« Cleftones, The (クレフトーンズ) | トップページ | Big Bopper (ビッグ・ボッパー) »

2011年11月19日 (土)

Otis, Johnny, Show (ジョニー・オーティス・ショー)

 白人でありながら、「リズム&ブルースのゴッドファーザー」と呼ばれたマルチタレント(肩書きがあり過ぎて、とても書ききれない)。と言うのも彼が発案、実現した「ロックン・ロール・キャラバン・オブ・スターズ」からEtta JamesやHank BallardやEsther PhilipsやJackie Wilson等が成功したからである。
 21年カリフォルニア州生まれ。46年に「Harlem Nocturne」の初ヒットを飛ばすが、何故かチャートには登場せず。50年代初期には3曲をR&BチャートでNo.1にしているが、これもポップ・チャートには出てこない。黒人と白人の聴くものがはっきり分かれていた時代だったということだ。唯一のヒット曲「Willie And The Hand Jive」はBo Diddleyの模倣と言われるが、本人の主張によれば、そうではなく52年Red Saundersのヒット曲「Hambone」がルーツらしい。94年にロックの殿堂入り。

03281 Willie And The Hand Jive (手拍子ロック) 58年9位
 独特のリズム(Shave and a haircutって言うらしいが、何故?)が印象的なナンバー。74年にはEric Claptonのカヴァーもヒット。

<Red Saunders 「Hambone」>

« Cleftones, The (クレフトーンズ) | トップページ | Big Bopper (ビッグ・ボッパー) »

音楽 50年代 O」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Otis, Johnny, Show (ジョニー・オーティス・ショー):

« Cleftones, The (クレフトーンズ) | トップページ | Big Bopper (ビッグ・ボッパー) »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック