little Bit Of Soap (悲しきソープ) 79年34位
 ほのぼのした感じは4539と同様。どちらもPaul Davisがプロデュース。そう言われれば、共通するところがあるかな。こちらのオリジナルは61年Jarmelsのヒット。Paul Davis自身もカヴァーしている。邦題は何だかなあ。

2013年1月10日 (木)

Originals, The (オリジナルズ)

 モータウン傘下のソウル・レーベル所属、デトロイト出身の4人組R&Bボーカル・グループ。結成は66年、2曲のTop40ヒットはいずれもMarvin Gayeのプロデュース、共作。下にも書いたけれど、Dellsに匹敵する素晴らしさ。メンバーのFreddie GormanはMarvelettesの「Please Mr. Postman」やReflectionsの「Just Like Romeo & Juliet」等の共作者としても知られる。

04537 Baby, I’m For Real (ベイビー・アイム・フォー・リアル) 69年14位
 私の大好きなDellsを思わせる絶品のコーラスもの。4人が代わる代わる力強いボーカルを聴かせてくれる(甘さに流れるのではなく、1人のリードボーカルが立つのでもなく)、こういうコーラスもいいね。R&Bチャート5週No.1。

04538 The Bells (ザ・ベルズ) 70年12位
 4537に勝るとも劣らない、こちらもDellsに近い世界。だんだん盛り上がっていって、台詞へ、更に盛り上がっていく展開の素晴らしいこと。この曲が収録されているRhinoのコンピレーションの解説にはJames Brownのリメイクとあるのだが、未確認。

2013年1月 9日 (水)

Original Caste, The (オリジナル・キャスト)

 リアルタイムではないけれど、日本でも人気のあったグループなので、ラジオとかで流れていた記憶がある。66年カナダのカルガリで結成されたフォーク・ポップ・グループ。女性ボーカルDixie Lee Innesをフィーチャーした5人組。日本では「天使の兵隊」の次に出た「ミスター・マンディ」が最高位7位というヒットになっている。

Dsc_00631

04536 One Tin Soldier (天使の兵隊) 70年34位
 Dennis LambertとBrian Potterが作った寓話仕立ての反戦歌、という話はサントラでカヴァーしたCovenのところで紹介した通り。曲調は違うけれど、Four Jacks And A Jillの「Master Jack」とかに近いものを感じる。LambertとPotterは70年代のDunhillサウンドで有名なプロデューサー・チームで、Four Topsのところで紹介したばかり。「ミスター・マンディ」をはじめ、彼女等に多くの曲を提供している。

2013年1月 8日 (火)

Owens, Buck (バック・オウエンス)

 Buck Owens(1929-2006)は、テキサス州で生まれ、アリゾナ州で育ったカントリー・レジェンド。51年にカリフォルニア州へ。63年から88年までに何と21曲ものカントリー・チャートでのNo.1ヒットを持つ。69年から86年までRoy ClarkとTV番組「Hee Haw」のホストを務めた。等と書いてはみたが、全くの門外漢。BeatlesRingoが歌った「Act Naturally」は彼の曲だったな。

04535 I’ve Got A Tiger By The Tail (じゃじゃ馬娘) 65年25位
 陽気でスマートなカントリー・ソングで聴きやすい。カントリー・チャート5週No.1。


2013年1月 7日 (月)

Warrant (ウォレント)

 ロスアンジェルス出身のHR/HMバンドだが、ダメだ、記憶にない。Top10入りが3曲もあるのに。改めて聴いた感想は、ストレートで実に聴きやすい音だった。結成は84年、デビューは89年、ツインギターの5人組。90年代にグランジの影響を受けて、人気を失うのは、他のバンド(例えば、Poison)と同様。
 「The Best」に4534(何故かアコースティック・ヴァージョンが収録)以外は収録。

04530 Down Boys (ダウン・ボーイズ) 89年27位
 デビュー・シングル。ポップで小気味いいメタル・チューン。

04531 Heaven (ヘヴン) 89年2位
 デビュー・アルバム「Dirty Rotten Filthy Stinking Rich」より2曲目は、この手のバンドのお約束のバラード。大嫌い、と言いたいところだけれど、変にもったいつけてないんで、思ったより聴きやすい。それにしても2位とは。ゴールドディスク。

04532 Sometimes She Cries (サムタイムズ・シー・クライズ) 90年20位
 4531で味をしめて、パワー・バラードをシングル・カット。4531とどこが違うんだ?

04533 Cherry Pie (いけないチェリーパイ) 90年10位
 大ヒットのデビュー・アルバムに次いでリリースされた2ndアルバムも大ヒット、そのタイトル・チューン。他愛もないハードロックだが、まあいいんじゃない。ところで、邦題は何だ? ルージュ・マジック?

04534 I Saw Red (アイ・ソウ・レッド) 91年10位
 最後のTop40ヒットも2ndアルバムより、ピアノをフィーチャーしたパワー・バラード。これもまあいいんじゃないか。

2013年1月 6日 (日)

Nylons, The (ナイロンズ)

 Nylonsというアカペラ・グループがいたのは覚えていたが、カナダ(トロント)出身とは知らなかった。78年結成の4人組。

04529 Kiss Him Goodbye (キス・ヒム・グッバイ) 87年12位
 Steamの69年のNo.1ヒット「Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye」のカヴァー。凝ったアカペラを聴かせてくれる。オリジナル(何でNo.1になったんだか?)より、こっちの方がいいでしょ。次のシングルはTurtlesのやはりNo.1ヒット「Happy Together」だった。

2013年1月 5日 (土)

Nutty Squirrels, The (ナッティ・スクワーレルス)

 ニュージャージー州生まれのジャズ・ミュージシャンDon Elliott(1926-1984)とニューヨーク・ブルックリン生まれのCMソングライターAlexander "Sascha" Burland(1927-)が、Chipmunksのようにテープの早回しでリスに歌わせたノヴェルティ・ソングのプロジェクト。Elliottは私が好きな「夜の大捜査線」(67年)や「ゲッタウェイ」(72年)等のサントラも手がけている。

04528 Uh! Oh! Part 2 (ウー!オー!〜子りすの青春(パート2)) 59年14位
 歌ってるのがリスという設定までChipmunksと同じでは、さすがに芸がないような気もするが、曲がジャジーなスキャットなんで、これが結構いいんである。Part 1と2がAB面で出たが、2の方がヒットした。それにしても、こんなのまで日本盤が出ているとは!(子りすの青春(笑))

2013年1月 4日 (金)

Nu Tornados (ニュー・トルネイドス)

 フィラデルフィア・ママーズ・ニュー・イヤーズ・デー・パレードにも参加していた、フィラデルフィア出身の5人組ストリング・バンド。他の参加者であるQuaker City BoysFerko String BandにもTop40ヒットがある。

04527 Philadelphia U.S.A. (フィラデルフィア・USA) 58年26位
 ストリング・バンドというのはフィドルやバンジョーをフィーチャーして、カントリーを演奏するバンドで、20年代に盛んだったらしい。この手は今聴いても楽しいなあ。

2013年1月 3日 (木)

Beatles, The (ビートルズ) 3/3(1968-1996)

 本日Beatles、最終回。1日は64年、2日は65〜67年でした。今日は70年の解散までと解散以降にチャートインした曲の紹介だよ。

04512 Lady Madonna (レディ・マドンナ) 68年4位
 オールディーズっぽさがすてきなPaulのナンバー。イントロのピアノはジャズの名曲「Bad Penny Blues」から採ってるんだそう。プラチナディスク。

04513 Hey Jude (ヘイ・ジュード) 68年1位
 Appleからの初シングルは、9週No.1のBeatles最大のヒット。後半のコーラスは感動的だが、それにしても長過ぎないか? というのが昔からの疑問。ローリングストーン誌のベスト500では8位。400万枚以上のプラチナディスク。

04514 Revolution (レヴォリューション) 68年12位
 4513のB面。Johnのハードなロックンロール。オリジナルは「ホワイト・アルバム」に収録されているスローな「Revolution 1」。革命を揶揄した歌詞で、一部の若者の憤激を買ったらしいが、正しかったのはJohnの方であった。

04515 Get Back (ゲット・バック) 69年1位
 独特の風味のあるPaulのロックンロール。Billy Prestonのエレピ、Johnのリードギター、Ringoのドラムス、皆カッコイイ! プラチナディスク。

04516 Don’t Let Me Down (ドント・レット・ミー・ダウン) 69年35位
 4515のB面。その2曲のクレジットはThe Beatles With Billy Preston。相変わらずPrestonのエレピはいいねえ。そして何と言ってもJohnのボーカル。

04517 The Ballad Of John And Yoko (ジョンとヨーコのバラード) 69年8位
 適当に演っているようで、実にいいね! レコーディングに参加してるのはJohnとPaulのみ。いい加減な?2人のボーカルも好き。ゴールドディスク。

04518 Come Together (カム・トゥゲザー) 69年1位
 ♩Shoot♩で始まる不思議なナンバー。何でこんな曲になるの? Chuck Berryの「You Can’t Catch Me」の盗作と言われ、結局負けたんだっけ? Georgeの「My Sweet Lord」は負けたんだよね。ローリングストーン誌では202位。プラチナディスク。

04519 Something (サムシング) 69年3位
 4518のB面(両A面?)。ビルボードではシングルのA面B面は別々にチャートインするルールだったのが、ちょうどこの曲がヒットしてた69年11月29日にルールが変更され、シングル単位の集計に変わる。この週に「Come Together/Something」は1位になるんだけど、「Something」は前週の3位が最高位となってしまっている(「Come Together」はそれ以前に最高位2位を記録)。
 で、曲の方はGeorgeも天才だったんだと気づいた曲。日本人ウケしそうな泣きのギターが聴ける。サビの盛り上がりもステキ。ローリングストーン誌では273位。

Dsc_00641

04520 Let It Be (レット・イット・ビー) 70年1位
 70年4月11日付けのビルボードでNo.1に。Beatles解散のニュースが流れたのが、4月10日だというから、Beatlesからファンへの最後の贈り物だった、のかな? 実際は同名のアルバムが出るのはもっと後だし。ローリングストーン誌では20位。プラチナディスク。

04521 The Long And Winding Road (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード) 70年1位
 Beatles20曲目、最後のNo.1ヒット。Phil Spectorがプロデュースしたアルバムのヴァージョン(ストリングスとコーラス付き)にPaulが憤慨した話は有名。でも、これで何十年と聴いてるからなあ。何十年後かに「Naked」が出るわけだが。プラチナディスク。

04522 For You Blue (フォー・ユー・ブルー) 70年1位
 4521のB面。「Something」のところで書いたように、チャートインがシングル単位になったため、この曲も最高位1位と表記したが、実際はNo.1ヒットのB面曲ということでいいと思う。George作の軽いブルース。スライドギターはJohnだね。

04523 Got To Get You Into My Life (ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ) 76年7位
 解散後初のTop40ヒットは「Revolver」に収録されていたPaul作のブラスロック? ブラスもボーカルもカッコいい! 当時10年前の曲ということになるが、何でシングルカットされたんだっけ? 後にEarth, Wind & Fireがカヴァー。ゴールドディスク。

Dsc_00621

04524 The Beatles’ Movie Medley (ビートルズ・ムービー・メドレー) 82年12位
 「Star On」に始まるメドレー・ブームの余勢を駆って、こんなものまで出た。ところで、今までBeatlesを紹介できなかった理由は、この曲のせいである。何故なら、デジタル音源がないから。長年中古シングルを探していたのだが、ようやく見つけてCDに録音し、iPodに入れられたために、晴れてBeatlesのTop40ヒット全曲を紹介できたわけである。ちなみに、メドレーで使われている曲は、「Magical Mystery Tour」「All You Need Is Love」「You’ve Got To Hide Your Love Away」「I Should Have Known Better」「A Hard Day’s Night」「Ticket To Ride」「Get Back」。

04525 Free As A Bird (フリー・アズ・ア・バード) 95年6位
 この曲と4526は、77年と79年にJohnによって録音されたデモに他のメンバーがボーカルと演奏を加えたもの。プロデュースはBeatlesプラスJeffrey Lynne! 今更だと思うが、グラミー賞最優秀ポップボーカルグループ賞受賞。ゴールドディスク。

04526 Real Love (リアル・ラヴ) 96年11位
 再作ものではこっちの方が好みかな。細部にELOを感じるのは私だけ? 買ったけど、ほとんど聴いてない「アンソロジー」3部作でも正月は聴くかなあ。ゴールドディスク。

【今日のおまけ】Top40ヒット以外で、ローリングストーン誌のベスト500に選ばれた曲
23位「In My Life」
26位「A Day In The Life」
42位「Michelle」グラミー賞ソング・オブ・ジ・イヤー
83位「Norwegian Wood」
135位「While My Guitar Gently Weeps」
結構、昨日紹介した日本のファンのベスト10とも通じるものがあるね!

2013年1月 2日 (水)

Beatles, The (ビートルズ) 2/3(1965-1967)

 昨日の64年に続き、今日は65年から67年。赤盤は66年までだから4506まで、4507からは青盤ということになる。いまだに赤と青の時代区分が頭の中に残ってる気がする。

04495 Eight Days A Week (エイト・デイズ・ア・ウィーク) 65年1位
 素敵なコーラスを聴かせてくれる。フェードインで始まるのが珍しいかも。ゴールドディスク。

04496 I Don’t Want To Spoil The Party (パーティーはそのままに) 65年39位
 4495のB面。カントリータッチのJohnの曲。ハーモニーがステキ。

04497 Ticket To Ride (涙の乗車券) 65年1位
 改めて聴くと、時代の先端を行っているヒット曲だったことがわかるなあ。リズムといい、ギターといい、コーラスといい。ローリングストーン誌のベスト500では384位。ところで、B面の「Yes It Is」はとんでもない名曲。もしかしてBeatles(John)の最高傑作?

04498 Help! (ヘルプ) 65年1位
 もちろん、映画「Help!」(4人はアイドル)の主題歌(4497も映画の曲)。それにしても、コーラスワークの素晴らしいこと。しかし、曲の疾走感と「助けて!」という切実感が一向にマッチしないなあ。ローリングストーン誌では29位。ゴールドディスク。

04499 Yesterday (イエスタデイ) 65年1位
 泣く子も黙る名曲。Paulと弦楽四重奏だけで出来ているBeatlesの曲。ローリングストーン誌では13位。ゴールドディスク。

04500 We Can Work It Out (恋を抱きしめよう) 65年1位
 PaulとJohnがそれぞれ自分が書いたパートを歌っているというパターンは「A Day In The Life」と同じ。ワルツのアイデアはGeorgeが出したらしいが、スゴい完成度だ。ゴールドディスク。

04501 Day Tripper (デイ・トリッパー) 65年5位
 4500のB面、英国ではA面だが。ギターのリフで決まりだな。

04502 Nowhere Man (ひとりぼっちのあいつ) 66年3位
 この曲のコーラスワークはメチャメチャ好きです。「ラバーソウル」より、Johnの大傑作。ゴールドディスク。

04503 Paperback Writer (ペイパーバック・ライター) 66年1位
 Paul式サイケロック? Beach Boysの影響を受けて書かれ、この曲がBrian Wilsonに「Good Vibrations」を書かせたと言われる。とんでもない才能が溢れ競い合っていた時代だったんだな。ゴールドディスク。

04504 Rain (レイン) 66年23位
 4503のB面。「リヴォルヴァー」と並んで、後年評価の高まったJohnのドラッグ・ソング。Ringoのドラムの最高傑作とも言われる。ローリングストーン誌では463位。

04505 Yellow Submarine (イエロー・サブマリン) 66年2位
 金沢明子の「イエロー・サブマリン音頭」なんてのもあったな。その後の「When I’m 64」や「Uncle Albert」とかを聴くと、Paulがこういうミュージック・ホール・スタイルが好きだったのがわかる。ゴールドディスク。

04506 Eleanor Rigby (エリナー・リグビー) 66年11位
 ♩はざまけんじ♩で空耳アワーでもおなじみ。「Yesterday」の再現、Paulのソロか? 4505のB面。ローリングストーン誌では137位。

04507 Penny Lane (ペニー・レイン) 67年1位
 Paulらしい心温まる名曲。ピッコロ・トランペットや鐘の音の素晴らしいこと。ローリングストーン誌では449位。ゴールドディスク。

04508 Strawberry Fields Forever (ストローベリー・フィールズ・フォーエヴァー) 67年8位
 4507のB面というか、両A面かな? Beatles史上最強のカップリングとも言われる、確かに。めくるめく音の世界に言葉なし。ローリングストーン誌では76位。

04509 All You Need Is Love (愛こそはすべて) 67年1位
 67年6月25日の史上初の衛星中継「Our World」で中継された曲。変拍子というのはこの曲で覚えた。フランス国家とか、「In The Mood」とか、「Yesterday」「She Loves You」とかが出てきたり、かなり洒落の聴いた曲だ。ローリングストーン誌では362位。ゴールドディスク。

04510 Baby You’re A Rich Man (ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン) 67年34位
 4509のB面。JohnとPaulの共作という意味では、「A Day In The Life」方式だ。変なトランペットはシンセサイザーだそうだ。

04511 Hello Goodbye (ハロー・グッドバイ) 67年1位
 私にもわかる英語の歌詞。傑作としか言いようがないPaulの作品。子どもの頃から、最後の♩ンチャ、ンチャ♩が気になっている。ゴールドディスク。
 3日目の明日は、解散に向かう68年以降と、解散後のシングルを紹介する。
【今日のおまけ】10月の東京新聞に載っていた「我が国で好まれているビートルズの楽曲BEST10」(EMIジャパン09年調べ)
①Let It Be (Paul)
②In My Life (John)
③Strawberry Fields Forever (John)
④A Day In The Life (John & Paul)
⑤Hey Jude (Paul)
⑥While My Guitar Gently Sweep (George)
⑦Something (George)
⑧Across The Universe (John)
⑨Yesterday (Paul)
⑨I Am The Walrus (John)
随分マニアックな選曲だけど、対象は誰なんだろう? JohnとGeorgeの健闘が光ります。

2013年1月 1日 (火)

Beatles, The (ビートルズ) 1/3(1964-1964)

 あけましておめでとうございます。このブログも足掛け6年。2013年はBeatlesでスタート! 彼らのTop40ヒットは51曲、ということで、Madonnaに続く3日にわたっての紹介。今更Beatlesの紹介してもしょうがないので、ウィキへのリンクだけ貼って、私とBeatlesの出会いについて少々。
 初めて買ったレコードは、友達から買った「Let It Be」のシングル。B面の「You Know My Name」を聴いて、何だこりゃと思った覚えが。
 初めて買ったアルバムは赤盤と青盤。これでBeatlesを知ったと言っても過言ではない。同世代の人はそういう人多いと思う。シングルカットされてなくても、この4枚に入ってた曲はシングルヒットしたように勘違いしてしまう。「In My Life」とか「Across The Universe」とか。
 初めて買ったオリジナル・アルバムは「アビー・ロード」か、やっぱり友達から買った「サージェント・ペパーズ」か、どっちか。いまだにこの2枚は思い入れがあるなあ。それこそ子どもの頃買ったLPは1枚の重みが違うから、聴いた量がハンパないからね。
 その頃から自分はジョンのファン。周りもたいていジョンの支持者で、ポールファンはあまりいなかったような気がする。一時評判悪かったし。一人だけジョージのファンがいて、「オール・シングス・マスト・パス」(3枚組買うのは大変だったろうなあ)を絶賛してた。リンゴは映画のキャラの印象。でも、当時Beatlesが皆揃ったアルバム「リンゴ」は愛聴盤だった。

04476 I Want To Hold Your Hand (抱きしめたい) 64年1位
 記念すべきアメリカ初のNo.1ヒット。想像するに、この曲のイントロが流れた時に新しい世界が生まれたんではないか、それほど鮮烈な印象。中間のマイナーになる叙情的なとこもステキ。ところで、hold your handが何故抱きしめるになるんだろうと不思議に思った覚えがある。ローリングストーン誌のベスト500では16位。7週No.1のゴールドディスク。

04477 I Saw Her Standing There (アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア) 64年14位
 4476のB面。Paulがリードをとるロックンロール。ローリングストーン誌では139位。

04478 She Loves You (シー・ラヴズ・ユー) 64年1位
 ♩Yeh, Yeh, Yeh♩ってコーラスで決まりだな。エンディングもステキ。ローリングストーン誌では64位。

04479 Please Please Me (プリーズ・プリーズ・ミー) 64年3位
 英国での2枚目のシングル。この曲のハーモニーは昔から好き。ローリングストーン誌では184位。

04480 My Bonnie (My Boniie Lies Over the Ocean) (マイ・ボニー) 64年26位
 米国上陸時はCapitol以外にもいろいろなレコード会社からシングルが出た。Swan、Vee-Jay、Tollie、Atco。この曲はMGMから。ハンブルグでのプロとしての初レコーディング(61年)だが、ロンドンのロック・シンガーTony Sheridanのバックバンドとして演奏しただけという代物である。クレジットはThe Beatles With Tony Sheridan。

04481 Twist And Shout (ツイスト・アンド・シャウト) 64年2位 & 86年23位
 私が言うまでもないことだが、Johnの振り絞るボーカルがスゴい。Isley Brothersのヴァージョン(もカヴァーだけど)も有名。86年に再ヒットしたが、映画「Ferris Bueller’s Day Off」「Back To School」に使われたためらしい。って、映画のことは覚えていない。

04482 Can’t Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ) 64年1位
 Paulのロックンロール。このタイトルも文法的にどうなのか?と思った覚えがある。最初にMoneyが略されていると思えばいいんだね。5週1位のゴールドディスク。ローリングストーン誌では289位。ところで、PaulでJohnの「ツイスト・アンド・シャウト」に対抗できるのは、やっぱり「のっぽのサリー」!

04483 Do You Want To Know A Secret (ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット) 64年2位
 Georgeがボーカルをとる、Johnの曲。Gerry & The Pacemakersとかに通じる叙情的ナンバー。

04484 Thank You Girl (サンキュー・ガール) 64年35位
 4483のB面。英国では初のNo.1(3枚目のシングル)となった「From Me To You」のB面。ちなみに「From Me To You」はVee-Jayから「I Want To Hold Your Hand」より早くシングルが出たが、Hot100には入らなかったみたい(その時のB面はこの曲)。その後「From Me To You」は「Please Please Me」のB面で出て、最高位41位。と、チャートマニアっぽいこと書いてしまった。「Thank You Girl」の方はシンプルな初期ナンバーって感じ。

04485 Love Me Do (ラヴ・ミー・ドゥ) 64年1位
 もちろん英国でのデビュー曲。1位になるほどかという気もする。Johnのハーモニカに尽きるかな?(Bruce Channelの「Hey! Baby」にインスパイアされたらしい。)アルバム・ヴァージョンのドラムスはセッション・ドラマーのAndy Whiteで、Ringoはタンバリンを叩いている。

04486 P.S. I Love You (P.S.アイ・ラヴ・ユー) 64年10位
 私が好きな叙情系ナンバーの1つ。この手が一番マージー・ビートって感じがする(Beatlesの曲というより。私の勝手な解釈だが)。Paulが途中でつけるバックボーカルがいい。4485のB面。このアルバム・ヴァージョンもAndy Whiteのドラムスで、Ringoはマラカス。

04487 A Hard Day’s Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!) 64年1位
 映画のタイトルはRingoの思いつき。「Beatlemania」にならなくてよかった! イントロの♩ジャーン♩から始まる、すばらしいJohnの作品。♩Working like a dog. Sleeping like a log.♩の歌詞で韻を踏むということを知った。ローリングストーン誌では153位。ゴールドディスク。

04488 Ain’t She Sweet (いい娘じゃないか) 64年19位
 4480と同じく、61年に録音されたもので、ボーカルはJohn、ドラムスはPete Best。1927年Ben BernieのNo.1ヒットがオリジナル。そんな感じは全然しないけど。

04489 And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー) 64年12位
 ちょっとラテン風味、Paulらしい愛すべきバラードの傑作。

04490 I’ll Cry Instead (ぼくが泣く) 64年25位
 カントリーっぽさを感じるJohnの軽快なロックンロール。当時カントリーにはまっていたのはRingo。4487、4489とこの曲は映画「A Hard Day’s Night」より。

04491 Matchbox (マッチボックス) 64年17位
 オリジナルはCarl Perkins、ボーカルはRingo。こんなのもシングルになってるんだ。レコーディングには作者のPerkins自身が立ち会ったそうだ。

04492 Slow Down (スロウ・ダウン) 64年25位
 こちらのオリジナルはLarry Williams。それにしてもJohnのボーカルのカッコいいこと! George Martinのピアノもがんばってる。4491のB面。

04493 I Feel Fine (アイ・フィール・ファイン) 64年1位
 イントロのフィードバックは子どもの頃はミスをそのまま録音したと聞いていたのだけれど、わざわざ入れた音なんだそうだ。まあ、そんなことはともかく、実にリフのカッコイイJohnのロックンロールです。ゴールドディスク。

04494 She’s A Woman (シーズ・ア・ウーマン) 64年4位
 4493のB面。Paulにしてはラフな感じの曲だな。元旦は以上19曲を紹介して終わりとするが、驚くべきことにこれらはすべて64年のヒット曲ということだ。明日は65年以降を紹介!
【今日のおまけ】Beatlesがベスト5を独占した日:64年4月4日
1位「Can’t Buy Me Love」2位「Twist And Shout」3位「She Loves You」4位「I Want To Hold Your Hand」5位「Please Please Me」
【もう1つおまけ】BeatlesがHot100に14曲をチャートインさせた日:64年4月11日
1位「Can’t Buy Me Love」2位「Twist And Shout」4位「She Loves You」7位「I Want To Hold Your Hand」9位「Please Please Me」14位「Do You Want To Know A Secret」38位「I Saw Her Standing There」48位「You Can’t Do That」50位「All My Loving」52位「From Me To You」61位「Thank You Girl」74位「There’s A Place」78位「Roll Over Beethoven」81位「Love Me Do」

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック