« Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009) | トップページ | Prince (プリンス) 2/2(1988-1999) »

2012年1月 1日 (日)

Prince (プリンス) 1/2(1979-1987)

 あけましておめでとうございます。このブログも1日も休むことなく、足掛け5年目を迎えました。今年も遊びにきて下さいませ。m(_ _)m

 2012年はPrinceでスタートだーっ! Princeというのは1人でPrinceというカテゴリー(ジャンル)だと思っている。そのくらい、他にはない音。それから、私は独断で70年代半ばにはメロディの時代は終わり、その後リズムの時代に入ったと思っているのだけれど、それを創った1人ではないか。58年ミネアポリス生まれ。この年には同じリズムの時代の創世者であるMichael JacksonMadonnaも生まれている。殿下なんて呼ばれたりもするが、Princeは本名(Prince Roger Nelson。ちなみにMadonnaも本名ですね)。例によって、詳しいプロフィールは日本のウィキにまかせて、以下いい加減なコメント。
 特に注記のない曲は、93年に出た「The Hits / The B-Sides」に収録。

03430 I Wanna Be Your Lover (ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー) 79年11位
 1人であらゆる楽器を演奏するマルチ・ミュージシャンとか紹介されていたのを覚えているけれど、その後のブレイクは私には見抜けませんでした。Princeというと性愛という言葉を連想するのだが、最初からそのイメージだったなあ。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03431 Little Red Corvette (リトル・レッド・コルヴェット) 83年6位
 2枚組アルバム「1999」より。ファンになったのは(スター街道を走り始めたのも)この曲から。80年代はMichael vs Princeの時代だったという印象があるけれど、私はPrince派だった。MichaelがBeatlesなら、PrinceはStonesだからね(って、Michaelのアルバムも全部買ってたが)。ローリングストーン誌のベスト500では108位。

03432 **1999** (1999) 83年12位 & 99年40位
 世紀末のパーティーだ。まさにプリンス・ワールド。この曲は82年には最高位44位にとどまり、3431のヒットの後にリイシューされて、ヒットした(1999年1月にも洒落で?ヒットしてます)。ローリングストーン誌212位。

03433 Delirious (デリリアス) 83年8位
 「1999」から3曲目。Prince版ロックンロールだよね。シンセのリフも印象的。

03434 When Doves Cry (ビートに抱かれて) 84年1位
 この曲を聴いたときの衝撃といったらなかった! どうしたらこんな曲が作れるのだろうか? ベースのない、不思議なリズム。相変わらずPVはエッチ。ローリングストーン誌では52位、年間チャートNo.1(5週No.1)、R&Bチャート8週No.1、プラチナディスク。

03435 Let’s Go Crazy (レッツ・ゴー・クレイジー) 84年1位
 この曲ほど血湧き肉踊るイントロはない! 2曲連続のNo.1、飛ぶ鳥落とすカリスマ状態。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。なお、この曲以降、クレジットはPrince And The Revolutionとなっている。

03436 Purple Rain (パープル・レイン) 84年2位
 映画のサントラ・アルバムである「Purple Rain」(未だに観たことがない)は24週No.1(歴代6位、「Saturday Night Fever」とタイ)、グラミー賞サウンドトラックアルバム・グループロックボーカルの両部門、アカデミー賞歌曲・編曲賞を受賞。この曲自体はコンサートの最後でいかにも盛り上がりそうなバラードって感じ。ローリングストーン誌143位。ゴールドディスク。

03437 I Would Die 4 U (ダイ・フォー・ユー) 84年8位
 4(=for)、U(=you)ってプリンス用語が登場。Iはeye(のマーク)、後は何があったっけ?

03438 Take Me With U (テイク・ミー・ウィズ・ユー) 85年25位
 3434〜3438は「Purple Rain」収録で、この曲のみ「The Hits / The B-Sides」には入っていない。女性ボーカルはApollonia。PrinceはWendy & Lisaとか、周りに女性を侍らせる?のが好きでした。

03439 Raspberry Beret (ラズベリー・ベレー) 85年2位
 アメリカだけで1300万枚を売ったお化けアルバム「Purple Rain」の後、どうするのだろうと思っていたら、出てきたアルバム「Around The World In A Day」は60年代テイストの強いポップなものだった。設立したレーベルもPaisley Parkだし。この曲はPVのハンドクラッピングが印象に残っている。

03440 Pop Life (ポップ・ライフ) 85年7位
 「Around The World In A Day」から2曲目。お花畑のプリンスワールド。ドラムはPrinceファミリーの一員Sheila E.。

03441 Kiss (KISS) 86年1位
 この曲を聴くと、ついTom JonesとThe Art Of Noiseの方を思い出してしまうが。全編ファルセットのボーカルとギターのカッティングが異常にカッコいい革新的ダンス・チューン。ローリングストーン誌461位。グラミー賞R&Bボーカル・グループ受賞。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03442 Mountains (マウンテンズ) 86年23位
 3441と3442は映画「Under The Cherry Moon」のサントラ「Parade」より。この曲は「Parade」からiPodに入れた。映画はひどく評判が悪かった(これも観ていない)。

03443 Sign ‘O’ The Times (サイン・オブ・ザ・タイムス) 87年3位
 同名のアルバム(Oの表記はピースマーク)から。また、Princeにしかできない革新的ナンバー。強いて言えば「Rock On」みたい? この曲からクレジットはPrinceに戻る。ローリングストーン誌299位。R&BチャートNo.1。

03444 U Got The Look (ユー・ガット・ザ・ルック) 87年2位
 ちゃんと売れて、かつひどく革新的なこの頃のPrinceは無敵。未来から来た音楽って感じだった。文句なしにカッコいい。バック・ボーカルはSheena Easton。

03445 I Could Never Take The Place Of Your Man (プレイス・オブ・ユア・マン) 87年10位
 アルバム「Sign ‘O’ The Times」から3曲目。この後、海賊版がバカ売れした幻のアルバム「Black Album」(94年に発売)を経て、更に過激な後編へ

« Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009) | トップページ | Prince (プリンス) 2/2(1988-1999) »

音楽 70年代 Prince」カテゴリの記事

コメント

特別ハマったことはないが、Mariah Careyの次に出てくると、彼の衝撃度が際立つ(紅白に出てたLady Gagaもそうだ=Mariahにない強烈な衝撃があった=よなぁ)。

■I Wanna Be Your Lover
私も全然ピンときてなかった。

■Little Red Corvette
これは好きでした。
>80年代はMichael vs Princeの時代だったという印象があるけれど
そうか、そういうふうに考えたことはなかったな。
むしろ私は、PrinceというとなぜかいつもLenny Kravitzを思い出していた。

■Let’s Go Crazy
■Purple Rain
悪くはないのだが、あまりピンとこない。

■Raspberry Beret
これは割に好き。

■Pop Life
この曲は結構ツボにきました。

■Kiss
私にとって、彼のベストヒット。
カッコよすぎ。
このくらい洗練されてる方が好みだったかな。

■Mountains
あれ?
どんな曲かあまり覚えてないが、たぶん好きだったな。

■Sign ‘O’ The Times
これもかなり好きでした。

全体にアバウトな印象でしかコメントできないのだけど。

かてぶしさん、あけましておめでとうございます。
PrinceからLenny Kravitzを連想するのはきわめて自然なことで、黒人でありながら、ロック志向が強く、しかも60年代にこだわっているところが共通点です。
Princeはすべてがそうではありませんが、「Around The World In A Day」は60年代テイストが濃厚です。
Lenny Kravitzの方はほとんどが60年代で出来ている感じ?

I Wanna Be Your Lover
私もピンとこなかったのですが
(というより1stアルバムのジャケットとともに気持ち悪い、、)
大学の同級生でKeyboardをやっているやつがいて、そいつからプリンスすげえと言われて聴き始めました。

シングルヒットは出なかったけど
Dirty Mind, Controversyは、相当聞き込み、1999で自分の中で一度頂点を極めました。

Purple Rainは第2幕で、When Doves Cryは最初お経にしか聞こえなかった(笑)けどすげえ曲ですね。
Let's Go Crazyはまったく好みではありません。

次のAround The World In A Day、Sign Of The Time, Black Album, Parade 順番違うかな、、までは聴いたけどそれ以降は聴いてません。

プリンスはやっぱりアルバムアーティストなんですよね。 
あと当時自分の中ではマイケルより、Rick Jamesにイメージがかぶってました。
ちゃんとしたコメントになっていなくてすみません。

私がPrinceにハマったのは「1999」で、そこからデビュー盤まで遡りました。
Black Albumは発売中止になって、ブートレッグが出回ってましたよね(実際に出たのはずいぶん後)。
私は90年代いっぱいくらいまではアルバムを買い続けてました。
ちゃんと聴いてたのは3枚組のベストあたりだと思いますが。
Rick Jamesのところに書きましたが、確かPrinceのライバル視されてたはずですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Prince (プリンス) 1/2(1979-1987):

« Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009) | トップページ | Prince (プリンス) 2/2(1988-1999) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック