« Intrigues, The (イントゥリーグス) | トップページ | Hunter, Tab (タブ・ハンター) »

2012年6月17日 (日)

Dru Hill (ドゥルーヒル)

 メリーランド州出身、92年結成のSisqo率いる男性R&Bボーカル・カルテット。グループ名は地元ボルチモアのDruid Hillから。R&B好きとか言っておきながら、この手のボーカルもんは区別がつかない始末。Jodeciは買ったんだけどね。正直嫌いではないけれどというレベル。好きな方はごめんなさい。
 すべて「Hits」に収録。

03922 Tell Me (テル・ミー) 96年18位
 グループ名をタイトルにしたデビュー・アルバムより、ウーピー・ゴールドバーグ主演映画「Eddie」(エディー勝利の天使)で使われた曲。ゴールドディスク。

03923 In My Bed (イン・マイ・ベッド) 97年4位
 改めて聴くとうまいし、いい曲だね。でも、それ以上ではないが。R&BチャートNo.1、プラチナディスク。

03924 Never Make A Promise (ネヴァー・メイク・ア・プロミス) 97年7位
 3922から3924はデビュー・アルバムより。うーん、可もなく不可もなし。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03925 We’re Not Making Love No More (ウィアー・ノット・メイキング・ラヴ・ノー・モア) 97年13位
 Vanessa Williams主演の映画「Soul Food」より。Babyfaceの作曲、プロデュースでバックボーカルとしても参加。どうもBabafaceは刺さらないのだよ。ゴールドディスク。

03926 How Deep Is Your Love (ハウ・ディープ・イズ・ユア・ラブ) 98年3位
 タイトル聞くとどうしてもBee Geesの方を思い浮かべちゃうけれど、もちろん別の曲。Dru Hillのヒット曲では一番キャッチーで好み。クレジットはDru Hill Featuring Redmanになってて、ラップはRedman。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03927 These Are The Times (ディーズ・アー・ザ・タイムス) 98年21位
 3926とこの曲は2ndアルバム「Enter the Dru」より。Babyfaceのプロデュース、ってことは基本的にパス。Boys Ⅱ Menっぽい。この後、Will Smithと演った「Wild Wild West」がNo.1になっているが、それはWill Smithの項で。

03928 I Should Be… (アイ・シュッド・ビー) 02年25位
 今のところ最新のTop40ヒット。これも悪くないな。哀愁入ってるところが。今更ながら、実力派であることは確かだ。

« Intrigues, The (イントゥリーグス) | トップページ | Hunter, Tab (タブ・ハンター) »

音楽 90年代 Dru Hill」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dru Hill (ドゥルーヒル):

« Intrigues, The (イントゥリーグス) | トップページ | Hunter, Tab (タブ・ハンター) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック