« Mathis, Johnny (ジョニー・マティス) 2/2(1959-1982) | トップページ | Kut Klose (カット・クロース) »

2012年8月 7日 (火)

Korgis, The (コーギス)

 80年代後半の美メロはDream Academyの「Life In A Northern Town」とCrowded Houseの「Don’t Dream It’s Over」が双璧と以前書いたが、前半にはこんな曲もあった。
 元StackridgeのJames WarrenとAndy Davisによって78年に結成されたイングランドのポップ・バンド。「永遠の想い」がヒットした時にはトリオだったようだ。

04074 Everybody’s Got To Learn Sometime (永遠の想い) 80年18位
 どういう出自の人たちなのか、よくわからないが、プログレ・グループが演るフォーク・ソングって感じ (クリムゾンの「風に語りて」みたいな。あまりいい例じゃないかな?)。美しいキーボードにきれいなメロディ。途中からはバイオリンも登場。

« Mathis, Johnny (ジョニー・マティス) 2/2(1959-1982) | トップページ | Kut Klose (カット・クロース) »

音楽 80年代 K」カテゴリの記事

コメント

とにかく不思議なメロディーが記憶に残った曲。TOP10入りしなかったにもかかわらず、邦題やコーギスって名前が32年も記憶に残っています。

おっしゃる通り記憶に残る曲です。

I love the way you wrote this article. This is wonderful. I do hope you intend to write more of these types of articles. Thank you for this interesting content!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Korgis, The (コーギス):

« Mathis, Johnny (ジョニー・マティス) 2/2(1959-1982) | トップページ | Kut Klose (カット・クロース) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック