« Gilley, Mickey (ミッキー・ギリー) | トップページ | Hall, Daryl, & John Oates (ダリル・ホール&ジョン・オーツ) 1/2(1976-1982) »

2012年3月31日 (土)

Glahe, Will, And His Orchestra (ウィル・グラーエ)

 Will Glahe(1902-1989)は、ポルカの王様と呼ばれたドイツのアコーディオン奏者でバンド・リーダー。39年に「Beer Barrel Polka」(ビア樽ポルカ)のNo.1ヒットがある。

03683 Liechtensteiner Polka (リヒテンシュタイン・ポルカ) 57年16位
 アコーディオンをフィーチャーし、ドイツ語の混声コーラスで歌われるポルカ。ビアホールが似合いそうだな。途中の回転が狂ってる感も不思議。ところで、ポルカと言えば、バブルの頃ブレイヴ・コンボというアメリカのポルカ・バンドにはまって、コンサートとかにも行ったっけなあ。ポルカというのはロックの時代には最も時代遅れの音楽のイメージだったんだろうけれど、ちょうどその頃見直されてきたんだと思う。ポルカほど楽しい音楽はないわけで。

« Gilley, Mickey (ミッキー・ギリー) | トップページ | Hall, Daryl, & John Oates (ダリル・ホール&ジョン・オーツ) 1/2(1976-1982) »

音楽 50年代 G」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Glahe, Will, And His Orchestra (ウィル・グラーエ):

« Gilley, Mickey (ミッキー・ギリー) | トップページ | Hall, Daryl, & John Oates (ダリル・ホール&ジョン・オーツ) 1/2(1976-1982) »

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリー

最近のトラックバック