« Koffman, Moe, Quartette (モー・コフマン・カルテット) | トップページ | Lane, Mickey Lee (ミッキー・リー・レーン) »

2012年8月 1日 (水)

Kokomo (ココモとその楽団)

 「Kokomo」と言えばBeach BoysのNo.1ヒット、もう少しマイナーなところでは70年代のロンドン出身のファンクバンド(AWBみたいな)もいたが、今日はどちらも関係なくて、アメリカのピアニストでアレンジャー/ソングライター/プロデューサーのKokomo。31年フィラデルフィア生まれで、本名はJames Wisner。元々はジャズ畑の人で、ロックンロールのレコードを出すにあたって、Kokomoの変名を使った。Searchersの英国でのNo.1ヒット「Don’t Throw Your Love Away」やTymesの「Somewhere」は彼が共作した作品。Len Barry、CowsillsSpanky & Our Gang等のプロデュースも手がけている。

04050 Asia Minor (泣くなグリーク) 61年8位
 クラシックをベースにしたヒット曲というのは色々あるが、これもその一つ。グリーグのピアノ協奏曲イ短調(A minor)をロックンロールにアレンジしている。何かスゴいピアノの音だなと思ったら、ハンマーにセラックニスを塗ってハープシコードに近い音を出したらしい。邦題は洒落が利いてるね。

« Koffman, Moe, Quartette (モー・コフマン・カルテット) | トップページ | Lane, Mickey Lee (ミッキー・リー・レーン) »

音楽 60年代 K」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kokomo (ココモとその楽団):

« Koffman, Moe, Quartette (モー・コフマン・カルテット) | トップページ | Lane, Mickey Lee (ミッキー・リー・レーン) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック