« Big Bopper (ビッグ・ボッパー) | トップページ | Clifford, Buzz (バズ・クリフォード) »

2011年11月21日 (月)

Classics IV (クラシックス・フォー)

 60年代後半のソフトロック・グループというと、このClassics IVを思い出す。日本人ウケしそうな哀愁入ったメロディとちょっとハスキーなDennis Yostのボーカルが売り。嫌いなわけがありません。65年フロリダ州で結成。グループ名とは違ってメンバーは5人いたみたいなんだが。全然関係ないけれど、日本にはハプニングス・フォーというのがいたね。
 3288以外は「10 Best Series: The Classics IV Greatest Hits」に収録。

 

03284 Spooky (スプーキー) 68年3位  79年にAtlanta Rhythm Sectionがカヴァーしているが、実はメンバーの何人かは(プロデューサーも)Classics IVの出身。Classics IVはいわばARSの前身ということになる。ARSというとサザンロック?というイメージがあって、どうも結びつかないんだが。曲の方はギターのリフと間奏のサックスが印象的なナンバー。

 

03285 Stormy (ストーミー) 68年5位  こちらは同じ79年にSantanaがカヴァーしたナンバー。This is ソフトロックって感じの名曲。やはり間奏のサックスがアクセントになっている。ゴールドディスク。

 

 

03286 Traces (恋の足あと) 69年2位  引き続き夢見る哀愁路線。どの曲もだいたい同じなんだが(曲は基本的にメンバーのJ.R. CobbとプロデューサーのBuddy Buieが書いている)、ツボにはまります。

 

03287 Everyday With You Girl (エヴリデイ・ウィズ・ユー・ガール) 69年19位  これはちょっと明るくなった。それでもギターのリズムや間奏に入るサックスは同じ。3285〜3287のクレジットはClassics IV Featuring Dennis Yost。

 

03288 What Am I Crying For? (ホワット・アム・アイ・クライング・フォー) 72年39位  何回かレコード会社を替わって、最後のTop40ヒット。Dennis Yostのボーカルはいいですねえ。クレジットはDennis Yost And The Classics IV。

« Big Bopper (ビッグ・ボッパー) | トップページ | Clifford, Buzz (バズ・クリフォード) »

音楽 60年代 Classics IV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Classics IV (クラシックス・フォー):

« Big Bopper (ビッグ・ボッパー) | トップページ | Clifford, Buzz (バズ・クリフォード) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック