« Fields, Ernie, Orch. (アーニー・フィールズ) | トップページ | Fireflies (ファイヤーフライズ) »

2012年3月 7日 (水)

Dicky Doo And The Don’ts (ディッキー・ドゥー&ザ・ドンツ)

 AngelsやPatty Dukeのプロデューサーとして知られるGerry Granahanがボーカルを務めたグループ。元Buddy Knox And Jimmy Bowen’s Rhythm OrchidsのドラマーだったDave Alldredとジョークでレコーディングした「Click-Clack」がヒットして、ツアー用のグループを組むことになったらしい。メンバーは彼らを含めて5人。Dicky Dooは有名なテレビ司会者のDick Clarkの息子のニックネーム。明日もGranahanがらみを紹介。

03634 Click-Clack (クリック・クラック) 58年28位
 いかにもノヴェルティ・ソングっぽい陽気なナンバー(Joel Whitburnにはノヴェルティのマークはないが)。バックのチシーッて声は一体なんだろう。クレジットはDickey Doo And The Don’tsとeが入っていたようだ。

03635 Nee Nee Na Na Na Na Nu Nu (ニー・ニー・ナ・ナ・ナ・ナ・ヌ・ヌ) 58年40位
 Joel Whitburnにはインストのノヴェルティと表記されているが、インストでノヴェルティっておかしくないか? 歌詞は♩Nee Nee Na Na Na Na Nu Nu♩のみ。意味不明。サックスとギターがフィーチャーされていて、タモリ倶楽部のテーマ曲を思い出す。

« Fields, Ernie, Orch. (アーニー・フィールズ) | トップページ | Fireflies (ファイヤーフライズ) »

音楽 50年代 D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dicky Doo And The Don’ts (ディッキー・ドゥー&ザ・ドンツ):

« Fields, Ernie, Orch. (アーニー・フィールズ) | トップページ | Fireflies (ファイヤーフライズ) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック