« Gene & Debbe (ジーン&デビー) | トップページ | Hyland, Brian (ブライアン・ハイランド) »

2012年3月25日 (日)

Dell-Vikings, The (デル・ヴァイキングス)

 元々はペンシルヴァニア州のピッツバーグ空軍基地で結成された、当時としては珍しい黒人白人混合のドゥーワップ・グループ。基地がルーツゆえメンバーの異動が激しく、そんなことも人種をクロスオーバーした理由だろうか。ソロとしても成功したChuck Jacksonもメンバーだったことがある。

03668 Come Go With Me (カム・ゴー・ウィズ・ミー) 57年4位
 テンポはゆっくりだけど、軽快でハッピーなドゥーワップのお手本みたいな曲。このコーラスは大好きだな。間奏のサックスもホントいい。81年にBeach Boysがカヴァーしたヴァージョンも「メローイエロー」のCMに使われて有名。ローリングストーン誌のベスト500で441位、ゴールドディスク。

03669 Whispering Bells (ウィスパリング・ベル) 57年9位
 次のヒットはアップテンポなドゥーワップ、というか、ロックンロールと呼ぶべきかな? ギターの音色がいいね。サックスやハンドクラッピングも、もちろんコーラスも。3668と同じくメンバーのClarence Quickの作品だけど、いい曲書く人だ。クレジットは、The Dell-Vikings Featuring Kripp Johnson。

03670 Cool Shake (クール・シェイク) 57年12位
 3669と同時期に何故か別のレーベルから出たのが、この曲。クレジットはDel Vikings Featuring Gus Backusとなっていて(グループ名からlが一つ減っている。Backusは白人ボーカル)、当時の複雑な事情が透けて見える。嫌いではないけれど、曲の出来は前の2曲には遠く及ばない。

« Gene & Debbe (ジーン&デビー) | トップページ | Hyland, Brian (ブライアン・ハイランド) »

音楽 50年代 D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dell-Vikings, The (デル・ヴァイキングス):

« Gene & Debbe (ジーン&デビー) | トップページ | Hyland, Brian (ブライアン・ハイランド) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック