« New England (ニュー・イングランド) | トップページ | Neville, Ivan (アイヴァン・ネヴィル) »

2012年12月16日 (日)

Neville, Aaron (アーロン・ネヴィル)

 ニューオーリンズのネヴィル4兄弟の3番目で、最も早くソロとしても成功したのが、Aaron Neville。私にとっては、「Tell It Like It Is」1曲で言うことなし。4兄弟は77年にNeville Brothersを結成。U2でも有名なダニエル・ラノワがプロデュースした「Yellow Moon」(89年)もいいよ。41年生まれ。Ivan Nevilleは息子。

04437  Tell It Like It Is (恋はきどらず) 66年2位
 昔から大好きな曲。三連の甘美なバラード。Heartのカヴァーでも有名。それにしても、甘くて不思議な声だなあ。黄金の歌声とか、ヨーデルがかったとか形容されることが多いみたい。R&Bチャート5週No.1。

04438 Everybody Plays The Fool (エヴリバディ・プレイズ・ザ・フール) 91年8位
 ヒット・チャートでは一発屋に終わるかと思ったら、20数年後にLinda Ronstadtとのデュエット2曲が大ヒット(Lindaの項で紹介済み)。どちらもアダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1だが、続いてヒットしたこの曲も同チャートの1位に輝いた。オリジナルは先日紹介したMain Ingredient。曲も良ければ、声も良くて、悪いわけなし。

« New England (ニュー・イングランド) | トップページ | Neville, Ivan (アイヴァン・ネヴィル) »

音楽 60年代 N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Neville, Aaron (アーロン・ネヴィル):

« New England (ニュー・イングランド) | トップページ | Neville, Ivan (アイヴァン・ネヴィル) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック