« Dayne, Taylor (テイラー・デイン) | トップページ | Bowen, Jimmy, With The Rhythm Orchids (ジミイ・ボーウェン) »

2012年2月 6日 (月)

Cline, Patsy (パッツィ・クライン)

 伝説のカントリー・シンガーと紹介されているのだが、恥ずかしながら、今まで全く聴いたことがなかった。弱冠30歳で飛行機事故で亡くなったため、伝説と呼ばれたのだろうと思って聴いてみて、ぶっ飛びました。これだけ情感のある歌声のカントリーは他に聴いたことがない。いい加減なことを書くけれど、多分カントリー界の美空ひばりみたいな人だったのだと思う。
 32年ヴァージニア州生まれ。本名はVirginia Patterson Hensley。63年にコンサート出演の帰りの飛行機が墜落し亡くなる。85年には「Sweet Dreams」のタイトルでジェシカ・ラング主演の伝記映画が作られた(未見)。「12 Greatest Hits」に全曲収録。

03549 Walkin’ After Midnight (ウォーキン・アフター・ミッドナイト) 57年12位
 最初の大ヒットだけれど、個々の曲がどうこうと言うより、とにかくボーカルが素晴らしい。

03550 I Fall To Pieces (ひどい仕打ちに) 61年12位
 3549がホントにクラシカルな感じがするのに対して、ずいぶん洗練されて聴きやすくなっている。ナッシュヴィル・サウンドってヤツだな。ローリングストーン誌のベスト500では238位。カントリー・チャートNo.1。

03551 Crazy (クレイジー) 61年9位
 Willie Nelsonの作品。カントリー・ミュージックなんだろうが、ジャンルをクロスオーヴァーしてる感じがする。これもボーカルの力のなせる業か。スタンダードの風格。ローリングストーン誌では85位。

03552 She’s Got You (シーズ・ガット・ユー) 62年14位
 最後のTop40ヒット。しみじみいい曲、いいボーカルです。しばらくハマりそう。唐突ですが、Cowboy Junkiesを聴きたくなりました。カントリー・チャートNo.1。

« Dayne, Taylor (テイラー・デイン) | トップページ | Bowen, Jimmy, With The Rhythm Orchids (ジミイ・ボーウェン) »

音楽 50年代 C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cline, Patsy (パッツィ・クライン):

« Dayne, Taylor (テイラー・デイン) | トップページ | Bowen, Jimmy, With The Rhythm Orchids (ジミイ・ボーウェン) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック