« Lewis, Jerry (ジェリー・ルイス) | トップページ | Francis, Connie (コニー・フランシス) 1/2(1958-1960) »

2012年9月 7日 (金)

London, Julie (ジュリー・ロンドン)

 Julie London(1926-2000)はカリフォルニア州生まれのシンガーで女優。「Cry Me A River」の一発屋だけれど、ホントカッコいい曲だ。声も顔もクール。日本のウィキは情報は少ないけれど、リンクしておく。

04138 Cry Me A River (クライ・ミー・ア・リヴァー) 55年9位
 ギターとウッドベースの伴奏で歌われる「恨み節」。いろんな人が歌ったスタンダードだけれど(Joe CockerのヴァージョンはTop40入り)、オリジナルのこれが一番いいなあ。ジェーン・マンスフィールド主演のロックンロール・コメディ「女はそれを我慢できない」でも使われた(主題歌はLittle Richard、彼女自身も出演している)。ゴールドディスク。

« Lewis, Jerry (ジェリー・ルイス) | トップページ | Francis, Connie (コニー・フランシス) 1/2(1958-1960) »

音楽 50年代 L」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: London, Julie (ジュリー・ロンドン):

« Lewis, Jerry (ジェリー・ルイス) | トップページ | Francis, Connie (コニー・フランシス) 1/2(1958-1960) »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック