« Carey, Mariah (マライア・キャリー) 1/2(1990-1996) | トップページ | Prince (プリンス) 1/2(1979-1987) »

2011年12月31日 (土)

Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009)

 大晦日は昨日に引き続きマライア。離婚後のレコード会社移籍等で一時低迷していたけれど、2005年に完全復活。復活後は実にいい感じになっている。

03415 Honey (ハニー) 97年1位
 トミー・モトーラと別れて、5枚目「Butterfly」より。共作・プロデュースはSean Puffy Combs(Puff Daddy)。ちょうど同じ頃、Janetの「The Velvet Rope」が出たのだけれど、両方に通じる新しい感覚が好きでした。Treacherous 3の「The Body Rock」、Lighter Shade Of Brownの「Hey D.J.」をサンプリング。プラチナディスク。

03416 Butterfly (バタフライ) 97年16位(Airplay)
 こちらは従来からのバラード路線。書き忘れたけれど、この手をずっと手がけているのはWalter Afanasiefという人。3415のような新たな試みをしつつも、この曲のような手堅さも残すところがマーケティング?

03417 My All (マイ・オール) 98年1位
 これもWalter Afanasiefのバラード。但し、暗めなところが新境地? プラチナディスク。

03418 I Still Believe (アイ・スティル・ビリーヴ) 99年4位
 「#1’s」という初のベスト盤が出て(No.1ヒットだけでベストが作れるのがスゴい。実際にはそれ以外の曲も入っているが)、そこに入ってた新曲(「When You Believe」はWhitney Houstonの項で)。デビュー前にバックコーラスを務めたBrenda K. Starrのカヴァー。名曲。プラチナディスク。

03419 Heartbreaker (ハートブレイカー) 99年1位
 6枚目「Rainbow」からの先行シングルはJay-Zをフィーチャーした新感覚路線。Jay-Zのラップもカッコいいし、Mariahはどの曲でもうまいです。やっぱこっちの方を支持するね。Stacy Lattisawの「Attack Of The Name Game」をサンプリング。クレジットはMariah Carey (Featuring Jay-Z)。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03420 Thank God I Found You (サンク・ゴッド・アイ・ファウンド・ユー) 00年1位
 「Rainbow」からの2曲目はJam & Lewisが共作・プロデュースのバラード。Boys Ⅱ Men路線。クレジットはMariah With Joe & 98°ってことで、Joeと98 Degreesと共演。相変わらず豪華なゲスト陣。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。ここまでのヒット曲は全て「Greatest Hits」に収録。

03421 Crybaby (クライベイビー) 00年28位
 「Rainbow」から3曲目のクレジットはMariah Carey Featuring Snoop Dogg。Snoopっぽいシンセがバックで鳴ってるし、ラップもいいね。Guyの「Piece Of My Love」をサンプリング。

03422 Loverboy (ラヴァーボーイ) 01年2位
 映画「Glitter」から。これは持ってなかったんで、アマゾンで購入しました。Cameoをフィーチャーして「Candy」をサンプリング。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

03423 It's Like That (イッツ・ライク・ザット) 05年16位
 映画「Glitter」がコケ、「charmbracelet」からはシングルヒットが出ず、Mariahも終わりかと思っていたら、アルバム「The Emancipation Of Mimi」で復活する(03年にはBusta Rhymesとの「I Know What You Want」がヒットしているが、それは彼の項で)。1stシングルのこの曲はラップがメチャカッコいい。Run-D.M.C.のサンプリング? 共作・プロデュースはJermaine Dupri。ダウンロードでゴールド。

03424 We Belong Together (ウィ・ビロング・トゥゲザー) 05年1位
 「One Sweet Day」に次ぐ14週No.1ということで、完全復活。従来は別々だったバラード路線とニューR&B路線が、ここでようやく一つになった感じがする。これもJermaine Dupriの共作・プロデュース(今まで書き忘れてたけれど、基本的にMariahは全ての曲で作曲・プロデュースに関わっている)。Bobby Womack「If You Think You’re Lonely Now」、The Deele「Two Occasions」をサンプリング。グラミー賞R&Bソング、R&B女性ボーカル受賞。R&Bチャート14週No.1、ダウンロードでプラチナ。

03425 Shake It Off (シェイク・イット・オフ) 05年2位
 2位を6週続けたが、1位になれなかったのは、自身(3424)のせい。バック・トラックが気に入っている。ダウンロードでゴールド。

03426 Don't Forget About Us (ドント・フォゲット・アバウト・アス) 05年1位
 3423〜3426は「The Emancipation Of Mimi」(3426はスペシャルエディションで追加)より。3425と同路線で、静かなバック・トラックに乗るMariahの歌声が心地いい。R&BチャートNo.1、ダウンロードでゴールド。

03427 Touch My Body (タッチ・マイ・ボディ) 08年1位
 アルバム「E=MC²」からの1stシングル。これも3425、3426の路線。肩の力が抜けているというか、ホント心地よくなったなあ。ダウンロードでプラチナ。

03428 Bye Bye (バイ・バイ) 08年19位
 これも「E=MC²」から。リラックス路線がすっかり定着して、お気に入り。バックで遠くから聴こえてくるような男性の掛け声もいいな。

03429 Obsessed (オブセスト) 09年9位
 現在のところ最新のTop40ヒット。アルバム「Memoirs Of An Imperfect Angel」より。バックの男性の♩オイ、オイ、オイ、オイ♩が大好き。3427と同じThe-Dream, Tricky Stewartのプロデュース。ダウンロードでプラチナ。

« Carey, Mariah (マライア・キャリー) 1/2(1990-1996) | トップページ | Prince (プリンス) 1/2(1979-1987) »

音楽 90年代 Carey, Mariah」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009):

« Carey, Mariah (マライア・キャリー) 1/2(1990-1996) | トップページ | Prince (プリンス) 1/2(1979-1987) »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック