« Green, Pat (パット・グリーン) | トップページ | Groove Theory (グルーヴ・セオリー) »

2012年4月20日 (金)

Gregg, Bobby, And His Friends (ボビー・グレッグ&ヒズ・フレンズ)

 Bobby Greggは30年フィラデルフィア生まれの白人ジャズ・ドラマー。Bob Dylanの「Bringing It All Back Home」や「Highway 61 Revisited」でドラムを叩いており、つまり「Like A Rolling Stone」にも参加。ということは、プロデューサーのTom WilsonがSimon & Garfunkelの「The Sound Of Silence」をエレクトリック化したレコーディングにも参加していることになる。

03748 The Jam – Part 1 (ザ・ジャム・パート1) 62年29位
 サックス、オルガン、ギターをフィーチャーした軽快なロック・インスト。ギターは若き日のRoy Buchanan。

« Green, Pat (パット・グリーン) | トップページ | Groove Theory (グルーヴ・セオリー) »

音楽 60年代 G」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gregg, Bobby, And His Friends (ボビー・グレッグ&ヒズ・フレンズ):

« Green, Pat (パット・グリーン) | トップページ | Groove Theory (グルーヴ・セオリー) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック