« Natural Four (ナチュラル・フォー) | トップページ | Jackson 5, The / Jacksons, The (ジャクソン・ファイブ/ジャクソンズ) 2/2(1973-1984) »

2012年11月25日 (日)

Jackson 5, The / Jacksons, The (ジャクソン・ファイブ/ジャクソンズ) 1/2(1969-1972)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今ではマイケルの所属していたグループという説明が一番通りがいいのかな? Michael Jackson 9人兄弟(6人、女3)だが、男の上から5人、JackieTitoJermaineMarlonMichaelによって結成されたのが、Jackson 562年に上の3人を中心にスタートし、Michaelが参加したのは64(6歳!)Gladys Knight等に見出され、69年にモータウンからデビューすると、史上初の4曲連続No.1に輝き、トップ・スターに。本格的に白人にもウケた最初の黒人グループであり、Osmonds とかと並んで、いわゆるボーイバンドの走りでもある。等と紹介していても、キリがないので、日本のウィキをリンクしときます。

 

 今日紹介するモータウンからのヒット曲は、全て「Jackson 5 Anthology」に収録。

 

04356 I Want You Back (帰ってほしいの) 691

 

 今聴いてもスゴい勢いを感じるけど、当時の登場感はハンパなかったんだろうなあ。11歳のマイケルのリードボーカルは圧巻、残りのメンバーも全員10代。結局彼らの最高傑作はデビュー曲だったように思う。初期の作曲の多くはThe
Corporation
と呼ばれるチーム(Freddie Perren /Fonce Mizell /Deke
Richards /Berry Gordy Jr.)
が担当していた。ローリングストーン誌のベスト500では120位。RBチャートNo.1、プラチナディスク(6週間で200万枚売れた)

 

You Tube

 

Dsc_00481

 

04357 ABC (ABC) 701

 

 2曲目のNo.1は「Let It Be」をたたき落としてのNo.14356と同一路線だけど、デビュー曲以上に兄弟全員にフォーカスが当たっている。ところで、「ABC」はNo.1ヒットとしては最も短い曲名(他に「Why」「War」「Ben」「BadFlyLow」がある。何故かマイケルが3曲も)RBチャートNo.1

 

Dsc_00491

 

 

04358 The Love You Save (小さな経験) 701

 

 3曲連続No.1。ここまでの3曲はよくメドレーでも演ってたよね。「I Want You Back」と並ぶ傑作だと思う。昔からこの曲のコーラスが大好き。RBチャート6No.1

 

04359 I Found That Girl (ぼくが見つけた女の子) 701

 

 4358のB面はミディアム・テンポのナンバー。リードはJermaine。当時彼はMichaelに次いで人気があったらしい。

 

04360 Ill Be There (アイル・ビー・ゼア) 701

 

 4曲連続No.15週連続、彼ら最大のヒットは初めてのバラード。Mariah の安直なカヴァーで印象悪かったのだけれど、改めて聴くと素直にいい曲だね。途中でMichaelが再度高音で入ってくるところが好き。RBチャート6No.1

 

04361 Mamas Pearl (ママの真珠) 712

 

 5曲連続No.1ならず(この前にクリスマス・シングルが出てるけど)No.1を阻止したのはOsmondsの「One
Bad Apple
(5No.1)で、同じスタイル。まあ向こうの方が曲としては上だな。結局その後Jackson 5としてはNo.1ヒットは出なかったことになる。
 

 

04362 Never Can Say Goodbye (さよならは言わないで) 712

 

 Gloria Gaynor Communards がカヴァーして大ヒットさせたので、どうしてもディスコ・アンセムの印象が強いのだが、オリジナルはもちろんこれ。名曲。直後にIsaac Hayes も演っていた。RBチャートNo.1

 

You Tube

 

04363 Maybe Tomorrow (きっと明日は) 7120

 

 バラードだが、4360に比べると、構成がちぐはぐな気がする。Michaelがタイトルを熱唱するところは好きなんだけど。

 

04364 Sugar Daddy (シュガー・ダディ) 7110

 

 初の「Greatest Hits」に収録された曲。今までのアップテンポのヒット曲を繫ぎあわせたような感じだなあ。と、悪口を書いたが、映像を観ると、どの曲も楽しくていいです。

 

04365 Little Bitty Pretty One (かわいい悪魔) 7213

 

 初めてのオールディーズのカヴァー・ヒット。オリジナルはBobby Day(やはり彼の「Rockin Robin」をMichaelはソロでカヴァー)で、Thurston Harris Clyde
McPhatter
のカヴァーもヒットしている。音だけでも楽しさは伝わってくるけど、これは断然ライヴで観たいね。

 

04366 Lookin Through The Windows (窓辺のデート) 7216

 

 4362と同じClifton Davis作。何か不思議な魅力のある曲を書く人だな。

 

04367 Corner Of The Sky (コーナー・オブ・ザ・スカイ) 7218

 

 ボブ・フォッシーのブロードウェイ・ミュージカル「Pippin」の曲。Michaelが前年秋にソロ・デビューしたこともあって、72,3年あたりのJackson 5はやや低調な感じだった。

 

 明日73年以降のJackson 5Jacksonsを紹介。

 

 

« Natural Four (ナチュラル・フォー) | トップページ | Jackson 5, The / Jacksons, The (ジャクソン・ファイブ/ジャクソンズ) 2/2(1973-1984) »

音楽 60年代 Jackson 5, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Natural Four (ナチュラル・フォー) | トップページ | Jackson 5, The / Jacksons, The (ジャクソン・ファイブ/ジャクソンズ) 2/2(1973-1984) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック