« Goo Goo Dolls (グー・グー・ドールズ) | トップページ | Fields, Ernie, Orch. (アーニー・フィールズ) »

2012年3月 5日 (月)

Denny, Martin (The Exotic Sound Of) (マーティン・デニーのエキゾティック・サウンズ)

 88年にこの人のベスト盤のCDが日本で出て、何故か当時買っている。記憶が不確かなのだが、多分ワールド・ミュージックか細野晴臣がらみではないかと思う。YMOが彼の「ファイアークラッカー」をカヴァーしているしね(ちなみにYMOの「Firecraker」はJennifer Lopezが「I’m Real」でサンプリングしてる)。
 Martin Denny(1911-2005)はニューヨーク・マンハッタン生まれ、ロスアンジェルス育ちのピアニストで、フツーにジャズピアノとか弾いていた人。ところが、たまたまホノルル(ハワイアン・ヴィレッジ)での仕事を依頼されて、ハワイにハマってしまい、南国の楽園をテーマにした「エキゾティック・サウンド」を生み出すことになる。バイブやマリンバを中心に、バックで鳥やサルが鳴いてたり、ドラの音や三味線が聴こえたり、オリエンタル風味がクセになるよ。バイブやマリンバを弾いているのはArthur Lyman、後にBaja Marimba BandのJulius Wechterに交替。

03631 Quiet Village (静かな部落) 59年4位
 5週No.1に輝いたデビュー・アルバム「Exotica(エキゾティカ)」より。ハワイの静かな村というより、イメージは熱帯のジャングルだな。曲を作ったのは映画音楽で有名なLes Baxterで、彼はいわばエキゾチックの先輩格。ゴールドディスク。

03632 The Enchanted Sea (魅惑の海原) 59年28位
 船鐘の音がしたり、カモメ?が鳴いてたりして、こっちの方がハワイっぽいな。気持ちいいねえ。ちょっとマカロニウエスタンっぽくも聴こえるけど。

« Goo Goo Dolls (グー・グー・ドールズ) | トップページ | Fields, Ernie, Orch. (アーニー・フィールズ) »

音楽 50年代 D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Goo Goo Dolls (グー・グー・ドールズ) | トップページ | Fields, Ernie, Orch. (アーニー・フィールズ) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック