« Sounds Orchestral (サウンド・オーケストラル) | トップページ | Madonna (マドンナ) 2/3(1989-1995) »

2012年5月 5日 (土)

Madonna (マドンナ) 1/3(1983-1988)

 ユニバーサルへの移籍に伴い、ワーナー時代のアルバム11枚がセットで3000円台で売り出された。既に5枚は持っていたのだけれど、それでもお徳なんで購入。映画のサントラにしか入っていない7曲をiTunesでダウンロードしてコンプリート。Top40ヒットが40曲を超えるので、このブログでは初めての3日間に分けての紹介。ちなみに1位はElvis Presleyの114曲、2位はElton Johnの59曲、そして3位がBeatlesとMadonna(2012年4月現在)の52曲。Top10ヒットはElvisと並ぶ38曲で堂々の第1位。改めてとんでもないスーパースターってことがわかる。今でもアルバム出せば、No.1になるしね。
 58年ミシガン州生まれの本名マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チッコーネ。Michael JacksonPrinceも58年生まれだから、スーパースターの当たり年。例によって、紹介は日本のウィキにまかせて、独断と偏見の曲紹介へ。

03787 Holiday (ホリデイ) 83年16位
 1stアルバム「Madonna」から最初のTop40ヒット。フツーのダンス・ポップ。この時点でスーパースターの誕生は予測できなかった。というか、どんな風に思ったかも、覚えてないや。プロデュースは当時売れっ子のJellybean。

03788 Borderline (ボーダーライン) 84年10位
 1stアルバムから2曲目。地味だけど、いい曲だな。ゴールドディスク。

03789 Lucky Star (ラッキー・スター) 84年4位
 へそ出して踊ってるPVだな。サビのとこが好きだった。これは自作。海外で買った「ペントハウス」に彼女のヘアヌードが載ってたのを思い出した。

03790 Like A Virgin (ライク・ア・ヴァージン) 84年1位
 言うまでもなく、これでMadonnaはスーパースターに。企画(タイトル)の勝利かな。This is 80年代。私もこのアルバムは買いました。プロデュースは当時売れっ子のNile Rogers。6週No.1、ゴールドディスク。

03791 Material Girl (マテリアル・ガール) 85年2位
 アルバム「Like A Virgin」から2曲目。Madonna=Material Girlって感じで、今考えるとドンピシャの企画だね。This is バブル。

03792 Crazy For You (クレイジー・フォー・ユー) 85年1位
 この曲は映画「ヴィジョン・クエスト」より。Madonnaって沢山映画出ていて、ことごとく評判悪いけど、私は1本も観たことないな。ヒット曲としては初のバラード。曲を書いたJohn BettisはCarpentersの「Top Of The World」の作曲者。ゴールドディスク。

03793 Angel (エンジェル) 85年5位
 「Like A Virgin」から3曲目。笑い声から始まる。Madonnaと長らく組んだStephen Brayとの共作。刹那的な感じが好み。この曲の次に12インチで「Into The Groove」が出て、ゴールドディスクになるんだけど、チャートインせず(「Angel」との競合がないように、12インチ盤のB面に入れられたようだ。ちなみに英国では初のNo.1)。

03794 Dress You Up (ドレス・ユー・アップ) 85年5位
 ツアーのビデオ(レーザーディスクかな?)も買ってよく観たけど、めちゃカッコよかった。オープニングがこの曲なんだけど、ポーズとるのが大好きだったな。スーパースターにはオーラがあるもんだ。

03795 Live To Tell (リヴ・トゥ・テル) 86年1位
 3rdアルバム「True Blue」から。このアルバムもずいぶん聴いた。重量感のある?バラード。新境地を開いたって、言えるのかな。作曲、プロデュースはPatrick LeonardとMadonna。当時の旦那ショーン・ペンの映画「At Close Range」(邦題「ロンリー・ブラッド」)で使われた。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

03796 Papa Don’t Preach (パパ・ドント・プリーチ) 86年1位
 「True Blue」から2曲目で、連続No.1。妊娠を父親に告白する10代の歌。こういった曲があったから、Madonnaはずっとスーパースターであり続けたんだと思う。ゴールドディスク。
 
03797 True Blue (トゥルー・ブルー) 86年3位
 一転軽いポップス。可も不可もなし。ゴールドディスク。

03798 Open Your Heart (オープン・ユア・ハート) 86年1位
 「True Blue」から4曲目のシングルカットで、3曲目のNo.1。わりと従来のマドンナ路線かな。

03799 La Isla Bonita (ラ・イスラ・ボニータ) 87年4位
 「True Blue」から5曲目はスパニッシュ風。初期のMadonnaでは一番好きな曲。元々Michael Jacksonのために書かれたけれど、彼が断って、Madonnaが歌うことに。

03800 Who’s That Girl (フーズ・ザット・ガール) 87年1位
 3800、3801は映画「フーズ・ザット・ガール」より。3799の続編みたいな感じ。こちらがNo.1で、3799が4位どまりというのは納得できないが。

03801 Causing A Commotion (コモーション) 87年2位
 アップテンポなダンス・ポップ・チューン。

03802 Spotlight (スポットライト) 88年32位(Airplay)
 リミックス・アルバム「You Can Dance」に入っていた曲で、シングルカットされていないし、記憶になかった。可も不可もなし。明日は主に90年代前半です。

« Sounds Orchestral (サウンド・オーケストラル) | トップページ | Madonna (マドンナ) 2/3(1989-1995) »

音楽 80年代 Madonna」カテゴリの記事

コメント

■Holiday
>どんな風に思ったかも、覚えてないや。
いや、私も全くそうです。
後にMC Miker G & DJ Svenがラップにした時(SAWのワンパターン攻撃に辟易していた頃?)に「うまいなぁ」と思ったのが印象に残ってます。

■Borderline
>地味だけど、いい曲だな。
同感。

■Like A Virgin
>企画(タイトル)の勝利かな。
ですね。
曲としては特に好きではなかった。

■Angel
あれ!?
覚えてない!

■Dress You Up
>ツアーのビデオ(レーザーディスクかな?)も買ってよく観たけど、
えーっ、そうなんですか!?
私もそのビデオ(私はVHS)は買って、すり切れるぐらい見ました。
私が初期のMadonnaで一番好きなのはこの曲。

■Live To Tell
>重量感のある?バラード。
はい、あのギターとベースが強調されているところは好きだった。

■Open Your Heart
ありきたりな曲のような気はするんだけど、初期Madonnaで2番目に好きです。
あとはだいぶ落ちるかな。

>>ツアーのビデオ(レーザーディスクかな?)も買ってよく観たけど、
>えーっ、そうなんですか!?
>私もそのビデオ(私はVHS)は買って、すり切れるぐらい見ました。
>私が初期のMadonnaで一番好きなのはこの曲。
意外ですね。私もこのビデオでMadonnaのファンになったんだと思います。
「Dress You Up」と「Over And Over」がお気に入りでした。

Dress You Up
私もこの曲が好きなのだ。
TVKのBillboard TOP40で放送されたPVは、上記のツアーのとは別の物で、 Crazy For YouのPVと同じような場所で全編歌っていた。しかも背景の電飾?ネオン?にモザイクがかかっていたと思う。YOUTUBEで探しても見つからない。5年くらい前、無料開放日のスペースシャワーTVのマドンナ特集でもこの曲自体が放送されず残念だった。

あらっ、「Dress You Up」、大人気ですね。
本文にも書いたけれど、この曲の決めポーズが昔から大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Madonna (マドンナ) 1/3(1983-1988):

« Sounds Orchestral (サウンド・オーケストラル) | トップページ | Madonna (マドンナ) 2/3(1989-1995) »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック