« Heywood, Eddie (エディ・ヘイウッド) | トップページ | Highlights, The (ハイライツ) »

2012年5月21日 (月)

Jodeci (ジョデシィ)

 90年代前半は男性R&Bボーカル・グループが大当たりした。R&B、ソウル、ブラック好きの私ではあるが、(で、一通り聴いたけれど、)割と苦手分野ではある。区別付かないみたいな。
 Jodeciはノースカロライナ州出身、後にK-Ci & Jojoとして活躍するHailey兄弟とDeVanteとDalvinのDeGrate兄弟によって(合わせるとグループ名になる)結成。Heavy Dに見出される。何故か買っているアルバム「Diary Of A Mad Band」のジャケを見ると、品行方正なBoyz Ⅱ Menと比べ、ワイルドな感じ。
 「Back To The Future: The Very Best Of Jodeci」に全曲収録。

03854 Forever My Lady (フォーエヴァー・マイ・レディ) 91年25位
 1stアルバムからタイトル・トラックで、最初のヒット。うーん、私には良さがわからない。R&BチャートNo.1。

03855 Come & Talk To Me (カム・アンド・トーク・トゥ・ミー) 92年11位
 同じ1stアルバムからだけど、サビがわかりやすいし、後半の盛り上がりも含めて、こっちの方がずっといいな。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03856 Lately (レイトリー) 93年4位
 当時ずいぶん話題になったMTVのUnpluggedより、Stevie Wonder作曲のナンバー。どう聴いてもStevieの曲。メロディの立ち方が全然違う。悪いわけなし。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03857 Cry For You (クライ・フォー・ユー) 93年15位
 この曲が入っている「Diary Of A Mad Band」に加え、何故かこの曲のCDシングルまで持っていた。オリジナルはだいたいDeVanteが作っているが、1stの頃に比べ、キャッチーになって聴きやすい。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03858 Feenin’ (フィーニン) 94年25位
 Jodeciの世界が確立した感じ。ボコーダー入りコーラスのスロー(他もそーか)。いいね。EPMDの「Get Off My Bandwagon」をサンプリング。

03859 Freak ‘n You (フリークン・ユー) 95年14位
 3rd「The Show, the After Party, the Hotel」より。私の場合、キャッチーさが評価ポイントだから、これはいまいち。ゴールドディスク。

03860 Love U 4 Life (ラヴ・ユー・フォー・ライフ) 95年31位
 何かPrinceみたいなタイトル。メンバーのDeVanteはデビュー前にPrinceのオーディションに落ちているらしいが。トラックがコーラスを邪魔してるような気がする。

03861 Get On Up (ゲット・オン・アップ) 96年22位
 結局3rdが最後で、K-Ci & Jojoになっちゃうわけだけど、DeVanteはどうしたんだ? これだけミドル。軽快、でも単調。Quincy Jonesの「Velas」をサンプリング。

« Heywood, Eddie (エディ・ヘイウッド) | トップページ | Highlights, The (ハイライツ) »

音楽 90年代 Jodeci」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jodeci (ジョデシィ):

« Heywood, Eddie (エディ・ヘイウッド) | トップページ | Highlights, The (ハイライツ) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック