« Four Tops (フォー・トップス) 1/2(1964-1967) | トップページ | Newman, Jimmy (ジミー・ニューマン) »

2012年12月10日 (月)

Four Tops (フォー・トップス) 2/2(1968-1988)

 昨日紹介した64年から67年はFour TopsHolland-Dozier-Holland とタグを組んだ最盛期だったわけだが、今日はその後のFour Topsを紹介。

 モータウン時代の44204426までは「Four Tops Anthology」に収録。44274430は「Four Tops Essential Collection」に収録。 

04420 Walk Away Renee (いとしのルネ) 6814

 H-D-Hが去ったモータウンが採った戦略はカヴァー路線であった。まずはポップ・ロック・グループLeft Banke66年のヒット曲。もともと名曲なんで、Levi Stubbsが歌えば、それなりになってしまうな。

You Tube

04421 If I Were A Carpenter (この小さな願い) 6820

 フォーク・シンガーTim Hardinの曲で、Bobby Darin のカヴァーが66年にヒットしている。こちらの選曲はどうなんだろう?

04422 Its All In The Game (恋のゲーム) 7024

 次は58Tommy EdwardsNo.1ヒット(51年にヒットさせた曲の新録)。何か迷走してる感じ。

04423 Still Water (Love) (スティル・ウォーター) 7011

 カヴァー路線に限界を感じたのか、Smokey Robinsonの曲に。このレイドバック?した感じはちょっと持ち味と違うように思うが。この次にSupremes との共演シングル「River Deep Mountain High」があるが、それはSupremesの項で紹介済み。

04424 Just Seven Numbers (Can Straighten Out My Life) (ジャスト・セブン・ナンバーズ) 7140

 曲にキャッチーさが欠ける。低迷期って感じ。

04425 MacArthur Park (Part ) (マッカーサー・パーク) 7138

 モータウン最後のTop40ヒットはまたカヴァー。Part Ⅰ、Ⅱ合わせて6分以上だが、A面B面に収録、何故かチャートインしたのはⅡの方。後半の方が熱唱してるからかな。

04426 Keeper Of The Castle (想い出の館) 7210

 モータウンを離れたFour TopsDunhillと契約。Dennis LambertBrian Potterが書き、Steve Barriがプロデュースに加わるという強力スタッフ。4427も同じスタッフだが、この2曲を聴いて彼らは移籍を決めたという。ワウギターとかフルートとか、当時っぽいアレンジだな。曲はあまりピンと来ないのだが。

04427 Aint No Woman (Like The One Ive Got) (エイント・ノー・ウーマン) 734

 元々はHamilton, Joe Frank & Reynoldsが演ってた曲。モータウン後ではこれが一番好み。美メロ、ボーカルもアレンジもいいね。ゴールドディスク。

You Tube

04428 Are You Man Enough (アー・ユー・マン・イナフ) 7315

 Isaac Hayes 以降、Curtis MayfieldMarvin Gayeもブラック・パワー(エクスプロイテーション)・ムービーの主題歌を手がけているけれど、これもその一つで、映画「Shaft In Africa(黒いジャガー アフリカ作戦)」より。ブラック・パワー・ムービーっぽさとFour Topsさがうまくミックスしているように思う。これもDennis LambertBrian Potterの曲でした。

04429 Sweet Understanding Love (スウィート・アンダスタンディング・ラヴ) 7333

 ピアノのリフが印象的なダンサー。久々のFour Topsっぽい曲なんではないか。

04430 When She Was My Girl (ホエン・シー・ワズ・マイ・ガール) 8111

 親会社ABCの問題等でDunhillを去り、ヒット曲にも恵まれなかった彼らだが、8年ぶりのTop40ヒットは、心機一転Casablancaレコードに移籍しての第一弾。Four Topsにしてはライト・タッチの曲だけど、いい味出してる。RBチャートNo.1

04431 Indestructible (インデストラクティブル) 8835

 その後モータウンに復帰するも成功せず、アリスタに移籍しての7年ぶりのヒットが最後のTop40ヒット。88年のソウル・オリンピックでNBCテレビが使った曲。爽やかで力強いです。現在オリジナル・メンバーで存命なのはAbdul Fakir一人となってしまったが、Lawrence Paytonの息子も加え、現在も活動中である。

« Four Tops (フォー・トップス) 1/2(1964-1967) | トップページ | Newman, Jimmy (ジミー・ニューマン) »

音楽 60年代 Four Tops」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Four Tops (フォー・トップス) 2/2(1968-1988):

« Four Tops (フォー・トップス) 1/2(1964-1967) | トップページ | Newman, Jimmy (ジミー・ニューマン) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック