« Eruption (エラプション) | トップページ | Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009) »

2011年12月30日 (金)

Carey, Mariah (マライア・キャリー) 1/2(1990-1996)

 No.1ヒットが最も多いのはBeatlesの20曲、2位がElvis PresleyとMariah Careyの18曲。No.1にいた週数が最も多いのはElvisで80週、2位がMariahの79週、3位がBeatlesの59週、最も長くNo.1にいたヒット曲の1位はMariahとBoys Ⅱ Menの「One Sweet Day」の16週、2位もMariahの「We Belong Together」の14週(他に5曲あり)。デビュー曲の「Vision Of Love」が気に入ってソッコーアルバムを買ったけれど、ここまでのスーパースターになるとは! 正直ここまで売れた理由はよくわからない。
 70年ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。プロフィールは日本のウィキに詳しい。特に注記のないものは、2001年に出た「Greatest Hits」に収録。

03397 Vision Of Love (ヴィジョン・オブ・ラヴ) 90年1位
 彼女がバックコーラスを務めていたBrenda K. Starrが、後に結婚することになるCBSレコード社長トミー・モトーラにデモテープを渡したことから、シンデレラ・ストーリーが始まったわけですね。デビュー・アルバム「Mariah Carey」から1曲目。同じ頃Alannah Mylesの「Black Velvet」も好きだったんだけど、そちらはあっという間にいなくなってしまったなあ。グラミー賞ポップ女性ボーカル受賞。R&Bチャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

03398 Love Takes Time (ラヴ・テイクス・タイム) 90年1位
 デビュー・アルバムからは4曲連続でNo.1になるが、その2曲目。これが一番よくできてる。R&Bチャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

03399 Someday (サムデイ) 91年1位
 3曲連続No.1。初めてのダンス・チューン。私にとってMariahというと、いまだに20年前のこのアルバムの印象が強い。ゴールドディスク。

03400 I Don’t Wanna Cry (アイ・ドント・ウォナ・クライ) 91年1位
 4曲連続No.1。再びバラード。これはNarada Michael Waldenとの共作。スパニッシュ風? アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

03401 Emotions (エモーションズ) 91年1位
 同名の2ndアルバムから。5曲連続No.1。デビュー当時から7オクターブの歌声とか言われていて、それはデビューアルバムでも聴けたのだけれど、この曲はそこばかり強調したようなキンキンした歌で嫌い。ところで、このタイトルは「Best Of My Love」風な曲調と関連があるのだろうか? R&Bチャート、ゴールドディスク。

03402 Can’t Let Go (キャント・レット・ゴー) 91年2位
 ついに2位どまり。お得意のバラードだけれど、キャッチーさが1位に届かなかったのかなあ? アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

03403 Make It Happen (メイク・イット・ハップン) 92年5位
 3401とこの曲はC & C Music Factoryの2人が共作、プロデュースしている。あまり面白い曲だとは思えない。

03404 I’ll Be There (アイル・ビー・ゼア) 92年1位
 Jackson 5の大ヒットのカヴァー(同じ曲が別のアーティストで2度No.1になったケースは、Marvelettesのところで紹介してます)。「MTV Unplugged」(邦題:ヴィジョン・オブ・ライヴ)からのカットで、Trey Lorenzとデュエットしているライヴ盤。これもあまり面白くない。アダルト・コンテンポラリー・チャートNo.1。

03405 Dreamlover (ドリームラヴァー) 93年1位
 3枚目のオリジナル・アルバム「Music Box」から8週No.1の大ヒット。Janet Jacksonとかに近い?ライト感覚のR&Bが心地いいです。プラチナディスク。

03406 Hero (ヒーロー) 93年1位
 こういうバラードはCeline Dionと変わらんなあ。プラチナディスク。

03407 Without You (ウィズアウト・ユー) 94年3位
 もちろんNilssonのカヴァー(オリジナルはBadfinger)。こちらはNo.1にはなりませんでした。相変わらずカヴァーは面白くないなあ。
ゴールドディスク。

03408 Never Forget You (想い出にできない) 94年3位
 3407のフリップサイド。これは「Greatest Hits」に入ってなかったんで、アマゾンで中古を買った。Babyfaceが共作、プロデュース。Boys Ⅱ Men風。

03409 Anytime You Need A Friend (エニタイム・ユー・ニード・ア・フレンド) 94年12位
 3405から3409は「Music Box」からで、これが5曲目。堂々たるボーカル。コーラスも好きです。この後に「Endless Love」がヒットしているが、Luther Vandrossの項で。

03410 All I Want For Christmas Is You (恋人たちのクリスマス) 94年12位(Airplay) & 96年35位(Airplay) & 97年35位(Airplay)
 何故か当時クリスマス・アルバム(Merry Christmas)も買ってたんだよなあ。サンタ姿のマライアに惹かれたのだろうか? もはや定番曲。今年はJustin Bieberとデュエットしたプロモビデオが流れてましたね。

03411 Fantasy (ファンタジー) 95年1位
 4枚目のアルバム「Daydream」で新しいステップに入った感じ。Tom Tom Clubの「おしゃべり魔女」を全編にサンプリングしたヒップホップ・テイスト。8週No.1の大ヒット。R&Bチャート6週No.1、200万枚以上売ったプラチナディスク。

03412 One Sweet Day (ワン・スウィート・デイ) 95年1位
 3411の8週No.1もかすむ16週No.1はロック・エラ最高記録。C & C Music FactoryのDavid CallとDef LeppardのSteve Clarkに捧げられた曲らしい。正直な感想を言えば、MariahもBoys Ⅱ Menも売れ過ぎだろ! アダルト・コンテンポラリー・チャートでも13週No.1、アダルト・トップ40チャートNo.1、200万枚以上売ったプラチナディスク。

03413 Always Be My Baby (オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー) 96年1位
 3411〜3414は4thアルバムから。これはJermaine Dupriの共作・プロデュース。ポピュラー・ボーカル路線よりも、やっぱR&B路線がいいなあ。R&BチャートNo.1、プラチナディスク。

03414 Forever (フォーエヴァー) 96年9位(Airplay)
 三連だ。ちょっと地味だね。

« Eruption (エラプション) | トップページ | Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009) »

音楽 90年代 Carey, Mariah」カテゴリの記事

コメント

>ここまでのスーパースターになるとは! 正直ここまで売れた理由はよくわからない。
私もそう思う。
デビュー・アルバムの頃はいろんな可能性を感じたんだけど↓
■Vision Of Love
とくに良かった。
■Love Takes Time
つまらんなぁ。
■Someday
ダンス・チューンもいけますねぇ。
■I Don’t Wanna Cry
苦笑しかない。
……その後はなんかやたらヒット曲は出るけど面白くなかったなぁ。
時々明らかに手抜きした歌謡曲路線が混じるような気がする。
■Emotions (エモーションズ) 91年1位
>そこばかり強調したようなキンキンした歌で嫌い。
同意。
■I’ll Be There
>これもあまり面白くない。
これも同意。
■Hero
>こういうバラードはCeline Dionと変わらんなあ。
やはり同意。
■Without You
>相変わらずカヴァーは面白くないなあ。
またしても同意。
……って、きりがない。
いや、実力は文句ないと思うんだけど。
忘れていたが、
>Brenda K. Starr
とか、
>Alannah Myles
とか、割に好きだったな。

明日の後編で触れるのですが、2005年に復活を遂げてからが一番いいのでは?
とにかく歌はうまい人だったのだけれど、若い頃は技巧に走り過ぎているように思うのと、あまりに売れたものだから無難な路線にはまっていたように思います。

明けましておめでとうございます。

マライア、
私はアルバムとしては2枚目までかなり好きでした。
3枚目のMusic Boxから、POP過ぎて聴かなくなっちゃいましたが…

曲としては、いまだに Vision Of Loveが一番好きです。

chanparaさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくです。
マライアは私も好きだったのは、1stアルバムと「Vision Of Love」で、次に興味を持ったアルバムは「Butterfly」でした。
やはりR&B路線が好きなので、Celine Dionみたいなのはちょっと勘弁って感じ。
でも最近の曲はなかなかいいと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Carey, Mariah (マライア・キャリー) 1/2(1990-1996):

« Eruption (エラプション) | トップページ | Carey, Mariah (マライア・キャリー) 2/2(1997-2009) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック