« Bay City Rollers (ベイ・シティ・ローラーズ) | トップページ | Clay, Tom (トム・クレイ) »

2011年11月14日 (月)

Carter, Clarence (クラレンス・カーター)

 36年アラバマ州生まれの盲目のR&Bシンガーでギタリスト。マッスルショールズのRick Hallのフェイム・スタジオから味のあるヒット曲を出し続けた。4曲のTop40ヒットのうち、3曲がゴールドディスク。Candi Stationは元夫人。

03273 Slip Away (スリップ・アウェイ) 68年6位
 ゆれる感じが絶品のミディアム・ソウル。声量あるバリトンも素晴らしい。ゴールドディスク。

03274 Too Weak To Fight (トゥー・ウィーク・トゥ・ファイト) 68年13位
 3273に勝るとも劣らない名曲。ゴールドディスク。

03275 Snatching It Back (スナッチング・イット・バック) 69年31位
 前の2曲に比べると、サックスを前面に出したファンキーなナンバー。

03276 Patches (パッチェス) 70年4位
 Chairmen Of The Boardの曲のカヴァー。うわずってく感じがChairmen Of The Boardっぽいな。グラミー賞R&B Song受賞、ゴールドディスク。

« Bay City Rollers (ベイ・シティ・ローラーズ) | トップページ | Clay, Tom (トム・クレイ) »

音楽 60年代 C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Carter, Clarence (クラレンス・カーター):

« Bay City Rollers (ベイ・シティ・ローラーズ) | トップページ | Clay, Tom (トム・クレイ) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック