« Nervous Norvus (ナーバス・ナーバス) | トップページ | Four Tops (フォー・トップス) 2/2(1968-1988) »

2012年12月 9日 (日)

Four Tops (フォー・トップス) 1/2(1964-1967)

 今までMotownのトップ・グループとして、Supremes Miracles Jackson 5を紹介してきたが、今日はFour Tops53年にLevi Stubbs(リードボーカル。従兄弟にJackie Wilson)Abdul "Duke" FakirRenaldo "Obie" BensonLawrence Paytonによってデトロイトで結成。Paytonが亡くなる97年までメンバーチェンジのない不動のメンバーだった。63年に以前からの友人であったBerry Gordy Jr.のモータウンと契約、Holland-Dozier-Holland とのコンビでヒット曲を連発し、モータウンの黄金時代をSupremesTemptationsと共に築き上げた。その後の経歴は曲紹介の中で。90年ロックの殿堂入り。

 本日紹介するのはH-D-Hと組んでいた67年まで、曲は全て「Four Tops Anthology」に収録。68年以降は明日紹介 

04409 Baby I Need Your Loving (ベイビー・アイ・ニード・ユア・ラビング) 6411

 記念すべきモータウンでのデビュー・シングルであり、H-D-Hとの初コンビ。いきなしド名曲。モータウンの中でも叙情性あるメロディがピカイチ。ローリングストーン誌のベスト500では390位。後にJohnny Riversのカヴァーも大ヒットしている。

04410 Ask The Lonely (アスク・ザ・ロンリー) 6524

 4409と同一路線。例えば、リヴァプール・サウンドやソフト・ロックやブルー・アイド・ソウルとも相通じる(もちろんこちらが本家なわけだが)、素晴らしいメロディとコーラス。でも、H-D-Hじゃなかった。W. StenvensonI. Hunter

04411 I Cant Help Myself (アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ) 651

 ♩Sugar Pie, Honey Bunch♩ ジス・イズ・ノーザンダンサー、モータウン・クラシックスの1曲。イントロから繰り返されるリフで決まりだね。Levi Stubbsの裏返る感じ?の熱唱も素晴らしい。ローリングストーン誌のベスト500では415位。RBチャート9No.1

You Tube

04412 Its The Same Old Song (セイム・オールド・ソング) 655

 4411のヒットに乗じてコロンビアがモータウン以前の音源を再発しようとする動きに先んじて、猛スピードで書かれ、録音され、翌週にはオンエアされたという。明らかに4411の二番煎じなのに、出がらしじゃない、どころか、これも名曲。間奏のサックスもステキ。K.C. & The Sunshine Bandがカヴァーしてた。

04413 Something About You (サムシング・アバウト・ユー) 6519

 このリフもカッコいいなあ。H-D-H & Four Tops絶好調だね。 

04414 Shake Me, Wake Me (When Its Over) (シェイク・ミー・ウェイク・ミー) 6618

 ここまでのTop40ヒットは全部大好きなんだが、この曲はそれに比べると。

04415 Reach Out Ill Be There (リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア) 661

 4411と並ぶモータウン・クラシックス。歌い出しのカッコいいこと! サビを歌う前の、ズンドコズンドコズンドコ、ハッのとこもポイント高い。Levi Stubbsのボーカルは絶品。ローリングストーン誌のベスト500では206位。英国でも1位。RBチャートNo.1、ゴールドディスク。

You Tube

04416 Standing In The Shadows Of Love (シャドウズ・オブ・ラブ) 666

 4411に対する4412と同じように、4415の二匹目のどじょう狙いでありながら、名曲なのがスゴい。何故かRod Stewartの「Da Ya Think Im Sexy?」を思い出す。ローリングストーン誌のベスト500では464位。

04417 Bernadette (バーナデット) 674

 4416にも感じる、結構不思議な構成。ここが盛り上がるっていうわけではないのに、これもいいね。結局リフとLevi Stubbsの熱唱があればいいってことか?

04418 7 Rooms Of Gloom (セブン・ルームズ・オブ・グルーム) 6714

 ここまで構成が行くと、何かわけわからないかなあ。今まで触れなかったけど、女声コーラスのAndantes、演奏のFunk Brothersのポイントもかなり高い。

04419 You Keep Running Away (ユー・キープ・ラニング・アウェイ) 6719

 残念ながら、この曲がH-D-Hとの最後のタッグとなってしまった。H-D-Hがギャラの問題でモータウンを離れたため。曲としては今ひとつパンチに欠けるように思う。

« Nervous Norvus (ナーバス・ナーバス) | トップページ | Four Tops (フォー・トップス) 2/2(1968-1988) »

音楽 60年代 Four Tops」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Four Tops (フォー・トップス) 1/2(1964-1967):

« Nervous Norvus (ナーバス・ナーバス) | トップページ | Four Tops (フォー・トップス) 2/2(1968-1988) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック