« Maharis, George (ジョージ・マハリス) | トップページ | Mann, Barry (バリー・マン) »

2012年10月 7日 (日)

Lymon, Frankie, And The Teenagers (フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ)

 「Why Do Fools Fall In Love」と言えば、81年にDiana Rossがヒットさせたのが印象に残っている。Frankie Lymonによるオリジナルのヒットから25年後のことだけれど、かまち潤氏が書いているように、2人の歳の差は2歳しか離れていない。Lymonは当時13歳(42年ニューヨーク・ブロンクス生まれ)で、DianaがSupremesで大活躍中の68年に25歳でドラッグのために亡くなった。若くしてスターになって破滅した典型的なケースみたいだ。
 グループは10代の5人による黒人ドゥーワップ・グループ。最年少のLymonがリード・ボーカルを務めた。Jackson 5の先駆ってことかな? 93年ロックの殿堂入り。

04236 Why Do Fools Fall In Love (恋は曲者) 56年6位
 LymonとプロデューサーのGeorge Goldnerのオリジナル(但し異説もあり)でデビュー・ヒット。Lymonの伸びるボーイ・ソプラノが圧倒的。当時としてはかなり革新的な曲だ。当時Gale Storm、Diamonds等も競作盤を出している。ローリングストーン誌のベスト500では307位。クレジットはThe Teenagers Featuring Frankie Lymon。英国ではNo.1。R&Bチャート5週No.1、ゴールドディスク。

04237 I Want You To Be My Girl (アイ・ウォント・ユー・トゥ・ビー・マイ・ガール) 56年13位
 4236ほどのキャッチーさはないけれど、相変わらずLymonのボーカルは絶好調。間奏のサックスも好み。

04238 Goody Goody (グッディ・グッディ) 57年20位
 36年ベニー・グッドマンによるNo.1ヒットのカヴァー。14歳とは思えない歌唱力だ。元の曲もいいのだろうけれど、文句なしにいい。声変わりとともに人気が衰退というのは致し方ないところだが、悲しい。3曲の演奏は全てJimmy Wrightオーケストラ。

« Maharis, George (ジョージ・マハリス) | トップページ | Mann, Barry (バリー・マン) »

音楽 50年代 L」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Maharis, George (ジョージ・マハリス) | トップページ | Mann, Barry (バリー・マン) »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック