« Lil’ Romeo (リル・ロメオ) | トップページ | Little Milton (リトル・ミルトン) »

2012年9月11日 (火)

Lindisfarne (リンディスファーン)

 68年イングランド・ニューキャッスルで結成の5人組フォーク・ロック・グループ。ほとんど聴いたことがないので、コメントはできないが、Fairport Conventionと並ぶブリティッシュ・フォーク・ロックの大物ってイメージ。バンド名は島の名前。

04175 Run For Home (ラン・フォー・ホーム) 78年33位
 突然1曲だけアメリカでヒットした。でも、これは全然本領じゃないよね? 70年代後半のフツーのアメリカの曲にしか聴こえないもの。まあ、英国らしさもほのかにあるけど。なんて書いたら、英国でも10位まで行ってた。ちなみに、彼らの最大のヒットは72年「Meet Me On The Corner」(英国で5位)と「Lady Eleanore」(同3位)。

« Lil’ Romeo (リル・ロメオ) | トップページ | Little Milton (リトル・ミルトン) »

音楽 70年代 L」カテゴリの記事

コメント

>70年代後半のフツーのアメリカの曲にしか聴こえないもの。
あれ、そうですか?
曲調の割に全然明るく聞こえず頼りないボーカルは、断然ヨーロッパ(なんとなくイギリスよりオランダとかって感じもするが)だと思ってましたけど。
で、もともとあまりフォークは得意ではない私でも、そういうところが妙に気に入ったのか、割合強く印象に残ってます。

私は70年代後半のAORの走りみたいな音楽が苦手なんですが、その系統に聴こえちゃいました。
アメリカでないところは、色々出てくるんですが。
それから、「Fairport Conventionと並ぶブリティッシュ・フォーク・ロックの大物」はPentangleでした。
どちらも女性ボーカルなんで。
といっても、ちっとも詳しいわけではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lindisfarne (リンディスファーン):

« Lil’ Romeo (リル・ロメオ) | トップページ | Little Milton (リトル・ミルトン) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック