« Castells, The (キャステルズ) | トップページ | Ronstadt, Linda (リンダ・ロンシュタット) 2/2(1978-1990) »

2011年11月 6日 (日)

Ronstadt, Linda (リンダ・ロンシュタット) 1/2(1967-1977)

 70年代の女性シンガーと言えば、Olivia Newton-JohnとLinda Ronstadtが双璧だったと思っている(異論はあるでしょうが)。で、私はLinda派でした。理由はよくわからない。多分全米トップ40を聴き始めた頃に「悪いあなた」が1位になったからだろう(同じ頃「そよ風の誘惑」もNo.1になってるけれど)。彼女のバックバンドがEaglesになったように、元々カントリー・ロック畑の人なんだろうけれど、ロックンロール演ったり、後でスタンダードをデュエットしたり、芸風の幅広い人でした。ヒット曲の多くはカヴァーだけど、Lindaでいろんな人を教えてもらったな。
 46年アリゾナ州生まれ。グラミー賞は11回受賞。日本のウィキの紹介が割と詳しいです。ヒット曲が21曲あるので、今日は前半9曲を紹介、明日は後半

03240 Different Drum (悲しきロック・ビート) 67年13位
 最初のヒットは何と67年で、Stone Poneysとしてのナンバー。愛すべきフォーックロック。Stone Poneysは彼女とギターとキーボードの3人編成。元MonkeesMichael Nesmithの作品。

03241 Long Long Time (ロング・ロング・タイム) 70年25位
 ソロとしての初ヒット。この頃のLindaは子豚ちゃんみたい。既に色っぽい声を聴かせてくれる。次のヒットまで間があるけれど、Neil Youngのレコーディングとかに参加している。

03242 You’re No Good (悪いあなた) 75年1位
 Lindaを一躍スターダムに押し上げた大ヒット。私にとっても思い出深いです。何かミステリアスな雰囲気に彼女のボーカルが合ってる。ギターはAndrew Gold。オリジナルは63年のDee Dee Warwickだが、Betty EverettやSwinging Blue Jeansのヴァージョンがヒットチャートに登場している。

03243 When Will I Be Loved (いつになったら愛されるのかしら) 75年2位
 3242と同じアルバム「Heart Like A Wheel」収録。オリジナルはEverly Brothersのカントリー・ロック。Buddy Hollyのカヴァー「It Doesn’t Matter Anymore」と両面ヒットと記憶していたのだが、そちらの最高位は47位だった。カントリーチャートNo.1。

03244 Heat Wave (ヒート・ウェイヴ) 75年5位
 彼女の場合、ひたすらカヴァーな訳だが、次はMartha & The Vandellasの大ヒット。シャウト気味のボーカルとアレンジがマッチしていて、なかなかいい感じに仕上がっている。これもNeil Youngの「Love Is A Rose」との両面ヒットだと思っていたが、最高位63位。これと3245はアルバム「Prisoner In Disguise」より。

03245 Tracks Of My Tears (ひとすじの涙) 76年25位
 Lindaには沢山の名曲を教えてもらった。これはSmokey Robinson & The Miraclesの超名曲。3244に続くモータウンのカヴァー。歌詞の素晴らしさはピーター・バラカン「魂(ソウル)のゆくえ」にもある通り。

03246 That’ll Be The Day (ザットル・ビー・ザ・デイ) 76年11位
 結構Lindaのカヴァーが多いのがBuddy Holly(Crickets)。これは57年のNo.1ヒット。アルバム「Hasten Down The Wind」(風にさらわれた恋)より。

03247 Blue Bayou (ブルー・バイユー) 77年3位
 何を演らせてもいいけれど、これは絶品だな。Roy Orbisonのスローナンバーをしっとりとカヴァーしてます。プラチナディスク。

03248 It’s So Easy (イッツ・ソー・イージー) 77年5位
 3247と同じアルバム(明日紹介する3249、3250も)「Simple Dreams」(夢はひとつだけ)に収録。再びBuddy Holly(Crickets)のカヴァー。「何を演らせても」と上に書いたばかりだが、アップテンポもいいです。

« Castells, The (キャステルズ) | トップページ | Ronstadt, Linda (リンダ・ロンシュタット) 2/2(1978-1990) »

音楽 60年代 Ronstadt, Linda」カテゴリの記事

コメント

私もリンダを最初に知ったのは「悪いあなた」
オリビアも好きだったけれどアルバムは一枚も買わなかったのに対しリンダはさかのぼったのも含めて7枚ぐらい持ってたと思う、、ってことはリンダ派ですね(笑)
You're No GoodもBlue Bayouもカバーだったんだ。気にしたことなかった(汗)
自分の中でリンダのベストはTop40に入らなかった、Someone Lay Down Beside MeとLose Againです。Top40ヒットだとYou're No GoodとHurt So Badってとこですが、リンダの声があればどの曲でもいいというのが本音です。

chanparaさん、こんばんは。
Lindaのヒット曲のほとんどはカヴァーなんですよ。
その2曲は「風にさらわれた恋」ですね。
どちらもKarla Bonoffでした。いい曲です。
「Hurt So Bad」は明日登場します。

残念ながら私のLindaの印象は、団子っ鼻でやたらパンチの効いた歌い方をする(しかできない?)不器用な人、という感じです。ちょっと田舎っぽい。
『When Will I Be Loved』とか『It’s So Easy』のような、いかにもカバーの小品をカラッとやってくれているのがしつこくなくて良かったかな。
『You're No Good』も悪くはないですが。

かてぶしさん、こんばんは。
Lindaについてはずいぶん評価が違いますね。
パンチの効いたのもいいけれど、しっとりしたのも好きでした。
根は田舎のお姉ちゃんというのは認めますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ronstadt, Linda (リンダ・ロンシュタット) 1/2(1967-1977):

« Castells, The (キャステルズ) | トップページ | Ronstadt, Linda (リンダ・ロンシュタット) 2/2(1978-1990) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック