« Five Keys, The (ファイヴ・キーズ) | トップページ | Diddley, Bo (ボ・ディドリー) »

2012年3月11日 (日)

Burke, Solomon (ソロモン・バーク)

 キング・ソロモン、キング・オブ・ロックンソウルと呼ばれ、大ヒットこそないものの、アトランティックで60年代ソウルを支えた巨人の一人。40年フィラデルフィアに生まれ、7歳で教会で説教を始めたとか、14歳で初録音をしたとか、20代半ばで既に8人の子供がいたとか(最終的には21人!)、とにかくスケールの大きな人であったのは確か。ゴスペルをルーツとしたディープな歌声が実にいいです。Rolling Stonesが強く影響を受けていることでも有名(「Cry To Me」「If You Need Me」「Everybody Needs Somebody To Love」をカヴァーしている)。2010年LAから公演先のオランダへの飛行機の中で亡くなった。この年に初来日してたんだね。

03641 Just Out Of Reach (Of My Two Open Arms) (かなわぬ想い) 61年24位
 デビュー・シングルは、これはカントリー・バラードだね。R&Bとカントリーは結構ダブってるからなあ。Brook Bentonとか。

03642 If You Need Me (イフ・ユー・ニード・ミー) 63年37位
 三連のソウル・バラード。ディープ。Wilson Pickettが先みたいだ。この辺は何と日本でシングル盤出てる。

03643 Goodbye Baby (Baby Goodbye) (グッバイ・ベイビー) 64年33位
 3642と同じ路線。この後、「Everybody Needs Somebody To Love」(ローリングストーン誌のベスト500で429位、Wilson PickettやBlues Brothersもカヴァー)がリリースされるが、Top40入りせず。

03644 Got To Get You Off My Mind (ガット・トゥ・ゲット・ユー・オフ・マイ・マインド) 65年22位
 ミッド・テンポのちょっと軽いタッチ。初のR&BチャートNo.1。

03645 Tonight’s The Night (トゥナイツ・ザ・ナイト) 65年28位
 女声コーラスを従えたブルース・ナンバー。いいねえ。B面はDylanの「Maggie’s Farm」だ!(って聴いたことないけど。)

« Five Keys, The (ファイヴ・キーズ) | トップページ | Diddley, Bo (ボ・ディドリー) »

音楽 60年代 Burke, Solomon」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Burke, Solomon (ソロモン・バーク):

« Five Keys, The (ファイヴ・キーズ) | トップページ | Diddley, Bo (ボ・ディドリー) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック