« Faith, Percy, And His Orchestra (パーシー・フェイス) | トップページ | Smith, Will (ウィル・スミス) »

2012年1月 8日 (日)

Fardon, Don (ドン・ファードン)

 RaidersでNo.1になった「Indian Reservation」を先にカヴァーしていたのが、イングランドのコヴェントリー出身のDon Fardon(43年生まれ)。元はSorrowsというグループのリードボーカルだった。

03468 (The Lament Of The Cherokee) Indian Reservation (嘆きのインディアン) 68年20位
 John D. Loudermilkが63年に作ったチェロキー・インディアンへの挽歌。Raidersのヴァージョンよりテンポが速く、これはこれでいい味を出している。間奏のギターがEagles(Hotel California)みたいだ。英国では70年に3位まで行くヒットになった。と書いてYouTubeを検索したら、テンポが遅い。iTunesからダウンロードしたヴァージョンは新録か?

« Faith, Percy, And His Orchestra (パーシー・フェイス) | トップページ | Smith, Will (ウィル・スミス) »

音楽 60年代 F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fardon, Don (ドン・ファードン):

« Faith, Percy, And His Orchestra (パーシー・フェイス) | トップページ | Smith, Will (ウィル・スミス) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック