« Groove Theory (グルーヴ・セオリー) | トップページ | Guy (ガイ) »

2012年4月22日 (日)

James, Etta (エタ・ジェイムズ)

 今年1月に亡くなったEtta James。「ブルースの女王」と呼ばれた彼女の歌を聴くと、Janis Joplinのルーツはこの人だったと改めてわかる。実際ジャニスは憧れていたエタの元を訪れて、もっとソウルを込めて歌えと言われている(後にジャニスと再会したエタはソウルがわかったようねと褒めたらしいが)。38年ロサンゼルス生まれ。93年ロックの殿堂入り。
 「Her Best: The Chess 50th Anniversary Collection」に全曲収録。

 

03750 All I Could Do Was Cry (オール・アイ・クッド・ドゥ・イズ・クライ) 60年33位  54年にデビューしたが、最初のTop40ヒットはこの曲。途中からホントJanisみたいだ(上にも書いたように、もちろんJanisの方が似ているのだが)。モータウンの創業者Berry Gordy Jr.、その姉Gwen Gordy、コカコーラのジングル等で知られるBilly Davisの曲。

 

03751 My Dearest Darling (マイ・ディアレスト・ダーリン) 60年34位  3750と同一路線。この曲の後に、多分彼女の最も有名な曲で、私も最も好きな「At Last」がシングル・カットされるが、何故か47位どまりである。

 

03752 Trust In Me (トラスト・イン・ミー) 61年30位  37年Mildred Baileyで4位まで行ったヒットのカヴァー。

 

03753 Don’t Cry, Baby (ドント・クライ・ベイビー) 61年39位  この頃の曲は、歌声はもちろんだが、ピアノやオーケストラのアレンジもいいですね。

 

03754 Something’s Got A Hold On Me (サムシングス・ガット・ア・ホールド・オン・ミー) 62年37位  彼女のヒット曲としては珍しいアップテンポ。モータウンっぽい? 最近Flo Ridaが「Good Feeling」でサンプリングしている。

 

03755 Stop The Wedding (ストップ・ザ・ウェディング) 62年34位  途中から女声バックコーラスとの掛け合いがいい。Ann Coleによるアンサー・ソング「Don’t Stop The Wedding」あり。

 

03756 Pushover (プッシュオーヴァー) 63年25位  ミッド・テンポのダンサブルなナンバー。Major Lanceとかに近い線かな。

 

03757 Tell Mama (テル・ママ) 67年23位  ヒット曲は沢山あるのに、この曲の最高位23位が最もよい成績。ファンキーなClarence Carterの曲。スタックスっぽいかな?

 

03758 Security (セキュリティー) 68年35位  最後のTop40ヒットは、Otis Reddingの曲。3757同様ファンキー。
 YouTubeはTop40入りはしなかったけれど、あえて「At Last」を!

 

« Groove Theory (グルーヴ・セオリー) | トップページ | Guy (ガイ) »

音楽 60年代 James, Etta」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: James, Etta (エタ・ジェイムズ):

« Groove Theory (グルーヴ・セオリー) | トップページ | Guy (ガイ) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック