« Dartells, The (ダーテルズ) | トップページ | Darin, Bobby (ボビー・ダーリン) 1/2(1958-1960) »

2011年12月 3日 (土)

David & Jonathan (デイヴィッド&ジョナサン)

 DavidはRoger Greenaway、JonathanはRoger Cook、2人はイングランドのブリストル出身のデュオで、ソングライティング・チームとして成功を収めた人達。 主なヒット曲だけでも、Fortunesの「ゴット・ユア・トラブル」「雨のフィーリング」、New Seekersの「愛するハーモニー」、Holliesの「喪服の女」、Whistling Jack Smithの「口笛天国」、Carol Douglasの「恋の診断書」等がある。2人は後にWhite Plainsをプロデュースし(ここにTony Burrowsというセッション・ボーカリストも関わってくる)、GreenawayはPipkins、CookはBlue Minkというグループを結成している。「Michelle」はあのBeatlesの「ミッシェル」のカヴァー。George Martinが彼らのデモを聴いて、レコーディングを奨めたらしい。

03318 Michelle (ミッシェル) 66年18位
 Beatlesのカヴァーのヒット曲というのは沢山あるが、彼らがシングルにしなかった曲だと、Sergio Mendes & Brasil ‘66の「The Fool On The Hill」とか、Silkieの「You’ve Got To Hide Your Love Away」とかがあった。この「Michelle」もその1つ。オリジナルをさんざん聴いた耳で聴くと、やっぱり何か違和感がある。コーラスが粘っこすぎるというか。ちなみに同時期にOverlandersがカヴァーした「Michelle」は英国でNo.1になっている(David & Jonathanは11位)。

« Dartells, The (ダーテルズ) | トップページ | Darin, Bobby (ボビー・ダーリン) 1/2(1958-1960) »

音楽 60年代 D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: David & Jonathan (デイヴィッド&ジョナサン):

« Dartells, The (ダーテルズ) | トップページ | Darin, Bobby (ボビー・ダーリン) 1/2(1958-1960) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック